きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1820 【スイーツ120】ドコが東西の境界か?「黒大奴」と島田市 | main | 1822 【スイーツ121】東日本の最西端で「お茶ようかん」を・・金谷 >>
1821 【呑みモン49】ドコが東西の境界か?「みかん水」と大井川・・島田


東海道・島田宿は「大井川の川越え」で賑わった宿場。その為?川近くには「渡し場」が設けられ、ココだけで下手な宿場より遥かに立派!大雨等で川止めに成ると、テンヤワンヤの大騒ぎに成ったンでしょうナ


ここ数日、何かに憑りつかれたかの様に「東日本と西日本の境界」を調べて居りますヨ。様々な分類法が有りますが、日本海側は富山と新潟の県境で、太平洋側は静岡県内のドッカで分かれるとされてるのが多い。

詳しくはコチラをご覧願いますが、「『餃子の王将』のメニュー基準」と云う、極めて非アカデミックな方法で「やはり大井川周辺だろう」と見定め、東岸の島田市は「東日本の空気がする」と論拠無く確認した私メです。

では大井川を渡って西へ向かい、境界を確かめて来よう。イザ進まん大井川へ!「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」なる戯句で知られた東海道の大河で、駿河国と遠江国の境界だったりしますヨ。

そしてこの「駿河と遠江の国境」が、人文学的には「東日本と西日本の境界」とされてる事が多いのヨ。駿河で育ち、遠江に実家の在る私メとしては、「確かにソウかも知れぬ」と納得するコトが大だったりしますゼ。



「大井川の川越え」は幕府によって厳しく管理され、安政三年(1856)に建てられた「島田宿川会所」には公儀役人が詰めて居たンだとか。ココで「川札(川越え人足を雇う為の切符の様なモン)」を売ってましたヨ

処が「東日本と西日本の境界」と目される大井川は、おいそれ簡単にゃ渡れなかったトコ。攻め寄せる上方文化から、徳川将軍家の聖地・江戸や駿府(静岡市)を守らんが為に、幕府はココに橋を架けさせなかった。

勿論なソレだけじゃ無く、明治以前の大井川は水量が多過ぎて、橋を架けても直ぐ流出しちゃうから・・の方が大きかった筈ですが。旧東海道賑やかなりし頃は、川越え人足に担がれて対岸・異文化の地へ渡ってた。

そんな川渡し場の跡が、島田宿の西端に残ってます。殆どが復元と聞きますが、流石に日本最大を誇った渡し場だけ有って、ソレだけで宿場以上の規模が有るンだから面食らう。さぁ、ココが東西日本の境界か!

ソウ思うと感慨深い。処が対岸の金谷宿は数年前に島田市に吸収されて、今じゃ同じ自治体だとか。てぇ事は境界が西に多少ズレちゃってる可能性が・・。仕方無ぇ確かめに参りましょ、もちろん橋を渡ってですが。


国道一号線旧道の「大井川橋」を、トコトコ歩いて対岸の金谷宿へ。川越え人足に担がれて渡るのは大井川の専売特許の様に思われてますが、静岡県内じゃ「安倍川」「興津川」も人足渡しでして、この如何にも東日本的な「河川敷が矢鱈に広い」「普段の水量は少ないが、いざ降ると爆発的に増水する」川を、大勢の旅人や文化が渡ってたンですナ


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県島田市金谷町」への訪問記です★

(参考リンク)
★「意外な『有名』があるまちです。」島田市観光協会HP
★「川越街道案内」島田市博物館HP
★「島田市河原の町並み」古い町並みを歩くHP
★「川越制度と川会所について」島田市情報案内所HP

★「静岡県の不思議?東日本なのか西日本なのか」マイナビウーマンHP
★「対決!関東と関西」日本地理おもしろゼミナールHP
★「菜譜 メニュー東日本版」餃子の王将HP
★「菜譜 メニュー西日本版」餃子の王将HP

★「みかん水」木村飲料HP
★「みかん水」夜明けの風をきながらブログ

(関連する記事)

★「953 【麺類色々57】藤枝ブルックスと藤枝朝ラーメン」
★「1349 【スイーツ76】使いづらい空港と『ブラック源氏パイ』・・牧之原」
★「1350 【やきそば136】水の無い大井川と『ガーリック焼きそば』‥川根」
★「1753 【名物パン188】日本一の漁港で『鳴門巻きの揚げパン』を・・焼津」
★「1754 【調味料類19】ヤマトノタケル伝説と『相白みそ』・・焼津
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1818 【名物パン197】西日本の東端で『カニぱん』を・・浜松」
★「1819 【お肉料理55】西日本の最東端で『げんこつハンバーグ』を・・菊川」
★「1820 【スイーツ120】ドコが東西の境界か?『黒大奴』と島田市


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(如何にも『東日本的な大河』の西限は、恐らく天竜川ではないかと・・)


島田市の木村飲料サンが、私メら静岡人の琴線を擽るモンを作って呉れてますヨ。ソレがご覧の「みかん水(すい)」で、他県人は全く知らンが静岡人なら誰でも知ってる、駄菓子屋さんの懐かしドリンク。みかん缶詰のシラップ液を水で盛大に薄めた様な味で、果汁は全く入ってませ
んナ。「いろはすのみかん」を想像して戴くが一番早いですが、アレともチョット違うのヨ。私メが子供だった頃の「ロビンのみかん水」は、木村飲料サンじゃ無かった気がしますが‥ま、残ってるだけで有難いネ




| 2014.07.07 Monday (11:15) | いいずら!静岡駿河 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.23 Saturday (11:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS