きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1765 【名物パン189】南北の境目と「市松模様のパン」・・大阪ミナミ | main | 1767 【やきそば186】日本一のポピー畑と「ポテト焼きそば」・・鴻巣 >>
1766 【スイーツ116】日本最初の「どら焼き」と若葉の上野


先月の初め頃は、桜で真っ白だったのに・・若葉が眩しい季節に成りましたナ。春夏秋冬いつだって上野公園は楽しめるトコですが、お舟を漕いでるカップルはナニを語らってるンでしょうか?何だか羨ましい

北海道じゃ五月も半ばと云うのに、未だに雪の降ってたトコが一部在る様ですが、関東以西はすっかり夏でございますナ。いやホントは初夏の筈ですケド、二十五℃を超える夏日が珍しく無く、体が追い付かない。

この分で行くと七月・八月は、一体ドレだけ暑く成っちまうのやら?尤もその頃にゃ体も順応しちまうでしょうから、「夏日なんぞ恐るに足らず」と今の辛さを忘れちまうンでしょうが・・。人間ってホント恐ろしい生き物。


ですが昔は「明日の予想最高気温」ナンて判ろう筈も無く、素直に暑い寒いを甘受してた筈。経験的に「コレから暑くなる・寒くなる」と知ってただけで、「そんなモンだ」と納得してたンでしょうナ。エアコンも無いしネ。

勢い「二十四節気」が目安として重要視されますが、コレは発祥地の中国の気候に合わせてるンで、ズレを補正しようと「八十八夜」「土用」「二百十日」等の九つの雑節も加えて、日本人は季節を暮して来た訳だ。


上野のお山は、徳川将軍家の祈願寺「東叡山寛永寺」だったトコ。大伽藍は彰義隊の戦争で焼けましたが、「清水観音堂(国の重文)」だけは焼け残り、京都・清水寺を模した高舞台から不忍池が眺められます

因みに明後日(5/21)が二十四節気の八番「小満」で、旧暦四月末。コレで四季が三分の一終わったと云う事に成りますが、ソウ考えると月日の流れは速い・・。せめて一年で一番過ごし易い、初夏を楽しまねば!

てな訳で、「上野芸人(江戸寄席演芸の中で、講談だけは唯一ソウ称します)」たる私メの参りますのは、もちろん上野のお山。つまり東京・台東区の上野公園の事でして、ご紹介するのは一体何度目なのかしらん。

春は桜花に夏若葉、秋の紅葉に冬は雪。四季いつでも美しいトコで、寄席の出番のついでにウロつく事頻りでござンすヨ。そりゃ桜の盛りは私メも出掛けずにゃ居られませんが、一番好きなのは今頃だったりする。

若葉の盛りは、江戸の祭りの季節。耳を澄ませば上野や湯島は勿論・・遠く神田や浅草の祭囃子も聞こえて来そうで、心が浮かれて参ります。処がもぅオッサンなんで、神輿を担ぐにゃ体が痛くて・・あぁ情けないヨ。



幕府が崩壊した後、不忍池は何度も何度も埋め立てられようとしましたが、ナンとか危機を乗り越えて都民に憩いを与えてくれてます。コレから蓮の葉が一気に生え拡がり、池は夏の装いに姿を変えますが、埋め立てられずにホント良かった・・と感謝するばかりでございますナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「埼玉県鴻巣市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「TAITOおでかけナビ」台東区役所HP
★「上野に行こう!上野で遊ぼう!」上野観光連盟HP

★「台東区は歴史と伝統の町」台東区HP
★「サクラと不忍池でしられる文化の森」上野恩賜公園・東京都建設局HP
★「上野の山には、清水の舞台もあります」文化探訪・台東区役所HP
★「シノバズ」埴猪口野外考察HP
★「不忍池地図 江戸時代の不忍池 明治40年の不忍池」落語の舞台を歩くHP
★「二十四節気・雑節」日本の行事・暦HP
★「二十四節気・雑節」国立天文台暦計算節HP
★「うさぎやは素人の菓子屋也」うさぎやHP
★「うさぎやのどら焼き/東京都台東区上野」山形apronブログ

(関連する記事)

★「396 【麺類色々20】嗚呼忠臣、上野に眠る・・彰義隊の御墓所」
★「397 【スイーツ15】むかし、上野に巨大なお寺が在った」
★「709 さよなら黒門町本牧亭、いつか復活を!
★「770 【お米料理53】芸術の秋!芸大名物『バタ丼』」
★「1070 【やきそば85】残暑凌ぎは上野公園と『極太焼きそば』で」
★「1181 【名物パン95】日本初の『カツサンド』!と晩秋の上野公園」
★「1296 【やきそば120】桜咲く上野公園で『たらこ焼きそば』を」
★「1468 【スイーツ86】復活してた『しうびあん』と不忍池」
★「1579 【スナック30】晩秋の上野公園と『田子のニンニクとマヨネーズ味』ポテチ」
★「1657 【麺類色々117】白銀の上野公園と『コロッケそば』」
★「1688 【スイーツ108】東京国立博物館と『榮太樓の飴』・・上野」
★「1714 【お米料理119】元祖カツカレー『河金丼』と上野の桜」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(『白鳥池』『お玉が池』が亡き後、『不忍池』は江戸最後の大池です)


講談は上野で発祥した芸ですが、その他にも上野で発祥したモンは色々有りますヨ。その一つがどら焼きの元祖とされる「うさぎや」サン。武蔵坊弁慶がどら焼きを発明したと云う伝説が有りますが、ソレは一枚皮のモノ。現代風の二枚皮のモノを考えたのがうさぎやサンで、ソレは昭和初年のコトとされてますネ。折角の元祖なのに「ウチが元祖」と名乗らないのが如何にも江戸前で、嬉しく思う江戸前の芸人ですゼ




| 2014.05.19 Monday (00:15) | 東京したまち台東区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS