きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1986 【お魚料理94】平清盛公と「いいだこの干物」・・宮島 | main | 1988 【呑みモン58】「チャイダー」と渡船で小さな旅・・尾道 >>
1987 【スイーツ143】「鯨羊羹」と感傷的な瀬戸内・・尾道


千光寺山から市街地を眺めて見ましたが、川の様に細長い海峡「尾道水道」を行き来する船や、画像中央のJR山陽線を轟音と共に走る貨物列車らが、巨大なジオラマに思えて来ますネ。絶景かな絶景かな!

広島県東部(備後地方)最大の観光地・尾道市へ参りました。ココへはもう何度も何度も訪ねて居りますが、流石に全国に名の知れた観光地だけ有って、何度訪ねても飽きぬ魅力がございますナ。見事なモンです。

尾道と云えば、東西に細長く延びる市街地の蓮後に聳える「千光寺山公園」からの眺望が抜群で、ソコから眼下を見ると、市街地に並行して細く延びる海峡「尾道水道」を行き来する、渡船がまるでオモチャの様。

また尾道水道を挟んで本州と対峙する、「向島」の背後に繋がる幾多の島々まで良く見えて、もう少し体力さえ有れば・・島伝いに四国まで渡ってしまいたい位。ソレにしても、一体幾つの島々が在るンでしょうかネ?

水平線の彼方までナニも見えない太平洋側で育った私メにゃ、至る所島だらけの瀬戸内は実に興味深く、眺めの良い所からソレをボーっと見てるだけで、正直何時間だって過ごせる。見てて少しも飽きませんゼ。


上の画像は千光寺山公園から東側を見たモノですが、コチラは西側の風景。ご覧通りに大きいの小さいのイロんな島が点在してまして、あぁドレかに渡ってみたい!同じ様にボーっと眺めてる人は結構居ました

以前、愛媛県から広島県へ向かう某フェリーボートに乗った時。その航路は数年前に廃止されちゃてますが、船に乗ってるとひたすらヒマなんで私ぁデッキに立ち、ただボーっと海を見て居ったとお思い下さいませ。

ちょうど黄昏時の便で、四国を出た時は明るかったのに、本州が近付くにつれて暗く成って行き、通り過ぎる島影に灯りが点り出した。無住じゃない島が多いンで、当然と云えば当然の風景ナンですが、私ぁ驚いた。

「あの島にも人が住んでるンだ」。昼だと住人の気配が判らンのに、暗く成って来ると家々に灯りが点るンで、人が住んでる気配を確かに感じられますナ。ソレを見て何だか無性に嬉しく成って、涙を零した覚えが。

ナニも泣く程の事でも無い様な気もしますが、恐らく長旅の疲れで心が弱ってたンでしょう。千光寺山から遠い島々を眺めながら、フトそんな事を想い出したのはやっぱ今、心がチョット疲れてるからナンでしょうか。


「誰でも疲れてる時は感傷的に成りがちで、特に黄昏時はソレが酷くなるモンだ。仕方無ぇよ」と、某師匠から御高説を伺ったコトが有りましたが、黄昏に映える無数の島影を見てますと、如何にガサツな講釈師だって・・繊細な詩人っぽく成ったりしますナ。瀬戸内はヤバイですヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「広島県尾道市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「おのなび」尾道観光協会HP
★「まいぷれ尾道」鉄道広告HP
★「尾道水道」ひろしま文化大百科HP
★「尾道に行ったら必ず行きたい 千光寺は春夏秋冬見所満載」尾三ワンダーHP
★「尾道、千光寺公園展望台より」瀬戸内たいたいCLUBブログ
★「しまなみ海道観光マップ」瀬戸内しまなみ海道振興協議会HP
★「広島県の瀬戸内海 島巡りツアー!」広島ニュース・食べタインジャーHP
★「瀬戸内海には島がいくつあるかな?」せとうち情報局・第六管区海上保安本部HP
★「尾道銘菓 鯨羊羹」お菓子司 中屋本舗HP

★「御菓子司中屋本舗の鯨羊羹」尾道絶品通り・しまなみ海道御楽にHP

(関連する記事)

★「961 【スイーツ53】坂だらけの街・尾道と『焼きたてワッフル』」
★「962 【お魚料理52】狭い海峡と細長い街と硬い『デベラ』・・尾道」
★「963 【粉なモン17】小冊子を貰いに因島まで、そして名物『いんおこ』を」
★「964 【名物パン74】頑張れ因島!と『オカノパン』」
★「1189 【麺類色々80】尾道の『天ぷら中華』『カレー中華』」
★「1190 【名物パン99】向島の『ねじりパン』と『ミルクセーキ』‥尾道」
★「1191 【お肉料理30】『ブロイラー』と千光寺山からの絶景‥尾道」
★「1320 【お魚料理73】尾道大橋の無料化と『極上えび味噌』」
★「1938 【スイーツ134】海峡を見下ろす山で『レモン大福』を・・尾道」
★「1939 【粉なモン33】夜の海辺で『尾道焼き』を」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(瀬戸内には大小三千以上もの島が在り、広島県が一番多い様です)


尾道は古くから栄えた港町だけに名物が多いですが、江戸時代から有名だったのが「鯨羊羹(鯨餅)」。白い外郎の上に黒い羊羹を薄く載せ、クジラの脂身と表皮を再現したモノですナ。一旦消滅しかかったソウですが、幸いにして尾道の老舗・中屋サンが製法を継承して呉れてます




| 2014.12.04 Thursday (00:15) | えぇじゃろ広島備後 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.18 Sunday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS