きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1911 【やきそば204】「大手食堂」は丹波篠山・山の中 | main | 1913 【麺類色々145】「ラーメン二郎」と知られざる三田物語 >>
1912 【揚げモン54】山の海賊と「三田牛コロッケ」・・三田市


兵庫・三田市は、「山の海賊」九鬼氏の小さな城下町。昨日ご紹介の篠山市へ向かう旧丹波街道沿いに、ご覧の古い街並みが残されてますヨ。ですが郊外のニュータウンばかり賑わって、旧市街は静かです

今日は海賊のお噂でございます。と云っても平気で略奪・殺掠を繰り返す西洋のソレじゃ無く、戦国時代に活躍した日本の水軍ですナ。いや昔の海軍と云った方が判り易い位で、略奪・殺掠なんて滅多にやらない。

そりゃソウでしょ。日本の水軍は海を領地とし、ソコを通る船から通行料や関税を取ってたンだから。略奪・殺掠なんぞしたら、誰も通らなく成って干上がっちまう!勿論、敵対する勢力は徹底的に攻めたでしょうが。

戦国を代表するのは瀬戸内を制した村上水軍と、紀伊半島を抑えた九鬼水軍。前者は毛利家と組み、後者は織田家と結んだとお考え下さい。そして九鬼家は豊臣家・徳川家を巧みに乗り換え、幕末まで続きます。

処が陸からの支配の効き辛い水軍を恐れた幕府により、九鬼家は海を取り上げられ、四方が山だらけの内陸へ追いやられ、まるで丘に上がった河童の様。その屈辱の地が、今回訪ねた兵庫・三田市だったりする。


戦国初期には既に在ったらしい「三田城」は、寛永十年(1633)に九鬼家の居城と成ります。但しソレはお家騒動で分割・左遷された結果で、三田の九鬼家は城を維持し切れず、ココに陣屋を築いて統治したとか

私メら東夷は三田を「みた」と読みがちですが、兵庫県のは「さんだ」と読みますネ。折角ナンで東京の「みた」は明日ご紹介申し上げますヨ。何しろ「さんだ」「みた」の意外な繋がりに、私ぁ気付いちまったンで。

村上水軍にも勝利し、正に「海の王者」と成った九鬼家ですが、後継問題でお家騒動が発生。幕府は大喜びで介入し、領地替えを命じますヨ。志摩鳥羽(三重・鳥羽市)五万五千石から、摂津三田で三万六千石へ。

ソレでもお家を潰されるより遥かにマシと、涙を呑んで内陸への異動を受け入れますゼ。けれども海への想いは忘れられなかったのか?参勤交代で江戸へ向かう時は、わざわざ遠回りして鳥羽を通ったンだとか。

また三田城そばの大池に船を浮かべ、水軍の心掛けを忘れまいと演習を繰り返したとか。内陸の人は海に憧れがちですが、「山の海賊」九鬼家は憧れどころじゃ無く、「海の海賊」に戻れる日を願ってたンでしょう。


九鬼家はこの「大池」で、いつ海賊に戻っても良い様に絶えぬ訓練をしてたとか。確かに滑稽ですが、涙ぐましい努力じゃ有りませんか!なお幕末まで九鬼家は三田藩主で有り続け、海にゃ結局戻れませんでした
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都港区三田」への訪問記です★

(参考リンク)
★「召しませ、三田」三田市観光協会HP
★「神戸三田Potal Site」HEREN(ヘレン) HP
★「三田市の町並み」古い町並みを歩くHP
★「三田城」梅鉢HP
★「摂津 三田城」タクジローの日本全国お城めぐりブログ
★「九鬼水軍と三田藩の歴史」同HP
★「九鬼家について(九鬼さん四方山ばなし)」幻想旅人團 後の祭HP
★「三田牛の豆知識」三田市役所HP
★「伝統の肥育技術で育まれた三田牛。」三田肉流通振興協議会HP
★「お肉屋さんのコロッケ」三田牛専門店 肉のゆたかHP

(関連する記事)

★「226 【スイーツ12】日向守はドッコイセと福知山を築いた」
★「806 【粉なモン13】阪神尼崎歴史散策と『寺町のタコ焼き』」
★「807 【粉なモン14】阪神尼崎駅前アーケードと『阪神イカ焼き』」
★「947 【スイーツ49】雨降る紀伊長島で『黒かんてん』」
★「964 【名物パン74】頑張れ因島!と『オカノパン』」
★「1015 【やきそば77】福知山城ライトアップと『ゴム焼きそば』」
★「1910 【名物パン211】土砂降りの丹波篠山で『黒豆パン』を」
★「1911 【やきそば204】『大手焼きそば』は丹波篠山・山の中


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(『山の海賊』三田市と、『陸の王者』港区三田の繋がりは明日ご紹介)


三田市と云えば、超高級和牛「三田牛(さんたぎゅう)」だソウですナ。そんな高級品ご縁が無いンで知りませんでしたが、皆さんがソウ仰る。ですが私ぁ牛肉が余り好みじゃ無いンで・・コロッケにしましょうか。JR三田駅前の阪急デパートで「三田牛コロッケ」を買って参りましたが、こう成っちゃうと「三田牛だかナンだか判らない」のが事実。ですが味わいは深く、きっとコレが超高級和牛ナンだなぁと思うコトにした私メですヨ




| 2014.09.27 Saturday (00:15) | ミステリアス兵庫! | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.24 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS