きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1954 【お米料理150】国会議事堂で「スペシャルランチ」・・永田町 | main | 1956 【スイーツ138】「プリントップ」とウルトラマンエース・・福山 >>
1955 【スイーツ137】「太田胃酸のスッキリ飴」って・・小石川


文京区小石川界隈は製薬会社が昔から多いトコで、その中にテレビやラジオCMでお馴染みの「太田胃酸」の本社が在りますヨ。創業は明治十二年(1879)、粉薬や錠剤等の胃腸薬一筋の老舗でございますナ

全世界で最近、恐ろしい病気「エボラ」が流行って居りますナ。幸いにして日本は水際で防いで居る様ですが、聞けばエボラの特効薬に成るかも知れない薬を、富士フィルムの子会社が既に開発してたンだとか。

「アビガン」と云う錠剤で、お蔭で株価上昇とも聞きますが、「かも知れない」と付くのは本来はインフルエンザ用で、エボラの為に開発した訳じゃ無いから。確かに強い薬だけれども、どんな副作用が出るか判らない。

ソレでも何人かは治癒出来た様で、日本でも「アビガン」の臨床試験が急がれてますヨ。上手く行けば安心だ・・と願いますが、ソレにしてもドウして薬って似た様な「カタカナ名前」ばかりなの!間違えそうに成る。

実際、取り間違えて「事故」「事件」に成っちまう例も時折有って、ソレを防ぐ為に「カタカナ名前」を「漢字と仮名交り」に変えようと云う動きが有るンだとか。つまり「富山の置き薬」の箱に入ってる薬的にする訳か。


太田胃酸の本社の近くに「小石川植物園」が。正式名称は「東京大学大学院理学系研究科付属植物園」と難しいンですが、元々は幕府が設けた「小石川御薬園」で、江戸市民の為の薬草を栽培してたトコです

名前が漢字だらけの昔から在る薬や、例えカタカナだけでも国内向けの薬は、「キャベジン」「アリナミン」「バファリン」・・総じて「語尾が『ん』で終わる」モノが多いンだソウです。特に家庭薬にその傾向が強いです。

「薬の成分の化学名が『n』で終わるモノが多い」とか、「明治時代に外国から輸入した薬に『ん』で終わるモノが多く、ソレの真似した」とか、理由は幾つか有るとされてます。「語尾が『ん』だと言い易い」てぇのも。


 或いは「効くか効かぬかは体質の『運』次第だから」説も有ったりしますが、私メが良く通る文京区小石川の千川通り沿いに本社を構える「太田胃酸」さんも、確かに「ん」で終わってる。明治時代からの胃薬会社だ。

富山市ほどじゃ無いですが、小石川御薬園が界隈に在った影響で、ココら辺は製薬会社が結構多く、気に成ってたンですヨ。ただ太田胃酸は今まで使ったコトが無くて・・。今度胃が痛く成ったら、使ってみようかナ。



小石川植物園の片隅に、ご覧のステキな洋館が。コレは国の重文「総合研究博物館小石川分館」で、元々は明治九年築の「東京医学校(現在の東大医学部)本館」。建築ミュージアムとして一般公開されてます

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「広島県福山市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP
★「文京区小石川」東京散策絵巻HP
★「小石川植物園」東京大学HP
★「建築ミュージアム」東京大学総合研究博物館小石川分館HP
★「日本最古の植物園」くすりの博物館・エーザイHP
★「日本発『エボラに効く薬』は、日陰者扱いされた薬だった?」ライブドアニュースHP
★「薬の名前に革命的変化がおこるかも。」薬作り職人のブログ
★「薬の売り上げは名前で決まる!?薬名にこだわる開発者たち」薬剤師ネット公式ブログ
★「お薬の名前〜徒然なるがままに〜」おねぇ系薬剤師の独り言ブログ
★「ありがとう いいくすりです。」太田胃酸HP
★「家庭薬ロングセラー物語 太田胃酸」日本家庭薬協会HP
★「太田胃酸のスッキリ飴」サクマ製菓HP

(関連する記事)

★「236 【東京十社02】白山神社で紫陽花を」
★「763 【お米料理51】茗荷谷の縛られ地蔵と『肉丼』」
★「1180 【名物パン94】日本初の『甘食』?と東京大学‥本郷」
★「1297 【お米料理85】桜咲く播磨坂で『さよなら牛太』‥小石川」
★「1331 【保存食品30】あぁ懐かし!『ソントンのカップジャム』‥千石」
★「1555 【麺類色々107】東大で『赤門ラーメン』を食おう!‥本郷」
★「1787 【調味料類22】あじさいと『キムチマヨネーズ』・・白山


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(残念ながら「太田胃酸のスッキリ飴」は、つい先日終売に成ってます)


「太田胃酸」は太田信義氏が明治十二年(1879)に売り出したモノで、元々は長崎・出島のオランダ人医師による、「英国処方の薬」だったとか。薬の原料は日本古来からのモノじゃ無く、当時はさぞハイカラだったンでしょうナ。その太田胃酸とサクマ製菓がタッグを組んだ「スッキリ飴」は、胃腸の健康と云う今までのハーブ飴に無いモノ。スースーするハーブ感は少ないですが、余り甘くなくて宜しいんじゃないかと。但しコレは薬じゃ無くて、あくまでも飴ですンで、お間違えない様に願います




| 2014.11.04 Tuesday (00:15) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.24 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS