きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1823 【江戸六地蔵04】深川のお地蔵サンと「あさりむすび」 | main | 1825 【やきそば190】総石垣の古城と「焼きそばラーメン」・・太田 >>
1824 【麺類色々136】兜町で「ゆで太郎の大もり」を


日本橋兜町のシンボルは、ご覧の「東京証券取引所」。現在の建物はバブル真っ最中の昭和六十三年(1988)に完成したモノで、あの頃は日本中が株価上昇に浮かれてましたナ。大火傷した人は多い筈です

全くの笑い話ですが、今から二十数年前のバブル最末期に、私ぁ或る証券会社から「就職面接に来ない?」とお誘いの電話を受けたコトが有りますナ。「三洋証券」なる、ビッグ4に次ぐ準大手の証券会社でした。

今と違って就職は「売り手市場」で、企業が新入社員の数を集めるのに四苦八苦してた頃。エントリーした訳でもナンでも無く、恐らく大学の入学名簿を見て電話して来たンでしょうナ。ソウ云う時代だったンです。

処が私メは大学との折り合いが生憎悪く、三年次で早めに卒業させられて寄席芸界に身を墜し、既に前座修行してました。「証券マン十年使い捨て説」が囁かれてましたし、証券は二十四時間戦わなくちゃ成らぬ。

しかも先代神田山陽センセの孫弟子で、字こそ違えど同じ「SANYO」の手下にチョッカイを出して来るたぁ、仁義を弁えないコト夥しい!加えてネクタイ締める稼業は真平御免、ソレより早く楽屋に入らなくちゃ。



首都高の高架下に建つのは、兜町の鎮守「兜神社」。平将門公の兜を埋めた「兜稲荷」が元だとも、源義家公の兜を埋めた「兜塚」が元だとも言いますが、証券業界の浮き沈みを永年見て来られたンでしょうナ

勿論ソレに応じる訳も無く、私メなんぞまで就職に誘う様じゃロクな社員が揃って無いに違いない。コリャ危ないだろうと思ってましたらば、案の定・・暫くしてから破綻に追い込まれ、今じゃ痕跡すらも在りませんナ。

何しろ三洋証券より遥かに巨大な「山一証券」すら破綻した時代で、バブルって一体ナンだったンだろう?日本中が虚業に浮かれ踊って、額に汗して働くのは馬鹿扱いされてた。ソレは間違ってる、今の方が良い!

尤も株式相場を動かしてた兜町じゃ、大勢の証券マンが額に汗しながら売買を繰り返してた訳で、私メも相対取引時代の東京証券取引所を見学しに行った事が有りますが、正に鉄火場勝負でしたナ。億単位のネ。

久しぶりに兜町界隈へ参りましたが、インターネットの電子取引が普及し、街を走り回ってた仲買人の姿は全く消え、妙に静かなトコに成っちゃいましたヨ。時代の変化と云えばソレ迄ですが、ナンだか寂しいねぇ。


兜町もバブル時代に比べて・・証券会社がホント減りましたナ。昔は店先に設置された、株式ボードを真剣に見つめる投資家の姿が目立ったのに。中小の証券会社の廃業は止まらずに、一層寂れてしまう様です

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「群馬県太田市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「江戸の風薫る中央区」中央区観光協会HP

★「まち日本橋」三井不動産HP
★「世界の三大取引所」東京証券取引所HP
★「証券取引所の仕組み」日本証券業協会HP
★「兜神社」将門伝説HP
★「日本橋兜町の歴史」平和不動産HP

★「兜町界隈の散策」遊びの記録箱HP
★「<兜町>消える証券マン 20年で17万→7.7万」企業研究を重視した株式投資ブログ
★「粉から自家製麺 ゆで太郎」信越食品HP

(関連する記事)

★「529 日本橋 きょう架橋から満百周年!」
★「1036 【調味料類11】三井の本拠地・日本橋と『つゆの素』」
★「1044 【スイーツ60】『人形焼』と牢屋敷‥小伝馬町」
★「1380 【保存食品33】東京名産『日本橋漬』って知ってます?」
★「1806 【調味料類23】大復活の街で『江戸前のおだし』を・・日本橋


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(大証が東証に吸収・完全統合されてから、まもなく一年に成ります)


バブル期の半分以下に減ったとは云え、兜町界隈は今でも証券マンの多い街。アベノミクスが功を奏して界隈の景気は良いと聞きますが、何かと忙しい彼らにとって欠かせないのが「立ち食いそば屋」。新橋や神田と云ったサラリーマンの街にも多いですが、ココの密集度はチョット異常じゃねぇかナ?その中で参りましたのは、今年で開業二十周年の「ゆで太郎」さん。都内のビジネス街を中心に展開するチェーン店ですが、他所と違って蕎麦粉55%の自家製麺。うどんも有る様ですが、やっぱ都内は蕎麦です(多摩地区はうどんですが)。立ち食いとしてはエラク美味く、腰や肩が有って大したモン!大盛り一枚で私ぁすっかり満足でございますヨ。なお江戸前に於ける「ざる」と「もり」の違いは、切り海苔が載ってるのが「ざる」で、載ってないのが「もり」と考えて下さいナ(厳密には、もう少し難しいですが)。私ぁもりの方が安いし、海苔が歯にベタつかないンで専らソッチを手繰ってます




| 2014.07.10 Thursday (00:15) | 東京の中心は中央区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.17 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS