きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1976 【麺類色々156】古書街で「立食い十割そば」を・・神保町 | main | 1978 【やきそば213】「にんにく焼きそば」とナゾの街区表示板・・鴻巣 >>
1977 【揚げモン55】利根川を上る鮭と「ゼリーフライ」・・行田


映画「のぼうの城」で有名に成った「忍(おし)城」は、埼玉・行田市のシンボル。豊臣方の大軍の水攻めを凌いだ名城は明治維新で消え去りましたが、昭和六十三年(1988)に本丸跡に三階櫓が復元されてます

このブログ旅日記をPCでご覧に成って居られる方は、恐らくドコかしらのプロバイダーと契約し、ソコ経由でインターネットに接続されてましょうナ。私メはココ数年「ニフティ」の会員で、日々ネットして遊んでますヨ。

流石の大手で、多様な会員向けページを用意されてますが、毎日の様に私メが見てるのが「デイリーポータルZ」なる、面白読み物ページ。ソコで先日、実に興味深い記事を見ました。「埼玉に鮭が来てる」って。



埼玉(手前)と群馬()の県境を流れる「利根川」の、河口から百五十五km地点に在るのが、東京へ水道用水を送る「利根大堰」。堰の上層部は県道に成って居て、埼玉・行田市と群馬・千代田町を結んでます

東北や北海道ではこの時期、長らく海を周遊してた鮭が産卵の為に河川を上りますが、その南限が関東地方の「利根川」で、ソレを通って鮭が群馬県辺りまで行って卵を産んでる様。その際、埼玉を通るンです。

と云っても利根川は日本第二の大河で、如何に鮭の身体が大きいからって判るモンじゃ無い。処が埼玉・行田市の「利根大堰」じゃ、鮭が堰の魚道を上って行くのが判るらしい。ソレは面白そう、行ってみるか。


      
利根大堰は横幅七百mの大きなモノで、河口から来た鮭はココで通せんぼされちまう。そんな気の毒な鮭の為に埼玉側に魚道が設けられ、ココを次々と鮭が上って行きます。但し上からじゃ・・良く判りませんナ

前回のオリンピックの開催前、爆発的に人口増加を続ける東京の悩みは「水道水の不足」。現在の香川県どころじゃ無い大渇水と成り、ソレが唄にも成った有名な「東京砂漠」って、実際に在った話だったンですナ。

ソコで近郊の二大河川「利根川」「荒川」から、東京の為の水道用水を確保する為の取水堰が設置されますヨ。利根川のソレが、昭和四十三年(1968)に完成した利根大堰。お蔭で東京は砂漠化から救われた。
 


魚道の脇には地下に潜る観察室が在り、ソコからこんな風に遡上する鮭の様子が見られます。河口から上がって来た利根川の鮭にとって、最大の難関が利根大堰。もう五十kmほど上って、産卵に及びますゼ

処が救われンかったのが利根川の鮭!昭和三十年代は結構居たらしいのに、大堰完成によりドンドン減少し、昭和末はほぼ絶滅した様なモン。ですが平成に入ってから、稚魚放流等の懸命な活動が行われた。

私メら講釈師は絶滅寸前から約四倍に増えましたが、利根川の鮭は千倍近くに増えて一万数千匹!東京の近くにこんなトコが在ったとは、全く知りませんでしたネ。ニフティさん、コレを教えて呉れてどうも有難う。


利根大堰の在る場所は、江戸時代の灌漑用水「見沼代用水」の取水口だったトコ。東京都の上水の約四割、埼玉県の上水の約八割はココから取水されてるソウで、ドレだけ大勢の人を潤してるンでしょうか
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「埼玉県鴻巣市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「行田市観光ガイド」行田市観光協会HP
★「忍城」行田市役所HP
★「利根大堰のサケの遡上がピークに」水資源機構利根川導水総合事務所HP
★「利根大堰魚道ライブカメラ」水資源機構利根川導水総合事務所HP
★「利根川を遡上するサケを見る『利根大堰サケ遡上・産卵観察会』」デイリーポータルZ・HP
★「鮭の遡上(利根大堰)」Waku WakuのHP
★「サケ遡上1万8596匹 利根大堰で最多更新」MSN産経ニュースHP

★「利根川にサケ!」malhabladoの日記ブログ
★「東京砂漠」メカAGブログ
★「行田市 ゼリーフライ」生活科学研究室・日清オイリオHP
★「行田ゼリーフライ本舗 たかお」行田市観光協会ブログ

(関連する記事)

★「244 【お米料理13】斉藤実盛は聖天さまを建立した」
★「245 【講談の舞台04】勇女甲斐姫・・行田市」
★「618 【スイーツ24】洒落ぬきで‥あつすぎるぞ!熊谷」
★「619 【やきそば34】熊谷の焼きそばは細い!」
★「902 【やきそば56】ナゾの日本三体文殊と熊谷『ホルどん』」
★「1827 【名物パン198】『謎のメロンパン』と古代埼玉帝国・・行田」
★「1828 【スイーツ122】浮き城と『うますぎる十万石饅頭』・・行田


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(十二月上旬まで鮭は見られますが、特に朝方が大勢いるソウです)


利根大堰は何しろ河原で、しかも観光施設じゃ無いから・・行田市内だけの名物「ゼリーフライ」を。見た目は衣の付いて無いコロッケみたいなモノで、メイン材料はジャガイモとオカラ。揚げ立てのソレをウスターソースにたっぷり浸し、モチモチした食感を楽しむ訳です。因みに小判型なトコから「銭フライ」と呼ばれてたのが、「ゼリー」と訛った様ですナ




| 2014.11.25 Tuesday (00:15) | なぜかココは埼玉北 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS