きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 018 【名物パン01】やっぱ法事はパンじゃないと!! | main | 020 【お魚料理01】浜田行き寝台特急と「赤天」 >>
019 【スイーツ01】ひょっとこ達の終わらない宴

可愛い可愛いひょっとこサン、これが山陰銘菓「どじょう掬いまんじゅう」

「法事用パン」のナゾを探りに、私メが安来市に行ったのは前回ご紹介したンですが、安来といえば御存知「安来節」です。勿論たたら製鉄やハガネの町としても有名ですが、あらエッサッサ!!やはり「どじょう掬い」の安来節です。

浅草の浪曲定席「木馬亭」の高座に、私メは講談ながらも時折上がらせて貰うンですがその二階。今は大衆演劇専門の小屋となってますが、実はココは元々あらエッサッサ!!安来節を年中やってた劇場だったンだそうです。

現在でも安来には安来節家元の先生が居られ、「安来節演芸館」を構えて後進の育成と普及に励んで居られるンですが、そちらに参って勉強するという殊勝な心構えを持たない私メでして、興味は別のモンに向かったンですよ。

ではナニに向かったか・・。それは上下に写真のある山陰銘菓「
どじょう掬いまんじゅう」にです。筑豊銘菓「ひよ子」と似たようなモノと考えれば早いンですが、「ひよ子」では背中の部分が、「どじょう」の方では顔になってる・・。


オリジナル以外にも、イロんな味がございますのよ。あらエッサッサ!!

この「ひよ子」的なお菓子って、方々にありますよねぇ。むかし東京にもロバ製菓の「ぽんぽこ」という、「ひよ子」的なお菓子がありました。ロバ製菓はバブル期に本業以外のコトに手を出して倒産し、消滅してしまいましたが。

「うなぎパイ」的な「元気なお菓子 どじょうパイ」を同じ会社が出してますが、この「どじょう掬いまんじゅう」の材料には、残念乍ら泥鰌は入っていないようですねぇ。オリジナルの白餡あじ以外にも、イロんな味があるらしい。

島根県と鳥取県が固く手を結び、山陰の「イイトコだけ」を集めた「20世紀梨あん」まで有りまして、むしろ「ひよ子」よりも美味しかったような・・。その他信玄餅的な「大風呂敷」や、温泉饅頭的な「ふろしき饅頭」も有りました・・。

ウチの嫁さんはどうやら泥鰌を食べたコトが無かったようでして、宍道湖の水都・松江で山陰の海の幸と共に「泥鰌のから揚げ」を食べたンですが、嫁さんは「泥鰌の祟り」に遭ったらしく、食い過ぎで苦しんでおりましたとさ。

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ
↑↑ 押してもらえると更新する張り合いが出ます ↑↑

★次回は「島根県浜田市」への訪問記です★

(参考リンク)
★中浦食品株式会社HP 
http://www.nakaura-f.co.jp/meika.html
★山陰海鮮「炉端かば」HP 
http://www.robata-kaba.jp/

(もう一回くらい、山陰根多が続きそう)



| 2009.11.15 Sunday (10:12) | 島根が左・鳥取が右 | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.01.26 Sunday (10:12) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS