きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1848 2014年07月の目次 | main | 1850 【やきそば194】「チャーメン」とまぼろしの諏訪国・・諏訪市 >>
1849 【麺類色々138】味噌の都で「肉揚げ味噌ラーメン」・・諏訪市


諏訪市は味噌会社の多い街ですが、ご覧の「丸高蔵」は「神州一(宮坂醸造)」の発祥地。大正五年(1916)から使用されてるソウですが、建物自体はもう百年ほど古いとか。現在は味噌レストランに成ってます

珍しい料理や食材を探しに、私ぁ全国を旅させて戴いてますが、方々を巡る度に思うのは「日本はナント多様性に富んだ国なのか!」てぇ事。特に醤油や味噌は凄まじく、出来るコトならば全部を試してみたい!

地域ごとに好まれる味が在るのは素晴らしく、ソレを継承する伝統は賞賛しなくちゃ!コレからも身体を壊さぬ範囲で、チビチビ挑んで参りますヨ。何しろ私メら寄席芸人は、病気に成ってもナンの保証も無いンでネ。

尤も誰にでも基盤と成る「馴染みの味」が有る訳で、他所サマの料理や食材を「珍しい」だの「面白い」だのと騒ぐのは、馴染みと比較してるだけ。私メの場合は「醤油は濃口のむらさき」「味噌は信州の淡辛口」。

薄口醤油も美味いと思うけど、やっぱ私メら江戸前の寄席芸人はむらさきで無くちゃ。なのに味噌は江戸前の甘口じゃ無く、もう少し塩っぱい信州味噌の方が良いってンだから、こりゃドウにも首尾一貫してません。


宮坂醸造サンは清酒「真澄」で知られる日本酒造りの方が本業で、ソチラは寛文二年(1662)創業と云うから大したモン。仕込みは霧ヶ峰を源流とする伏流水で、運転さえなければ試し酒をしたかった私メです

敢えて弁明をすると「仕方無ぇよ、江戸甘味噌って殆ど売って無ぇし」ですナ。「ピーナッツ味噌に使ってンのが江戸甘味噌だ」と云えば、南関東の方にゃ判って貰える筈。ある理由で、信州味噌に席巻されちまった。

ソレは関東大震災。巨大な揺れで壊滅した東京や関東は、全国から救援・復興に手助けして貰いましたヨ。また各地方毎に特色ある救援物資を戴きましたが、製糸産業で栄えてた諏訪から味噌が大量に届きます。


決して「売り込み」じゃ無い。昔からの産地だからと全くの善意で、自分達の分を削って送って下さった筈。意気に感じる江戸っ子共は、初めての味を気に入った!加えて二次大戦で、甘味噌は姿を消しちまった。

甘味を出す為に米麹を沢山使う江戸甘味噌は、贅沢だってンで製造禁止させられちったのヨ。戦後も生産が殆ど復活せず、すっかり信州味噌が当り前に。てな訳で、東京は信州味噌が今や郷土の味ナンですゼ。


大消費地・東京の胃袋を捕まえたコトで、信州各地での味噌の生産は拡大し、現在は全国シェア四割以上に成ってるとか。信州味噌の四強「神州一」「タケヤ」「ハナマルキ」「マルコメ」の内、前二者は諏訪市の会社。ハナマルキも近隣の会社で、つまりココら辺が日本の味噌の中心に成ってる様ですナ。そんな諏訪市の中心・諏訪城へ、樹齢百年を有に超すケヤキ並木を通って向かいます。お後は明日への連続です
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「長野県諏訪市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「諏訪市観光ガイド」諏訪観光協会HP
★「諏訪deすわ」諏訪市役所HP
★「信州みそラボ」長野県味噌工業協同組合連合会HP
★「神州一味噌」宮坂醸造HP
★「神州一味噌発祥の蔵・・丸高蔵」宮坂醸造HP
★「信州諏訪の銘酒 真澄」宮坂醸造HP
★「信州味噌/関東大震災と終戦が、全国流通のきっかけ。」キリン食生活文化研究所HP

★「東京の特別な味、江戸甘味噌」東京都味噌工業協同組合HP
★「みんなのテンホウ」テンホウ・フーズHP
★「諏訪人のソウルフード テンホウ」SOW*SOW発見と気づきのたのしみブログ
★「夢旅『テンホウの肉揚げタンタンメン』長野県諏訪市編」夢旅配達人ブログ

(関連する記事)

★「134 今年はお諏訪サンの御柱祭らしい」
★「135 【煎餅お餅01】信州諏訪の氷柱」
★「346 【野菜果物13】諏訪の街で御柱祭りはまだ続いてるみたい」
★「347 【呑みモン10】諏訪湖は信州味噌に染まるのか?」
★「1085 【呑みモン32】諏訪湖でお味噌を考えてみる」
★「1140 【保存食品29】元祖『みそピー』と竹芝桟橋
★「1244 【スイーツ71】真っ白な『諏訪湖豆』と凍りついた諏訪湖」
★「1245 【やきそば109】珍品『焼きそばスパゲティ』と下諏訪温泉


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(南関東や静岡県辺りが、信州味噌にほぼ制圧された地域ですナ)


諏訪人のソウルフードと云えば、やっぱ「テンホウ」でしょうかネ。諏訪市が本拠地で、中信・南信地方に拡がるラーメンチェーンですが、親子孫三世代が一緒に行くのが当り前と云う位に、ココと諏訪人との繋がりは凄いモンが有りますヨ。名物の「肉揚げ」は薄く粉を付けた豚肉の素揚げですが、当然の事ながら下味は信州味噌だったりしますナ。だもんでドウセだからとラーメンも信州味噌を頼み、上も下も味噌だらけ!やっぱり信州の味噌が一番美味しいと思うのは、慣れナンでしょうネ




| 2014.08.01 Friday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.07.24 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS