きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1880 【お肉料理58】吉良さまの御墓所と「鉄板麺」・・東中野 | main | 1883 2014年08月の目次 >>
1882 【お米料理142】超絶品「親子丼」と処暑の上野公園


上野・不忍池の蓮たちは、暑さと共に葉っぱを広げて池を覆ってましたが、コレから涼しくなるに連れて勢いを弱め、やがて枯れてくンでしょうナ。毎年変わらぬ繰り返しですが、諸行無常を感じさせて呉れます

ドン底の状態に陥って、すっかり自棄に成ってる人に対し「明けない夜は無いゾ」とか「止まない雨は無い筈だ」とか言って、懸命に励ます事って有りますナ。私メもソウ言って励ましましたし、励まされた事も有る。

鴨長明サンが「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水に非ず」と方丈記で述べられたのを出すまでも無く、私メら日本人の基本哲学が「森羅万象は常に変わり、浮き沈みは当然」なのは、今も昔も変わらない。

ま、現在はエアコンが普及してるンで、多少の暑い寒いなら擬似的に変えられますが、ソレの無かった昔は暦を数え乍ら、二十四節気に一喜一憂してたンでしょうナ。季節は「処暑」を早や過ぎて、秋に向かってます。

長年の経験則から節気は編み出されたンでしょうが、実に大したモンで「処暑=暑さ納まる(今年は八月二十三日)」を過ぎた途端、東京は急に涼しく成りましたネ。確かにまだ暑いンだけど、脅威を感じなく成った。


日本最初の近代公園の一つ「上野恩賜公園」の中心は、ココが東叡山寛永寺だった頃に根本中堂の置かれてた「大噴水」。夏の大噴水周辺は、暑さから逃れた散歩客が多数涼ンでて、呑気な気配が漂ってます


「ナニを言う、コッチはとっくに秋だ」と北海道の方は仰るでしょうし、「ナニを言う、コッチはまだ夏だ」と近畿以西の方は仰るでしょうナ。ですが人間は己の慣れた環境で判断したがるモノで、東京はもぅ秋の気配。

毎年恒例の東西講談会の為に夕べ、兄貴分の旭堂南海師に大阪から来て貰ってたンですが、会った早々「東京は涼しいナ」。東西の両大都市は、例え最高気温が同じだとしても、東京の方が明らかに暑くない!

逆に真夏の大阪に行けば「うわっ暑い」と感じますが、コレは私メだけじゃ無く、上京(東下り?)した近畿の方々が揃って仰るンで、きっとソウなんでしょうナ。一体ドコに違いが有るのかしらん、風の流れの違い?

ソレは街中の「緑の量」の違いの筈。東京は大繁華街が多いけど、その殆どに大きな公園が隣接してる。そして真ン中にゃ皇居も・・。北の玄関口・上野の緑の森、上野公園の大噴水前で去る夏を感じてた私メです。



上野公園にゃ緑だけじゃ無く、大きな博物館や美術館・動物園等の文化施設が点在してますヨ。その一つ、国立西洋美術館の前庭じゃ、余りに有名な「考える人(Le Penseur)」像が。世界各地に在りますが、ソレは同じ型で鋳造された本物なんで、どうかお間違えの無い様に。尤も上野の本物は美術館内に在りまして、前庭のコレは拡大レプリカだったりしますが・・ナニを考えてるンでしょうか?日本人だったら「自然にゃ勝てない」が根本思想ですが、西洋人のソレは結構違うしネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県磐田市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「TAITOおでかけナビ」台東区役所観光課HP
★「上野に行こう!上野で遊ぼう!」上野観光連盟HP
★「上野恩賜公園」東京都建設局HP
★「夏の休日は早起きして不忍池で蓮と動物たちを撮る」酔人日月抄ブログ
★「上野公園の大噴水」行け!行け!探訪!!東京の池ブログ
★「国立西洋美術館」独立行政法人国立美術館HP
★「『考える人』が本物か西洋美術館で聞いてみた」下町が好きブログ
★「二十四節気」みんなの知識・ちょっと便利帳HP
★「実は日本一暑いのは大阪府だった!?」マイナビニュースHP
★「とりつね」湯島白梅商店街HP
★「とりつね」Facebook

(関連する記事)

★「396 【麺類色々20】嗚呼忠臣、上野に眠る・・彰義隊の御墓所」
★「770 【お米料理53】芸術の秋!芸大名物『バタ丼』」
★「1070 【やきそば85】残暑凌ぎは上野公園と『極太焼きそば』で」
★「1181 【名物パン95】日本初の『カツサンド』!と晩秋の上野公園」
★「1296 【やきそば120】桜咲く上野公園で『たらこ焼きそば』を」
★「1468 【スイーツ86】復活してた『しうびあん』と不忍池」
★「1579 【スナック30】晩秋の上野公園と『田子のニンニクとマヨネーズ味』ポテチ」
★「1657 【麺類色々117】白銀の上野公園と『コロッケそば』」
★「1688 【スイーツ108】東京国立博物館と『榮太樓の飴』・・上野」
★「1714 【お米料理119】元祖カツカレー『河金丼』と上野の桜」
★「1766 【スイーツ116】日本最初の『どら焼き』と若葉の上野


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(なんだかんだ言っても、東京って過ごし易い街だと私ぁ思いますネ)


上野界隈は美味い店の多いトコでして、とんかつの全国的名店が凌ぎを削ってますが、ソレ以上に美味いと思えるのが、湯島天神前の「鳥つね本店」さんの親子丼でございますヨ。もぅトロトロの卵と、柔らかく地味溢れる鶏肉の鬩ぎ合い。私ぁココより美味い親子丼は、全国を始終旅してますが食ったコトが無い!・・心算でした。同じ湯島天神の下に在る、「とりつね」サンのソレに出会うまでは。本店から分家して半世紀以上、上野は結構知ってる心算だったのに・・ココを知らぬとは自惚れだったとシャッポを脱ぎますヨ。本店より遥かにトロトロの卵で、別世界の卵がけご飯を食べてるみたい。連れてって下さったTさん、感謝してます。また連れてって!




| 2014.08.31 Sunday (00:15) | 東京したまち台東区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.05.24 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS