きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1963 【スイーツ141】「梨のんの」を舐めて米子をドライブ! | main | 1965 【麺類色々152】甍街道と「スパゲッティ風めん」・・江津 >>
1964 【お米料理151】城址から眺める米子で「大山おこわ」を


市街地と中海との間に聳える、湊山の頂上に石垣が残るのが「米子城(久米城)」。山頂の標高は僅かに九十mだけですが、ほぼ三百六十度に近いパノラマで‥絶景かな絶景かな!遠くに日本海も見えてますゼ


山陰地方の中央に位置する、鳥取・米子市を訪ねた私メです。ココは市街地の主だった道が広いンで、レンタカーのハンドルを握って方々ウロついてましたが、国内五位の太湖「中海」の畔で地元の方に言われた。

曰く「あの山の上に城跡が在って、ソコからの眺めは抜群」と。十五分ぐらいの登りと言うンで「そりゃ面白そう」と、早速登り始めましたネ。登山道()は程よく整備されてて、歩くの大好きな私メにゃチョロいチョロい。

鳥取県の二大都市・鳥取市と米子市は、ナニかと競い合うライバル関係ですが、江戸時代は池田家が鳥取県全てを抑え、本城は鳥取市の方。一方米子は筆頭家老の荒尾氏が城代と成り、半ば独立して治めてた。

俗に「自分政治」と称しますが、米子は本当なら山陰の首邑に成ってた筈の街。ソレは私メの登った湊山に、毛利家から山陰全ての統治を任されてた重臣・吉川広家公が城を築いたから。いや、築こうとしてたから。


中海に突き出した湊山に、米子城が完成したのは慶長五年(1600)のコト。つまり関ヶ原合戦の有った年ですが、その合戦の為にココを築いていた広家公は岩国に転封されてしまい、完成を見られませんでした

戦国の謀将「毛利元就」は中国地方の征服を目指し、次男の元春公を吉川家に養子として送り込みますヨ。同様に三男の隆景公を小早川家に送り込み、両家を乗っ取ります。俗に「毛利の両川」とか言いますナ。

優秀な息子サン達で、毛利の先兵として吉川は山陰を。小早川は山陽を次々征服し、毛利一族は西日本最大の大名に!元春公の跡継ぎ・広家公は、血族の筆頭として関ヶ原合戦に臨みますが、東軍か西軍か?

広家公は「東軍が勝つ」と見抜きますが、毛利本家は利に釣られて西軍に付くコトに。コレじゃ毛利が潰されちまう!ならば「毛利を東軍相手に闘わせない」なる暗約を、徳川家康公と結びます。領地はコレで安心。

処が若い広家公と、老練な家康公とじゃ役者が格が違い過ぎる。マンマと謀られた広家公は合戦後転封を命ぜられ、他の毛利一族は領地を全て没収される事に!この為に米子城の完成を待てなかったンですナ。


米子城は天守閣が二つ在ると云う、実に立派なお城だった様ですが、明治維新後に取り壊されて石垣しか残ってません。さて広家公は騙された責を一身に負い、家康公から転封を命ぜられた周防・長門二ヵ国(今の山口県全て)を毛利家に献上して存続させ、自らは岩国の領主に身を堕とし、幕末まで下らない文句を言われ続けるコトに成ったとか。そもそも西軍に付こうとした毛利本家の不見識が悪いのに、ソレを認めず責任転嫁してたとは、コレだから薩長土肥の輩共は・・。広家公もこの米子城から心静かに、右手に聳える大山を眺めたかったでしょう

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「島根県江津市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「米子観光ナビ」米子市観光協会HP
★「米子ガイド」山陰どっと混む・中海HP
★「だんだんサミット」中海・宍道湖・大山圏域市長会事務局HP

★「国史跡 米子城址」米子市役所HP
★「日本全国城ある記・米子城」城メグリスト・ブログ
★「二基の天守閣が存在した『米子城』」日本の城訪問記HP
★「裏切り者か功労者か‥吉川広家、プレゼンと譲歩戦術で毛利家の取り潰し阻止」ZAKZAK・HP
★「ドラマ化して欲しい戦国武将『吉川広家』」渡る世間は愚痴ばかりブログ
★「大山おこわ」食のみやこ鳥取県・鳥取県庁HP
★「【ご当地グルメ】鳥取のソウルフード!3位『大山おこわ』」マイナビ・ウーマンHP

(関連する記事)

★「019 【スイーツ01】ひょっとこ達の終わらない宴」
★「818 【揚げモン29】清水寺ネットワークと『安来の泥鰌』」
★「819 【お米料理56】米子で考える『バカ殿』と『かにめし』」
★「1929 【スイーツ132】大籠城戦と『一千年の羊羹』・・安来」
★「1961 【麺類色々151】恨みを晴らした淀屋と『牛骨ラーメン』・・倉吉」
★「1962 【呑みモン55】里見八賢士と『白バラコーヒー』・・倉吉」
★「1963 【スイーツ141】『梨のんの』を舐めて米子をドライブ!


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(広家公は毛利家を救った大恩人なのに、裏切り者扱いされてます)


米子っ子のソウルフードは、ご覧の「大山おこわ」だソウですヨ。米子のシンボル「大山」で修業した僧たちの精進料理がルーツで、ソレが家庭料理化したモノだとか。大山地鶏や大山の山草を始め、米子周辺で採れるモノだけを使って蒸し上げた醤油味のおこわ。古くから存在する家庭料理なんで、残念ながらコレを気軽に食べられるお店は少ない様




| 2014.11.13 Thursday (00:15) | 島根が左・鳥取が右 | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.08.07 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS