きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1776 【お米料理132】駅そばと観音さまと「鯵丼」と・・大船 | main | 1778 フラワータイムなぞの金曜日 777 /778回放送 >>
1777 【比較研究12】タイカレー缶詰を食べ較べ


販売開始は平成二十三年(2011)と云うからまだ新しい、いなば食品の「カレー缶詰シリーズ」。タイカレーだけで八種類、ガバオ(タイ風ドライカレー)が三種類、加えてインドカレーが一種と随分増えましたナ

久しぶりに「比較研究」でございます。全国の「信玄餅みたいなモン」を比べたり、「日本とタイのかっぱえびせん」を比べたり、イロイロ阿呆なモンを比較して意味無く遊んでますが、今回はタイ製缶詰を比べますゼ。

数年前から急に増えた「カレー缶詰」。いやソレ自体は珍しく有りませんで、私ぁ子供の頃、両親がドッカへ遠出してたりすると白飯だけ自分で炊いて、巨大な缶詰から出したカレーを温めて掛けて食べてましたナ。

レトルトパックに取って代わられる前は、「インドカレーの缶詰」って結構在りましたよネ(但し巨大でしたが)。恐らく業務用や緊急用は今も有ると思いますが、流石に家庭向けは輸入品以外見なく成っって淋しい・・。


近年はゴミ減量化の動きから、旧来なら缶詰の専売特許だったモンがレトルト化され、ツナ缶ならぬツナパックが売られてるのを見て、「缶詰の時代は終わったナ」と私ぁ思ってましたヨ。処が震災で事態が変わった。
 


対抗馬として今回比べますのは、昨年新発売された「マルハのタイカレー缶詰」。今のところ、この二種類しか出てない様ですが、売れ行き次第で増えるかナ?缶詰大手他社も参入を検討してるンでしょうか?

レトルトは確かに軽くて便利ナンですが、やっぱ缶詰より保存できる期間が短い。ソレに東北の津波被害を掻い潜り、文字通り傷だらけに成っても食べられる缶詰が愛しくて‥。被災工場のを好んで買ってた私メ。

缶詰が見直されてるンでしょうナ。また旧来なかった「お弁当に入れる様なオカズ」缶詰も増えた・・。震災が切欠と云うのは悲しいけれど、缶詰産業の集結する静岡市で育った私メとしては、応援しなくては‥ネ。


ですが生産工程の機械化が難しいのか?また人件費の問題も有って、ツナ缶工場なんてタイへ移転して、向うの乙女により手詰めで作られてますナ。国産なんて高級品で、一般使いは東南アジアが当然の時代。

そんなタイのツナ缶工場で、材料も人材も揃ってるからと、タイカレーが缶詰にされたのは当然か。意外に美味いンでヒットして、市場は拡大中だとか。慣れ知ったるインド系のと少し違うタイカレー、お試し有れい。


「いなば()」と「マルハ()」のグリーンツナカレーを比べてみました。同じタイ製と云っても、作ってる地方が違うのかナ?ココナツミルクの量がふたを開けただけで判る様な・・。値段はマルハの方が高めです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京・名古屋・大阪の高速道路」を比べてみます★

(参考リンク)
★「自然の恵みをおいしく。毎日の食卓をもっと豊かに。」いなば食品HP
★「いなば食品が販売する"タイカレー"を全種類食べたので感想を述べる」愛すべき道具達ブログ
★「『いなばのタイカレー』誕生秘話」エキサイト・ビットHP
★「2014年、マルハニチロ誕生」マルハニチロHP
★「【カレーなレビュー】マルハ タイグリーンツナカレー」日々是カレーHP
★「缶詰カレーが売れている」Economic News HP
★「『いなばのタイカレー』にマルハが挑む!どっちがうまい?」日経トレンディネットHP
★「タイカレー対決 いなばvsマルハ 〜グリーンカレー編」ちっちゃな楽しみ。。。ブログ

(関連する記事)
★「258 【保存食品08】『江戸っ子煮』のナゾを追え!」
★「599 【お魚料理32】信州の梅雨はサバ缶とともに」
★「938 【保存食品21】鎌倉時代の図書館と『チキンの缶詰』‥金沢文庫」
★「1484 【保存食品35】なぞの缶詰大国OKINAWA!」
★「1499 【保存食品37】絶景の北軽井沢で『花豆』を 」
★「1515 【保存食品38】『たらの子缶詰』と夜の金沢ブラブラ歩き」
★「1655 【保存食品42】『ニューコンビーフ』と『ニューコンミート』・・大手町」
★「1722 【お米料理121】夜桜咲く海辺の山で『やきとりカレー』・・静岡蒲原」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(震災を体験して以来、確かに拙宅でも缶詰の備蓄量が増えましたナ)


てぇ訳で、同じグリーンツナカレーを食べ比べました。「いなば()」はツナが比較的細かくされてて、ふたを開けた時の見た目と違って味は濃厚。一方「マルハ()」はツナが塊で入ってて、逆にアッサリとした味付け。同じ味噌汁でも地方ごとに味が違う様に、恐らくは作ってるタイの工場の場所とコストの兼ね合いナンでしょうが、私ぁいなばサンの方が好みです、味が濃くってご飯が進む。ま、いなばサンの本社が静岡市内ナンで、無意識で身びいきしちまってるのかも知れませんけど・・




| 2014.05.30 Friday (00:15) | いいずら!静岡駿河 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS