きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1906 【名物パン210】「市川の梨パン」と禁忌の森・・本八幡 | main | 1908 【呑みモン53】歩きくたびれ「ミックスジュース」を・・梅田 >>
1907 【やきそば203】東の渋谷で「珍来焼きそば」を・・柏


賑やかな駅前を持つ柏市は、人口四十万強で千葉県じゃ五番目の規模。JR常磐線と東武野田線が交差する要衝で、明治末に鉄道が敷かれてから急速に発展したとか。「柏ナンバー」が出来て、数年経ちます


「〜の〜」と称されるトコが全国に在りますナ。例えば私メの住む東京・板橋区には、「板橋の田園調布」と呼ばれる常盤台と云う高級住宅地が在ったりする。嬉しい様な・・情けない様な、複雑な気分に成りますネ。

コリャ一種の僭称で、同じ都内なのにナゼ大田区のソレを冠に戴かにゃ成らぬのか?尤も常盤台は戦前に東武鉄道が、何かと仲良しの東急電鉄が開発した田園調布を模して造ったトコだから、或る意味「正統派」。

新興住宅地や商業地が、既にブランド化したトコに肖って名乗ったり、廻りから称される様に成ったのが殆どですが、上野から仙台へ延びるJR常磐線沿いに、「東の渋谷」と呼ばれる街が!ソレが千葉の柏市。

重電業界の雄・日立製作所の昔からの拠点の一つで、その関係で日立が親会社のJリーグ「柏レイソル」のホームだったりしますが、私ぁ毎度通過するばっかで、滅多に訪ねたコトが無い。偶には歩いてみますか。


訪ねた日は生憎の雨降り・・。だもんでJR柏駅東口の全面アーケード「柏二番街」へ逃げ込みましたが、ココは千葉県内で一二の賑わいを誇る商店街。若いお客が驚くほど多く、ソレで渋谷を称したく成る訳だ


板橋の宿場下郎の分際で「都民ぶるナ」と言われソウですが、都内側から見ると「都心」「都内」「近郊」「郊外」「遠方」てな感じに、各沿線ごとに街は並ンでますネ。地方と違って東京や隣接する県は、鉄道が基準。

ドウしても繁多で便利な都心へ目が向くのは人情ですが、普段の生活環境と余りに違うと、驚き慌てて不安に成っちまうのも人情。一気に飛び込むのも良いけれど、ソレじゃ草臥れますヨ。初めは程々が一番だ。

だからかナ?柏にゃ常磐線沿線。つまり千葉県中央地域(JR総武線沿い)との付き合いが希薄な東葛地区や、その後背たる茨城県南部の若者たちが、「いきなり都心や都内に行くのは少し怖い」と集まるらしい。

つまり栃木や群馬県の若者たちが、「まず大宮」と埼玉・さいたま市に集う様なモンですナ。柏の酒場で地元の方に解説して貰うまで、その心理が判らンかった・・。「東の渋谷」は、そんな需要に支えられてる様です。


鉄道が敷かれる前の柏辺りは「見るも苦しき寒村」だったソウですが、只今の賑わいを見てると信じられませんナ。上野から快速で約二十五分と近いですしネ。そんな柏の総鎮守は旧水戸街道沿いに建つ、万治三年(1660)創建の「柏神社」さま。柏駅と柏神社の間が繁華街ですヨ

 にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市北区梅田」への訪問記です★

(参考リンク)
★「柏市ってこんな町」柏市観光協会HP
★「kashiwa.info」かしわタウン情報HP
★「駅から始める小さな旅 JR柏駅・名戸ヶ谷周辺」京葉ガスHP
★「柏二番街」商店街振興組合HP
★「柏二番街 土地柄生かし、若者をターゲットにした商店街」日本商工会議所HP
★「柏神社(羽黒神社)」猫のあしあとHP

★「別名『千葉県の渋谷』柏に行こう!」同HP
★「東の渋谷vs西の渋谷」Manachanブログ
★「松戸VS柏抗争にマツコ冷酷!『常磐線沿線は千葉じゃ無い』」Jタウンネット千葉県HP
★「おいしさ、まじめに。創業85年。」株式会社・珍来HP

★「伝説の中華『珍来』、特大ギョウザと焼きそばを巡る」デイリーポータルZ・HP

(関連する記事)

★「904 【名物パン70】ヤマザキプラザ市川は『山崎パン』の本店?」
★「905 【お米料理63】手児奈姫伝説と『食ネタ』大放出1」
★「906 【呑みモノ26】中山法華経寺と『食ネタ』大放出2」
★「992 【やきそば72】珍来!謎の板橋グループ」
★「1097 【野菜果物40】二十世紀が丘に『二十世紀梨』は無い‥松戸」
★「1135 【お魚料理64】埋立地じゃない浦安で『焼き蛤』」
★「1152 【やきそば100】珍来!謎の板橋グループ2」
★「1172 【麺類色々78】黄昏の船橋で『ソースラーメン』」
★「1689 【名物パン179】大震災の傷痕と『ソフトなダブルサンド』・・新浦安」
★「1750 【団子饅頭59】日本最初の柏餅『勝和餅』・・白須賀
★「1906 【名物パン210】『市川の梨パン』と禁忌の森・・本八幡


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(柏餅の元祖は断じて柏市じゃ無く、静岡県の湖西市だったりします)


終戦直後の東京・浅草で発祥し、その後成長したチェーン店って結構有りますが、その一つが中華料理の「珍来」。主に常磐線や東武伊勢崎線の沿線に合計二百店舗以上も在るらしいンですが、コレが細かく根別れしてて・・私メにゃ簡単に把握出来ませんナ(グループの一つが
板橋にも在るしネ)。けれども柏じゃソウルフード化してるらしく、しかも焼きそばが人気だとか。ソリャ面白いと柏西口店へ参りましたが、エラク繁盛してますナ。歯応えの強い麺に濃すぎるソース味、本家・渋谷にコレは無い筈の、昔懐かしい感じのする逸品。珍来巡りしてみようかナ




| 2014.09.22 Monday (00:15) | 日本一の島・千葉北 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.24 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS