きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1834 【スナック43】90周年の都バスと「50周年かっぱえびせん」 | main | 1836 【調味料類24】海に面した駅と「あんだんすー」・・鶴見 >>
1835 【名物パン201】「珈琲あんぱん」を気の毒な街・鶴見で


東海道「鶴見宿」の鎮守さまは、横浜じゃ最古とされる「鶴見神社(杉山大明神)」。推古天皇の御代と申しますから約千四百年前、聖徳太子の時代ですナ。東海道本線等の建設の為に、境内が大分狭く成りました


日本最大の市・横浜の東部、人口二十八万を誇る「鶴見区」へ参った私メです。横浜カーストの埒外とされる気の毒な区ですが、東日本最大の沖縄人街が在るのが気に入って、ココを目的に時折訪ねて居ります。

電車ならJR京浜東北線の「鶴見駅」か、京浜急行の「京急鶴見駅」か。共に大きな駅ですが、JRは東海道線も横須賀線も見向きもせずに通過しちまうし、京急もカットビな快速特急や特急は猛速度で通過しちまう。

規模の割にはホント可哀想な街で、やっぱ東海道の宿場じゃ無かったのが効いてるのかナ?いや旧東海道は鶴見駅前を通ってるけど、ココは「間(あい)の宿」で、幕府から正式に認められた宿場じゃ無いから。

江戸時代、日本最大の幹線とされたのが、江戸・日本橋と京都・三条大橋とを結ぶ東海道。所謂「五十三次」で知られた道ですヨ。コレは江戸と京都の間に、合わせて五十三ヶ所の宿場が在った事に由来してます。


旧東海道は駅前商店街と化し、突き当りに見える京急鶴見駅を境に、東は「ベルロードつるみ」・西は「鶴見銀座商店街」に成ってます。画像は鶴見銀座で、左端の建物が珈琲あんぱんの「エスプラン」さんです

東海道の場合、宿場ごとの距離は概ね「二里(約八km)」と考えて戴くと判り易い。尤もコレは平均で、峠越えや諸々の事情で長く成ったり短く成ったりするのも仕方無い。ま、平坦地は長くなる傾向が有りますネ。

昔の人はこの二里を、休憩も含めて二時間弱で走破するのが当然で、ソウ考えると‥宿場間が二里おきなのは理に適ってます。処がもっと間隔が長いトコも多々有って、そんな場合は「間の宿」が置かれたりする。

要するに休憩所ですナ。宿場じゃ無いから「幕府公認の旅館」は在りませんが、ソレなり以上に賑わいます。また何事も名目だけで旅館同然の施設は在りますし、中には下手な宿場よりも栄えてたトコも在ったとか。

鶴見は川崎宿と神奈川宿との間の、「間の宿」として大いに栄えたとのコト。よって新橋・横浜間に鉄道が敷かれた時、日本最初の駅の一つとして明治五年(1872)に開業したのに・・この冷遇。ホント気の毒です。


京浜東北線以外にも、「鶴見線」がJR鶴見駅に乗り入れてますヨ。コレがまた不思議な鉄道で、余り珍しいンで思わず飛び乗っちまいました。その模様は明日ご案内の予定です。何だか「鉄ちゃん」してますネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「神奈川県横浜市鶴見区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「横浜観光情報」横浜観光コンベンションビューローHP
★「鶴見見どころ80」横浜市鶴見区役所HP
★「よこはま・鶴見 魅力スポット見てある記」同HP
★「横浜最古の社」鶴見神社HP
★「旧東海道に江戸の香りも漂う鶴見駅周辺」大成有楽不動産案内HP
★「横浜旧東海道 みち散歩月間 鶴見 生麦」横浜市文化観光局HP
★「旧東海道を往く (鶴見区編)」鶴見日記ブログ
★「ようこそエスプランへ!」エスプラン洋菓子店HP
★「横浜発祥!?『珈琲あんぱん』って何!?」はまれぽ.com HP
★「覇王樹(さぼてん)茶屋跡」Google Earthで街並み散歩ブログ

(関連する記事)
★「
270 【麺類色々13】横浜・鶴見区でうちなーを楽しむ」
★「323 【名物パン24】鶴見あげパンと生麦事件」
★「990 【やきそば71】鶴見区は沖縄の風!『ケチャップ焼きそば』」
★「1271 【野菜果物45】リトル沖縄で『みそ汁定食』を!‥鶴見」
★「1507 【粉なモン27】中山道の講談と『吹上フライ』・・鴻巣


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(生憎の雨降りで街歩きは大変でしたが、雨は酷く成る一方でして‥)


鶴見宿の名物の一つに、「覇王樹(さぼてん)茶屋」と云うのが在ったとか。ドウ云う訳か?ソコにゃサボテンが生えてたソウで、ソレを見世物にして茶屋は賑やかだったそうナ。残念ながら明治末の大火で焼け落ちてしまった様ですが、その茶屋は洒落たパン屋「エスプラン」に商売替えし、現在で十一代目と云うからご立派!自慢の「珈琲あんぱん」を買って参りましたが、コーヒー味の餡子ってホント不思議だナ。鶴見の名物として「パングランプリ東京」でも、初代王者に輝いたソウですヨ




| 2014.07.20 Sunday (00:15) | 横浜に優るあらめや | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.24 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS