きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1960 【調味料類25】「若田のたれ」と勝山城下町・・真庭 | main | 1962 【呑みモン55】里見八賢士と「白バラコーヒー」・・倉吉 >>
1961 【麺類色々151】「牛骨ラーメン」と恨み骨髄の淀屋・・倉吉


倉吉市の旧市街地「打吹玉川」は江戸から大正まで大きく栄え、その頃の繁栄が今でも「白壁土蔵群」として多く残ってますヨ。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、訪ねる度に整備が進んでますナ


昨日ご紹介の岡山・真庭市から「蒜山」の麓を通り、日本海側の鳥取県へ辿り着いた私メでございます。鳥取は全国最小の人口を誇る県で、県内に「市」が四つしか在りませんが、今回はほぼ中央に在る倉吉市へ。

ココは鳥取藩主池田家の家老「荒尾志摩守」家の領地で、所謂「自分政治」が行われてた街。半ば独立した自治領的なモンで、山陰有数の商業都市として栄えます。だから「山陰の大坂」とも称して居たンだとか。

実際、大阪と倉吉の結び付きは今も深く、直通の特急列車が何往復も走ってますが、江戸時代の大坂の豪商「淀屋」とココとの因縁は実に深い。淀屋は材木・土木・米相場等で巨額の財を為した、日本一の富豪。

ですが五代目の淀屋廣富の時に、突然幕府から「闕所」を命ぜられますヨ。闕所とは強制的な財産没収のコトで、現金は小判換算で二百数十万両。他に土地やら証文やら、大体百兆円ぐらい取り上げられますヨ。


打吹玉川の一画に、「倉吉淀屋」の店が残ってます。ココへ帰された番頭の牧田仁右衛門は、淀屋の再興を期して商売を起こし資産を蓄え、牧田家は五代目で大坂に再進出。再び「淀屋」の看板を掲げてますヨ

幾らナンでも辺羅棒な!確かに淀屋は豪奢を極め、ソレで幕府に目を付けられてた。でも本当は財政困窮の大名衆に金を貸し、ソレが返せないから御破算を狙い、借金を踏み倒す為に淀屋を潰させたのが真相。

淀屋側もその動きを察し、四代目の重当は信頼する番頭の牧田仁右衛門を故郷の倉吉に帰し、「闕所を命ぜられる日」に備えさせますヨ。つまり分家させて、何時の日にか淀屋を再興して呉れる様に頼んだ訳だ。

仁右衛門は重当の言いつけを守り、幕府の目をかわす為に敢えて屋号を示さず、ひたすら地道に商売に励みます。ソレは淀屋を再興し、恨み余り有る幕府へ復讐の為に。武力じゃ無く、財力で幕府を倒してやる。

倉吉淀屋はやがて大阪に再進出を果たし、折しも燃え上がる討幕運動に資金を提供し、幕府滅亡の八年前・安政六年(1859)に暖簾を突如たたんでます。全財産を討幕の為だけに使った訳で、恐ろしい執念です。


倉吉淀屋の牧田家の菩提寺「法界山大蓮寺」の境内に、大阪淀屋一族のお墓が在りますヨ。闕所された為に異様な向きのベクトルと成りましたが、それも一つの商売の在り方。重い歴史が倉吉に残ってますナ


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「鳥取県倉吉市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「倉吉観光情報」倉吉観光マイス協会HP

★「倉吉市のポータルサイト」くらしよしNavi・HP
★「心の糸を織りなす町」白壁土蔵群 赤瓦HP
★「倉吉市打吹玉川の古い街並み」裏辺研究所HP
★「倉吉淀屋」SaninサイズHP
★「大阪淀屋橋ゆかりの淀屋の墓 大蓮寺」鳥鷺光一の囲碁と歴史ブログ
★「淀屋の歴史をたどる」八幡の歴史を探求する会HP
★「もう一つの淀屋を訪ねて 倉吉」トシの旅ブログ
★「鳥取牛骨ラーメン」鳥取牛骨ラーメン応麺団HP
★「牛骨ラーメンと倉吉の思い出」デイリーポータルZ・HP

(関連する記事)

★「801 【名物パン58】鳥取の渇え殺しと『マイフライ』」
★「802 【お魚料理43】あぁもう駄目!鳥取砂丘と『とうふちくわ』」
★「803 ドウやって建てた?三徳山三佛寺と『栃の実』」
★「804 【野菜果物33】意外にステキな倉吉と『花御所柿』『西条柿』」
★「819 【お米料理56】米子で考える『バカ殿』と『かにめし』」
★「1343 【やきそば133】淀屋の没落と『カレー焼きそば』‥淀屋橋
★「1690 【調味料類25】「若田のたれ」と勝山城下町・・真庭


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(倉吉淀屋のコトを講談にして語る方が、ココにゃ居られる様ですナ)


「恨み骨髄に至る」と申しますが、私ぁ食べる骨髄の方が良いですヨ。全国に豚骨や鶏ガラの美味さをベースにするラーメンは沢山有りますが、倉吉を中心とした鳥取県中部のソウルフードは「牛骨ラーメン」。中でも元祖とされる、「香味徳」サンの倉吉店に行って参りました。ドウして牛骨を使う様に成ったかは諸説ある様ですが、半世紀以上も前から倉吉辺りじゃコレがフツーらしく、豚骨等とは少し違う、実に複雑かつ不思議な味わい。なのに乗ってるのは豚肉チャーシュー・・、面白いネ




| 2014.11.10 Monday (00:15) | 島根が左・鳥取が右 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.16 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS