きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1966 フラワータイムなぞの金曜日 801回/802回放送 | main | 1968 【麺類色々153】聖の没した益田で「ローメン」を >>
1967 【お魚料理93】「赤てん」と竹島密貿易事件・・浜田


青い海に巨大斜張橋「浜田マリン大橋」の架かる浜田港は、山陰の二大漁港の一つ。会津屋八右衛門はココから出航して「竹島」へ渡り、李氏朝鮮と密貿易を行います。ソレは天保七年(1836)に発覚する事に

島根県西部「石見地方」を西へ向い、その最大集邑・浜田市へ参りました。間もなく二千記事に届く当ブログ旅日記の、僅か二十本目の記事が浜田訪問記でしたが、ソレから約五年も経っての再訪が叶いましたゼ。

良くもまぁ続いてるモンだと、我ながら感心するやら呆れるやら。コウなりゃ目指せ三千本!海外にも飛び出したいモンだ。さて浜田は山陰の要衝として、江戸幕府は信用出来る譜代を城主としてココに封じます。

何人か幕府の要職を務めた殿さまが居り、総理大臣格の「老中首座」に成った方まで居られます。コリャ遠方の大名としては破格なコトですが、その老中自らが国禁を破り、密貿易して大騒ぎに成った事も有ります。

ソレは浜田藩の十三代藩主「松平周防守康任(やすとう)」と云う方で、第十一代将軍・徳川家斉公に気に入られて寺社奉行・大阪城代・京都所司代・老中と要職を重ね、天保五年(1834)に老中首座に就きますヨ。


浜田市中心街に小高く聳える亀山に、浜田藩の本城「浜田城」がございますヨ。本丸からは日本海が良く望める名城で、海側から見るとまるで海に突き出してる様な造りだったとか。立派な石垣が残ってます


老中首座と云えば国のトップで、栄華この上ないですが・・費用が随分掛りますヨ。確かに歳費も出ますが、ソレ以上に出費は著しく、浜田藩は財政が大悪化!方々から借金して充てますが、この儘じゃ破産だ!

ソコで御用商人の会津屋八右衛門が、「日本海に浮かぶ竹島で朝鮮国と密貿易し、ソレで財政を立て直そうじゃないか」と突拍子も無い提案をして来ます。幕府の許可は無いけれど、ウチの殿様は幕府のトップだ。

但しこの竹島は、今韓国と揉めてる竹島じゃ無く、その隣に浮いてる鬱陵島の事ですナ。家老たちは賛同し、康任公もまた黙認する形で、この密貿易で大儲け。財政はほぼ再建され、万事目出度しあぁ良かった!

処がコレに気付いた男が・・。ソレぞ公儀隠密を永年勤め、後に北方探索で有名に成った「間宮林蔵」。その調査の結果、康任公は罷免され、松平家は領地替えさせられる事に。驚きの歴史が浜田に在りました。


浜田城の本丸跡から、日本海を眺めてみましたヨ。ココは幕末の長州征伐の際に大激戦地と成り、やむなく自ら火を放って落城・・。その為に天守閣その他が全く残ってませんナ。竹島はこの海の彼方ですゼ
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「島根県益田市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「浜田市観光情報」浜田市観光協会HP
★「なつかしの国 石見」石見観光振興協議会事務局HP
★「はまごち」浜田の五地想ものがたり推進協議会事務局HP
★「浜田マリン大橋」島根県立浜田高校第36期同窓会HP
★「浜田城〜島根県浜田市〜」裏辺研究所HP
★「浜田城 歴史の散歩道」浜田市役所HP
★「会津屋八右衛門と竹島事件」みやざこ郷土史調査室ブログ
★「会津屋八衛門密貿易の巻」Samurai Woeld HP
★「【歴史ミステリー】江戸隠密界のスターたち 北方探検 間宮林蔵」記事だす!HP

★「浜田市特産品 赤てん」いわみの種HP
★「江木のなうなう赤てん」江木蒲鉾店HP

(関連する記事)

★「020 【お魚料理01】浜田行き寝台特急と『赤天』」
★「788 【お魚料理40】出雲大社と『あご野焼』」
★「789 【お魚料理41】日暮れを祀る神社と珍味『板わかめ』‥日御碕」
★「966 【野菜果物34】間宮林蔵と板橋不動と『筑波落花生』‥つくばみらい」
★「1933 【麺類色々149】慶祝の出雲大社で『出雲そば』を」
★「1934 【呑みモン54】神さま方のお宿と『はま茶』『ざら茶』・・出雲大社」
★「1965 【麺類色々152】甍街道と『スパゲッティ風めん』・・江津


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(会津屋八右衛門は死罪と成りましたが、浜田では偉人とされてます)


前回訪問時もご紹介しましたが、浜田と云えばやっぱり「赤てん」!魚肉のすり身に唐辛子粉を混ぜて良く練り、ソレにパン粉を付けて揚げた「揚げ蒲鉾」。唐辛子が入ってるンでピリッとするのが特徴で、もう六十年以上も前から、浜田じゃ当たり前のモノとして親しまれてるとか。今回は中にチーズが入ったのも買って参りましたが、酒に合いますヨ




| 2014.11.15 Saturday (00:15) | 島根が左・鳥取が右 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS