きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1898 【野菜果物69】アイヌを守った探検家と「バートレット」・・村山 | main | 1900 【麺類色々144】「冷やしラーメン」と洋館の多い街・・山形市 >>
1899 【野菜果物70】今年もいちじくを煮てみた!2014・・山形市


ご覧の「七日町商店街」が、山形市のメイン商店街。江戸時代の山形城下は市の立つトコが毎日違い、八日町と十日町が栄えてたとか。ですが明治以降は七日町が台頭、大沼デパートを中心に頑張ってます

今年もやらにゃ気の済まぬ、或る季節行事の季節が参りましたヨ。ソレが拙宅じゃ恒例の「いちじくを煮る」で、ナント六年連続と云うから実に大したモン。このブログ旅日記の第十一話目に、初回のが載ってます。

たまたま秋に訪ねた福島・白河市の某スーパーで、東京じゃ未見の「青いいちじく」の袋詰めが売られてて、ソレを見付けたのが破滅への前奏曲!店員サンは「お酢と砂糖と醤油で煮れば良い」って・・醤油だって?

面白半分で買って帰って(女房ドノが)グツグツ煮込み、数日置いたらアラ美味い!酸っぱさが全く消え、何だか素敵なコンポートに!東北地方じゃ広く行われる習慣で、以来やらずにゃ居られぬ様に成っちまった。

私ぁ東北の出身でも住んでたコトも無いですケド、良い習慣は生活に取り入れませんとネ。ただ問題は「煮込み用の青いいちじく」が、東京じゃ売っとらン!だから秋に成ると、東北まで買いに行ってます・・馬鹿だ。


山形市は蔵王山脈の扇状地で、豊かな水に恵まれた街。城下町にはご覧の「御殿堰」を始め、網目の様に水路が設けられてたとか。ドブ川と化してましたが、七日町商店街の再整備でキレイに復活してますナ

ただ幾ら酔狂でも・・ソレだけを目的に旅は出来ませんし、ドコで巡り逢えるか全く判らん。だもんで毎年買ってる県が違う様な・・今年は山形!「日本一のいも煮大会」で知られる城下町、県庁の在る山形市ですヨ。

一体ドウ云う訳なのか?東北人の遺伝子にゃ「秋は煮る」と刷り込まれてると思える位に、いちじくもソウですが、ソレ以上に里芋を煮たがりますネ。しかも大勢集まって、野外で盛大に大宴会しながら・・良い習慣。

処が問題は・・東北各県ごとに少し違うから困る。「肉は牛か豚か鶏か魚か」「味付けは塩か醤油か味噌かミックスか」他・・互いに主張し合って譲らない。酷い時は同県内ですら違ってて、互いを敵視し合ってる。


東北人って普段は穏やかだけど、根源に関わるトコは絶対に譲らンからネ。東京だと喧嘩に成りますが、地元ならドンドンやれ!塩ッぱい喧嘩の傷は、甘く煮えたいちじくで癒しましょう!東北の秋は美味いです。


山形市内を貫くのは、最上川水系の「馬見ヶ崎(まみがさき)川」。川幅に比べて水量が少ないのは、普段は水が市街地へ浸透してしまうからだとか。毎秋恒例の「日本一の芋煮フェスティバル」はココの河川敷で行われますが、直径六mの大鍋は人力じゃとても掻き混ぜられず、やむなく新品のパワーシャベルを使いますヨ。二十数万人も集まります
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「山形県山形市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「web山形十二花月」山形市観光協会HP
★「山形の地域総合サイトyamagata1」やまがたワンHP
★「七日町ほっとなる通信」七日町商店街振興組合HP
★「七日町」山形市観光協会HP
★「水の町屋 七日町御殿堰」七日町御殿堰開発HP
★「日本一の芋煮会フェスティバル」協議会事務局HP
★「『日本一の芋煮会フェスティバル』山形県馬見ヶ崎河川敷にて開催」coLocal・マガジンハウスHP
★「【緊急ニュース速報】東北各地で芋煮の味付け問題を巡り緊迫した情勢が続く」NAVERまとめHP
★「イチジクのコンポート」圧力鍋で目指せ500レシピ!HP
★「快適視生活応援団/青いいちじく Love」セイコーオプティカルプロダクツHP

★「いちじくの甘露煮」All Things Must Pass@宮城仙南よりブログ

(関連する記事)
★「011 【野菜果物01】芋だけでなく、東北はいちじくも煮る」
★「080 【お鍋料理03】東北だけでなく、愛媛でも芋は煮る」
★「345 【野菜果物12】今年もいちじくを煮てみた!」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「841 【麺類色々46】大雪だからこそ『冷たい肉そば』‥山形」
★「842 【比較研究06】山形と広島の『いがまんじゅう』」
★「1094 【野菜果物39】今年もいちじくを煮てみた!2012‥白河」
★「1224 【お鍋料理17】『にいのいもだき』と超弩級の交通規制‥新居浜」
★「1527 【野菜果物56】今年もいちじくを煮てみた!2013・・白石」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(芋煮は東北六県だけじゃ無く、なぜか愛媛県でも盛んだったりします)


「青いいちじく」の甘露煮を作るのは東北だけの習慣ですが、ソレは寒さの為に煮込み用の品種しか育たないからだとか。だもんで青い実は発育不良じゃ無くて、コレで完熟との事。ただ赤いのに比べると甘みが足りず、このまま食べるとチョット悔しく感じますナ。処が煮込んじまえばアラ不思議?適当に歯応えが有って、滋味も有るンで拙宅の朝食のおかずの一つとして暫く楽しめそうです。加えていちじくには整腸作用が有って、お通じにも宜しいンだとか・・。少し大きめのを買いました




| 2014.09.15 Monday (00:15) | よくござったな山形 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.12.19 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS