きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1933 【麺類色々149】慶祝の出雲大社で「出雲そば」を | main | 1935 フラワータイムなぞの金曜日 797回/798回放送 >>
1934 【呑みモン54】神さま方のお宿と「はま茶」「ざら茶」・・出雲大社


出雲大社・ご本殿の東西に、細長いお社が一棟ずつ・・。コレこそ全国からお集りの神さま方の宿舎たる「十九社(じゅうくしゃ)」で、お姿は見えませんがココで寛いでらっしゃるンですヨ。画像は「東十九社」です

出雲大社のブラブラ散歩は続きます。出雲国(島根県東部)と信濃国(長野県)以外の全国は、今月は神さまが居らっしゃらないンで「神無月」ですが、出雲はその神さま方がお集まりに成ってるンで「神在月」ですナ。

信濃の神さまだけは出雲にナゼか呼ばれない様ですが、八百萬の神さま業界もイロイロ事情がお有りでしょうから、難しい理由は判りません。ともかく今月の出雲大社は、神さま方が大勢居らっしゃる事に成ってる。


ご本殿の西方に「神楽殿」が在りますが、驚くのは「広さ七畳半」と日本一の大きさを誇る日章旗!加えて掲揚塔の高さが四十七mも有るンで、まぁ目立つ目立つ!古代のご本殿とほぼ同じ高さナンだってさ

でも私メの様な下賤極まる寄席芸人風情には、神さま方の高貴極まるお姿を拝するコトは出来ませんナ。ま、何百万柱も居らっしゃるからには、知らず知らずの間に大社境内ですれ違ってたりするンでしょうが。

出雲大社の西の「稲佐の浜」に神さま方はお集りに成られ、龍蛇神のご先導で大社にお入りに成られる。そして「ア〜でも無いコ〜でも無い」と縁結びのドラフト会議に勤しむ訳ですナ。お賽銭の分だけ、働かにゃ。


神さま方の上陸地「稲佐の浜」は、大社ご本殿から西へ一kmほどに在るキレイな砂浜。大国主大神サマが国譲りを為さった現場らしく、旧暦の十月十日に「神迎えの神事」がココで行われるンだソウですヨ 

尤もソレは「旧暦十月」のコトだらしく、つまり今年は十一月下旬から十二月中旬の筈ですナ。てぇ事は・・神さま方は未だ来られて無いのか?ま、居らっしゃると思った方が万事目出度く、ソウ云う事にしときましょ。

そんな出雲に集まられる神様も居られれば、ココから出て行かれた神様みたいな方も居られる。私メら寄席芸人を含む、芸能万事の大立者「出雲の阿国(おくに)」サンは、そのお名前通りに大社のご近所のご出身。


大社と稲佐の浜のちょうど真ん中に、ご覧の「出雲の阿国の墓」がございますヨ。ココの伝承では「阿国はもともと大社の巫女」で、京都で大成した後は出雲に帰り、「大社近くで庵を結んで尼さんに成った」とか

と、云う事に成ってます。何しろ阿国サンは謎が多過ぎて・・実態が良く判らないお方。戦国時代の終り頃に「かぶきおどり」を工夫し、ソレを京都で舞って大人気と成り、ソレが現在の歌舞伎に繋がるとされてます。

処が「出雲出身と自称した」と云う説は強く、大体が生年没年すら判らない。尤も芸人風情はソレが当然で、ご本人も自分の芸が後世に伝わるとは思わなかった筈。でも私メら芸界の、立派な神さまのお一人です。


稲佐の浜でポーっと海を見てましたが・・ココに全国の神さま方がお集まりに成られると思うと、実に有難く思えます。寒く成るに連れて時化て来るンでしょうが、昔の人はソレも神さまの力と思ったンでしょうか
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「広島県府中市上下町」への訪問記です★

(参考リンク)

★「出雲観光ガイド」出雲観光協会HP
★「Izumo Oyashiro」出雲大社HP
★「古代と現代が交わる地 出雲大社」出雲観光協会HP
★「神々が出雲に集う 神在月」出雲観光協会HP
★「出雲大社の神在祭」出雲大社紫野教会HP
★「出雲大社の日の丸」出雲大社紫野教会HP

★「稲佐の浜・薗の長浜」神々のふるさと 山陰HP
★「『出雲阿国』出雲大社と京都」出雲大社紫野教会HP
★「【島根】出雲人が愛する進化したお茶」ニッポン列島食だよりブログ
★「出雲のはま茶」すみぞめのclumsy日記ブログ
★「カワラケツメイ」イー薬草・ドットコムHP

(関連する記事)

★「787 【保存食品17】もったいない街・松江と『津田かぶ漬』」
★「788 【お魚料理40】出雲大社と『あご野焼』」
★「789 【お魚料理41】日暮れを祀る神社と珍味『板わかめ』‥日御碕」
★「790 【お魚料理42】こじつけに近い難読地名と『いかの麹漬け』‥十六島」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と『三つ編みサンライズ』・・四條」
★「1930 【麺類色々148】縁結びの神様と『松江ラーメン』・・松江」
★「1931 【保存食品49】戦国の庶務部長と『菊水麩』・・松江」
★「1932 【名物パン212】木綿街道で『フライパン』を・・平田」
★「1933 【麺類色々150】慶祝の出雲大社で『出雲そば』を


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(阿国サンは歴史に残りましたが、芸人風情は残らないのが殆どです)


島根県にゃ体に良い、珍しいお茶が有る!ソレが「カワラケツメイ」と云うマメ科の植物から作った「はま茶」で、出雲じゃフツーに呑まれてるンだとか。クセは全く無く、香り高くて・・緑茶より飲みやすいかも。処が所変われば名は変わるで、同じ島根県なのに・・東部は「はま茶」・中部は「まめ茶」・西部は「ざら茶」と言うンだそうですヨ。面白いねぇ




| 2014.10.17 Friday (00:15) | 島根が左・鳥取が右 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.17 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS