きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1868 【スイーツ127】羽田空港で「ぽんぽこまんじゅう」を | main | 1870 【やきそば198】城南五山と「ソース肉焼きそば」・・五反田 >>
1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で「唐揚げ二色うどん」


権現さま(=徳川家康公)が愛された、「駿府城」も灼熱の夏の中。このお堀は外堀で、城内に聳え立つのは静岡県庁。駿府城はお堀が三重に成ってますが、水質は・・。幾ら暑くても、飛び込むにゃ適してません

今年もホント暑うございましたナ。いやいや、暦の上では秋に成ってるとは云え、まだ気候は夏ですから「ホント暑うございます」の方が表現としては正しいかナ?一時ほど凶悪じゃ無いとは云え、ま〜だエラク暑い。

気象庁が当初「今年は冷夏に成りそう」と言うから、私ぁコメ不足に成ったらドウしようと心配した位。タイ米騒ぎを覚えてる世代で、まずソッチを心配しちまうのも問題ですが、幸か不幸か・・見事外れて猛暑の夏に。

私らは日頃「天気予報は当たらない」とか騒いでますが、世界からすれば「日本の天気予報は驚くほど当たる」のが常識で、ソレでも外れちまったンだから、気象学的に極めて予想外だったンでしょうネ。仕方無いヨ。

最高気温が四十℃を超した街が未だ無いンで、「極めて」の付く猛暑じゃ無かった様ですが・・。今年は冬が大雪だったンで、ソレに匹敵する様な「メリハリ」を付けられちゃ迷惑だ!いい塩梅てな事にしとこうよ。


静岡市は安倍川の扇状地に開けた街で、地下に水が沢山流れてるンで、少し地面を掘れば水がすぐ湧いて来ます。だもんで水不足で困った事は無い筈で、常磐公園の音楽大噴水も水を贅沢に使ってます


東京特別区と政令指定都市だけの比較ですが、真夏と真冬の平均気温の差が一番大きいのは、当然ながら北海道の札幌市。コリャ誰でも納得して貰える筈。二番目が暑くて寒い京都市って、コレも納得出来る。

ならば逆に、差が一番小さい街はドコじゃい?ソレが私メの育った静岡市だソウですナ。夏は他都市と似た様なレベルの暑さですが、冬がとにかく暖かい。確かに寒いンですケド、寒過ぎないンですヨ。温暖な地。

誰でも故郷を褒められると嬉しいモノで、私メは根が単純だから「ソウずらソウずら」と涎が垂れそうですが、代わりに年間降水量が一番多い。最少の札幌の2.3倍も降る様で、水資源は豊富。遠慮せずに使える。


中心街に「青葉シンボルロード」てぇ水っぽい広場が在りますが、その一番奥に音楽に合わせて踊る巨大噴水が!見物場所と風次第でびしょ濡れに成りソウですが、盛夏の昼はむしろ嬉しく思える嬉しい故郷です。


静岡市民の心の風景の一つが、ご覧の「安倍川の河原」。安倍川餅で有名なこの川は、日本最大の「同一市内で完結する一級河川」で、本流・支流にダムが一つも無い珍しい川。普段の水量は少ないですが、その何十倍もの水が伏流水に成って、市街地の地下を流れてると聞きますヨ。その量が余りに多過ぎて、静岡市は市内電車の地下化や地下道の拡張がエラク難しいンだとか。東海地震が来たら、街中のアチラコチラから水が噴き出すのではと言われてる位。贅沢な悩みですねぇ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都品川区五反田」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ようこそ静岡へ」静岡観光コンベンション協会HP
★「大御所の城『駿府城』とは?」家康公を学ぶHP

★「日本で一番気候のよい大都市はどこ?」都市・身体・芸術ブログ
★「静岡市民の憩いの場 安倍川の魅力を再発見」SBSイブニングeye・HP

★「清流安倍川」いつでもブルー・ブログ
★「青葉シンボルロードには、モニュメントがいっぱい」Snapブログ
★「常磐公園の噴水ショーを一度は見てね」田舎人のジタバタ日記ブログ
★「静岡を中心とした人気立ち食いそばチェーン」スマル亭HP
★「スマル亭の『唐揚げ二色うどん』」すってんばれ!『時たま日記』2ブログ

(関連する記事)
★「
072 彼は今日も黙々と・・転げ廻るのだ」
★「284 【呑みモン07】静岡の夏はコレを飲んで耐える」
★「491 【鳥人列伝04】鳥人幸吉の街・・駿府城下」
★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1351 【麺類色々91】薫風吹く静岡市で『桜えびのかき揚げ』を」
★「1472 【スイーツ87】駿府人物伝と『安倍川餅』‥静岡市」
★「1583 【野菜果物60】静岡市の焼き芋は釜で焼く」
★「1613 【お魚料理82】日本一の表富士と『白はんぺん』・・静岡」
★「1723 【お米料理122】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(全政令指定都市で、水が多過ぎて困るのは静岡市と広島市だとか)


静岡県中部を地盤とする立ち食いうどんチェーンに、「スマル亭」と云うお店が在りますヨ。水に関係するモニュメントだらけの青葉シンボルロード沿いにも在りますが、ココの特徴は「麺が硬い」コト。そして私メのお薦めは、小海老とシラスの小さな唐揚げをうどんに載せた「二色うどん」で、唐揚げから出た安っぽい油分がダシと合わさって、妙に美味いのヨ。勿論お値段が安いンで桜えびの筈は無いし、何のシラスだか全く判らぬ怪しさですが、静岡に帰る度に食べたく成ってしまいますゼ




| 2014.08.20 Wednesday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.11.14 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS