きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2002 【お米料理155】「元祖えびめし」と懐かしきセゾン信仰・・渋谷 | main | 2004 【麺類色々158】早大生の街で「釧路のスパカツ」を・・高田馬場 >>
2003 【お米料理156】凋落する代々木で「丼太郎の牛丼」を


JR山手線・代々木駅と云えば、やっぱり大学受験予備校の「代々木ゼミナール」ですヨ。かつては三大予備校と呼ばれましたが、時代の流れに付いて行けなかった?来年度から経営規模を大幅縮小するそうナ


二十三区内のJR線で、区名の付いてる駅は「品川」「目黒」「渋谷」「新宿」「中野」の各駅に、拙宅ソバの「板橋」駅の六駅在りますヨ。尤も駅名と所在する区名が一致するのは渋谷と中野のみで、他は違いますネ。

例えば品川駅は港区、目黒駅は渋谷区に在って、駅名と区名が全く一致しとらん。また私メが良く使う板橋駅は「板橋・豊島・北区の境界線上に在る」と云うヤヤコシイ駅で、辛うじて駅長室は板橋区に在るらしい。

そして新宿駅は・・境界線のギリギリ新宿区側に在ったのに、今世紀に入って駅の拡張工事の為、少しずつ渋谷区側に浸食し始めてるとか。その浸食されてる部分は渋谷区最北部、昔で云う「代々木村」ですナ。

この代々木と幡ヶ谷・千駄ヶ谷・渋谷の四ヶ村が、昭和七年(1932)に合併して出来たのが「東京市渋谷区」。つまり只今の東京都渋谷区で、合併当時は静かな郊外だったとか。今の代々木から想像出来ない!



代々木駅から南へ伸びる道は、明治神宮の「北参道」。同神宮の南に在るのが有名な「表参道」ですから、北側は「裏参道」とも呼ぶ様ですナ。実際、画像の山手線が走るガードは「裏参道架道橋」ナンだとか

そんな山手線の一つ隣りの駅が「代々木駅」。両駅間は公称七百mとされてますが、ホームの端っこが互いに良く見える!昔はもう少し遠かった筈ですケド、新宿駅が拡張される度にドンドン近く成ってく様な気が。

ですが如何に近く成っても、華やかな新宿に対して、代々木は薄暗い雰囲気が漂ってた街ですヨ。ナゼって?そりゃ勿論「代々木ゼミナール」が在るから。現役は兎も角、受験浪人の闊歩する街が華やかで堪るか!

私ぁ幸い浪人せずに済みましたが、受験勉強で代ゼミに頼った口。駿台予備校・河合塾・代ゼミが三大予備校で、一流大学に受かる為にゃ、このドレかに頼るのが常識だった時期が長らく続きましたヨ。懐かしいナ。

処が栄枯盛衰は世の習いで、最早そんな時代じゃ無いンですナ。少子化と受験多様化に対応し切れず、代ゼミは来春から全国展開してた校舎の七割を閉鎖する事に・・。代々木の雰囲気も変わるンでしょうか?


北参道を通って神社本庁の隣りから、いざ明治神宮の杜の中へ。外と違ってココは広葉樹が多いンで、初冬と思えぬ深い緑色。九十年ほど前に、全国から三百六十五種・約十万本の献木を集めて作られた「百五十年の構想を持つ人工の森」で、基本的に花は植えられてません

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都新宿区高田馬場」への訪問記です★

(参考リンク)

★「Shibuya is Convenient!」渋谷区観光協会HP
★「代々木1ばん.com」代々木商店街振興組合HP
★「明治天皇と昭憲皇太后をおまつりする神社です。」明治神宮HP
★「北参道」明治神宮を参拝HP
★「渋谷区化する新宿駅」night and sundial ブログ
★「志望校が母校になる。」代々木ゼミナールHP
★「代々木ゼミナールが凋落した理由について検証する」木走日記ブログ
★「代ゼミの『下剋上精神』を潰すな」猫ギターの教育論ブログ
★「みんなの大好きな代ゼミについて語りましょう。」代ゼミ・ブログ
★「牛丼太郎が全店閉鎖→経営会社が変わる→看板から強引に『牛』だけ消して丼太郎に改名→キャラも同じ()」ロケットニュース24HP
★「代々木・丼太郎 代々木店(旧牛丼太郎)」全国ノスタルジー探訪ブログ

(関連する記事)

★「696 【鳥人列伝05】初めて空を翔んだ二人の大尉殿」
★「978 【東京十社15】遂に満願!明治神宮と『ラオス風焼きそば』」
★「1060 【国内で海外旅行07】東京ジャーミィにコーランは轟く」
★「1297 【お米料理85】桜咲く播磨坂で『さよなら牛太』‥小石川
★「1541 【お米料理107】『たつ屋の牛丼』と夜の歌舞伎町」
★「1604 【お米料理110】『開化丼』と都知事選と師走の新宿」
★「1927 【お米料理147】批評と誹謗と『とり丼』と・・新宿」
★「1996 【保存食品51】イルミネーションと『はっさくマーマレード』・・表参道」
★「1998 【お米料理153】夜の銀座で『さよならデフレ牛丼』」
★「2002 【お米料理154】『元祖えびめし』と懐かしきセゾン信仰・・渋谷


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(真面目な駿台・河合と違い、代ゼミは雑然としてて楽したかったです)


何日か前に、吉野家の牛丼値上げの話題を申し上げましたが、ソレよりもっとデフレな牛丼が代々木に在りますヨ。それこそ懐かしの牛丼太郎の生き残り「丼太郎・代々木店」で、僅か二店しか生き残れなかったウチの片方ですナ。牛丼の並だったら「脅威の二百六十円」で、味噌汁付きのハイパーデフレ!ソレで居てナンとか食べられる味に成ってるから、流石に牛太!いや今は丼太か!何時までこの値段で戦えるかしらん




| 2014.12.18 Thursday (00:15) | 渋谷・目黒・世田谷区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.11.14 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS