きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1874 【お米料理141】草津温泉で「山盛りのカツ丼」を | main | 1876 【名物パン206】「牛乳パン」とオーパーツ・・信州中野 >>
1875 【やきそば199】志賀高原で「巨大すぎる焼きそばパン」を


国道292号線「志賀草津道路」は、国内屈指のスカイライン!尾根筋を通るヘアピンカーブの連続で、車窓は正に「絶景かな、絶景かな」。群馬県側は硫黄ガスで少し臭いですが、長野県側は美しい風景です

群馬・草津温泉からその熱源たる草津白根山を通り抜け、長野・志賀高原へ向かうコトにした私メです。勿論ルートは国道292号線。日本の国道最高標高地点「2172m」を通る、全くトンでも無い山岳道路ですヨ。

ソレがどの位スゴイかと云えば、西日本の最高標高たる愛媛・石鎚山が「1982m」ですから、ソレより遥かに高いトコを通るとお思い下さいナ。ですがホントは、ココより高いトコを通る道が何本か在るから凄まじい。

自動車の通れる道としては、北アルプスの南端・乗鞍岳の山頂近くに至る「乗鞍スカイライン」が在りまして、ソレは「2702m」と森林限界を遥かに超えてる。但し環境破壊防止の為に、一般車両は通行禁止です。

次いで富士山の富士宮口新五合目に至る「富士スカイライン」で、コッチは「2400m」の森林限界ギリギリ。何度かバイクで登ったコトが有りますが、空気が薄いンでエンジンが息切れ寸前。ホント可哀想でしたネ。


志賀草津道路の草津温泉〜渋峠間は冬季通行止めですが、渋峠から長野県側に下った「ほたる温泉」辺りは、除雪をするンで通年通行可。ココは以前「熊の湯」と呼ばれてまして、熊が傷を癒したとされてます

私メみたいなヤクザ者と違い、父は立派な堅気。勤めていた某F銀行の保養所が志賀高原の「熊の湯」に在りまして、子供時分に何度も連れて来て貰いましたネ。志賀高原の最奥で、ひどく涼しいトコだった覚えが。

幕末の思想家で、西洋兵学の大家と呼ばれた佐久間象山センセが、ナゼか熊の湯を発見したとされてます。象山センセは志賀高原の麓に在る信州松代藩の家来で、志賀高原の実地調査した時に見付けたとか。


有能な人は色んな事をしてますが、後に京都で最後の将軍・一橋慶喜公に対し、公武合体論と開国論を唱えた象山センセが、まさか志賀高原の山奥で温泉を見付けてたとは‥。「草津温泉の様だ」と評したらしい。

つまり強烈な硫黄泉と云うコトですが、時代の流れで某F銀行の保養所は閉鎖され、一体ドコに在ったのやら?今回たまたま通り掛かって懐かしく思うと共に、全く予想外の象山センセの登場に驚いた私メでしたヨ。


ドウにも「ほたる温泉」と呼びたくない自分が居りますネ。ま、今回は通り過ぎただけでして、ゆっくり休んだのは熊の湯のすぐ下の「木戸池」の辺り。象山センセはこの池付近で田植えをしようとしたらしく、ホント色んな事をされてますゼ。勿論こんな寒冷すぎるトコで稲の育つ訳は無く、結局失敗に終わった様ですナ‥。ソレ程大きくない池ですが、水面はホント静かで鏡の様。象山センセもココで寛がれたンでしょうか?

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県中野市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ようこそ志賀高原へ」志賀高原観光協会HP
★「志賀草津ルート」旅ネット信州HP
★「絶景を走る日本百名道・志賀草津道路」アウトバックで行く日本の旅HP
★「熊の湯温泉!志賀高原のホタルは夏が見頃」All About HP

★「志賀高原2 平床大噴泉」内藤事務所有限会社HP
★「志賀高原木戸池花散歩」横浜鎌倉の四季HP
★「佐久間象山先生」象山神社HP
★「佐久間象山を語る」信州浪人 徳さんのHP
★「萬屋 佐久間象山像」17yukemuriブログ

★「Mサイズのピザ?えっ?焼きそばパン!?」渋温泉春蘭の宿さかえや徒然日記ブログ
★「もへじや製菓の大盛りスパゲティー」コース料理の裏メニュー・ブログ

(関連する記事)

★「197 信州松代で改めて講談を考えてみた」
★「317 【揚げモン05】やはり『暑い』と『寒い』は大切だ」
★「327 【名物パン25】津南のシュークリームパン」
★「1062 【野菜果物37】長野県はもともと『中野県』だった!」
★「1128 【名物パン88】『頭脳パン』と林檎畠‥信州中野」
★「1129 【名物パン89】渋温泉のソウルフード『うずまきパン』」
★「1130 【野菜果物41】まもなく冬季閉鎖!志賀高原と『ポポー』」
★「1874 【お米料理140】草津温泉で『山盛りのカツ丼』を


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(象山センセは吉田松陰の師匠で、京都で反幕勢力に暗殺されてます)


志賀高原の殆どは長野・山ノ内町に属しますが、この山ノ内町の「もへじや製菓」さんが近隣のスーパーに卸してるパンが、インパクトの強いモノばかり!中でもビックリこいたのが、ご覧の「大盛り焼きそばパン」で直径二十五cm以上の皿形パンの上に、二人前以上あると思しき焼きそばがドーンと乗ってます。コッペパン型の焼きそばパンは全国に珍しくないですが、この形は初めてですナ。少なくとも二年以上前から在るモノらしく、ナポリタンスパゲティーが同様に乗せられたのも売ってましたネ。この暴挙に感心して「名物パン」じゃ無く、敢えて「やきそば」カテゴリーでご紹介させて戴きます。でも正直・・この形は食べ辛いです




| 2014.08.25 Monday (00:15) | 広いぞ信州は!北信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS