きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1901 【お米料理144】鬼婆と「さんま丼」とホントの空・・二本松 | main | 1903 【お鍋料理19】土俵祭りと「ソップ炊きちゃんこ」・・両国 >>
1902 【名物パン209】提灯祭りと「クリームボックス」・・白河


「白河提灯祭り」最終日の見せ所は、先達提灯を先頭に各町の神輿が阿武隈川を渡る「全町渡河」でございますヨ。川の中は流石に危ないンで先達提灯は水平に倒してますが、ソレでも途中で一度は掲げます

「みちのくの玄関」福島・白河市へ参りました。平安には「白河ノ関」が置かれた当時の日本の最北で、幕末にゃ西国主体の新政府軍が「白河以北は一山百文」と未開地扱いをした為に、遺恨が未だ残ってたりする。

その時の屈辱を忘れぬ為に、東北最大の地方紙は「河北新報」を名乗ってますが、私メら東京在住の人間にゃ西よりよっぽど親しいトコ。震災や原発からの復興も有って、東北を応援したいと思うのは人情ですヨ。



無事に渡り終えると、隊列は掛け声勇ましく先達提灯を再び掲げ、目的地の鹿嶋神社へ向かいます。高々と輝く十m超の提灯の神々しさに、思わず息を呑むばかり。先達提灯の渡河は今回からの復活です

ソレはさて置き、白河鹿嶋神社の祭礼「提灯祭り」を見るのはコレで四度目。隔年開催の筈ですが、続けてやったり震災で延期したりでヤヤコシイ。でもコレが見たくて開催の度、東京から片道二百kmの遠征する。


白河にゃ元々縁は無いです。ツーリングの途中にフト立ち寄ったら、ちょうど祭礼当日。街の人に「提灯の大行列が阿武隈川を渡るンです」と言われ、ソレは面白そうと予定を変え、「ついで」気分で見たのが最初。


先達提灯に続くのは各町会の神輿群。合わせて二十三町が続きますンで、渡河の所要時間は二時間強!町会毎にスタイルが違い、中には高さ二mの高張提灯を持つ、子供達も連れて渡った町も有りました

東北第二の大河「阿武隈川」を漆黒の闇の中、町会毎に揃えた法被を着た男達が、掛け声を上げ乍ら片手に提灯を持ち、もう一肩で神輿を担ぎ勇ましく川を渡って行く。ソレを導くのは、高々と掲げる先達提灯群。

余りの神々しさに、スッカリ魅了されちまった。所詮「田舎の祭り」と期待して無かったのに、ソレは新政府軍と同じ、東京人の「驕り高ぶり」だったと思い知らされましたヨ。こんな美しく、上品なお祭りが有ったのか!



祭礼も三日目で疲労の限界でしょうが、クライマックスの渡河を無事終えて、彼らの気勢は絶頂に!神輿担ぎは男だけの町会も有れば、画像の様に女子の混ざったトコも。ですが掛け声は何れも勇ましいです

「三大提灯祭りの一つ」と称する、三百五十年ほど前に藩主・本多能登守忠義公が始めさせた由緒ある祭り。旧城下じゃ神輿だけじゃ無く、山車の引き回しも行われるンだとか。私ぁ最後の渡河しか見てませんが。

最近多いLED提灯じゃ無く、ココは頑なに蝋燭を使うンだとか。だからこそ揺れ動く灯火が朧げで神秘的で、今回は鹿嶋神社内での最後の「全町お手打ち(手締め)」まで見ちまいましたゼ。実に上品なお祭りでした。


全ての神輿は川を渡り終えると、白河の総鎮守「鹿嶋神社」境内に勢揃い。ハテ何が行われるのか?と思ってましたら、一斉に役員達が町会同士の挨拶を始めて吃驚仰天。別名「儀式祭り」と言われる位で、藩政当時の武家社会の格式を深く残してるそうナ。その挨拶大会が終わると、境内に集まる神輿男達は全員で「シャンシャンシャシャンシャン」と白河伝統の手締めをし、「二年後に会いましょう」でお開きでした

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都墨田区両国」への訪問記です★

(参考リンク)
★「行ってみっぺ!!白河」白河観光物産協会HP
★「日本三鹿島の一つ、白河地方総鎮守」白河鹿嶋神社HP
★「鹿嶋神社祭礼渡御祭・白河提灯まつり」白河鹿嶋神社HP
★「350年の歴史を持つ白河提灯祭り」鹿島神社氏子壮者会HP
★「白河提灯まつりについて」鹿島神社氏子壮者会HP
★「幻想的な光のお祭り〜『白河提灯祭り』」楽に暮らす、しらかわブログ
★「ようこそ楽南・白河提灯まつり」白河ふるさと回帰支援センターHP

★「日本三大提灯祭り・・でっ!それはどこ?」つぶやき古道ブログ
★「郡山市民のソウルフード『クリームボックス』」クリームボックス部ブログHP
★「ベーカリーロミオ」つたえるふくしまプロジェクト・ブログ

(関連する記事)
★「
030 安珍さんのキーワードは「南湖」!!」
★「032 二所ノ関部屋はとても由緒有る名跡」
★「187 【団子饅頭07】みちのく白河はまだ春だった」
★「209 【名物パン14】クリームボックスは郡山だけ!」
★「210 【麺類色々10】我が人生酒びたり、朝から呑みたし」
★「326 男達は夜、阿武隈川を渡る」
★「345 【野菜果物12】今年もいちじくを煮てみた!」
★「1091 【揚げモン41】左遷からの復活と『金山油揚』‥棚倉」
★「1093 【名物パン85】白河名物『フレンチトースト』と提灯祭り」
★「1094 【野菜果物39】今年もいちじくを煮てみた!2012‥白河」
★「1548 【名物パン154】『そぼろパン』と円谷幸吉‥須賀川」
★「1549 【名物パン155】『あんバター』と完全復旧を目指す白河城」
★「1566 【焼きそば166】晩秋の白河で『白河ラーメンの焼きそば』」
★「1567 【名物パン160】みちのくの玄関で『イギリストースト』・・白河


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(開催に当り褒められない点も多いらしく、アンチ提灯祭りも多いとか)


毎回、白河日帰りを敢行してましたが・・流石に体力がキツイんで、今回はホテルを取ってゆっくり見物させて貰いましたヨ。ただ・・のんびりし過ぎて、白河名物「フレンチトースト」が売切れてて・・買えん!仕方無いンで郡山市の名物「クリームボックス」を、元祖のロミオさんので。名前が違うだけでモノは全く同じ、小さめの食パンに練乳たっぷりのクリームがベッタリ塗られてますヨ。シンプルだけど、実に美味いンです




| 2014.09.18 Thursday (00:15) | 負げるな!福島中通 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.20 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS