きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2028 【麺類色々161】大階段イルミネーションと「京都ラーメン」・・京都駅 | main | 2030 【お米料理161】「皿盛」とスッキリした祇園・先斗町 >>
2029 【名物パン220】氷雨ふる嵯峨嵐山で「カスクート」を

昨日のお昼頃、お陰様で19万PVを突破出来た様です。コレからもご覧戴けます様に願います

京都・嵯峨や嵐山の一番判り易い風景と云えば、桂川に架かる「渡月橋」ナンでしょうナ。観光シーズンともなれば大変な雑踏と成りますが、何しろオフシーズンで・・誰も歩いちゃ居ねぇヨ。満喫させて貰いました

正月明けの京都市を訪ねる私メでございます。この正月の京都は実に六十一年ぶりの大雪で、街中でも二十cmを超えたとか。訪ねる前にお宿に電話したらば、「エライ大雪やから気ぃ付けて」と言われましたナ。

処がイザ洛中に入ったらば、その日の昼間が暖かだったンで粗方溶けちまったとか。私ぁ雪の京都を楽しみに、折角スノトレ履いてったのに・・ならば歩き易い靴にしとけば良かった。ドッカに雪は残って無いのか?



嵯峨にゃ沢山の有名寺社が在りますが、その筆頭は京都五山第一位の「霊亀山天竜寺」サンですナ。その総門(山門)を潜ると長い参道が在りますが、私メ以外誰も歩いちゃ居らんゾ!天竜寺を独り占めしてます

もちろん鞍馬や比叡の山深くだったら沢山在ンでしょうが、ソレじゃ雪見じゃ無くて雪中登山に成っちまう。何もソコまで求めとらンので、ならば嵐山や嵯峨界隈だったら残ってるかも。時間の有効活用で朝行こう!

てな訳でお宿近くのJR京都駅から、通学客で一杯の山陰線電車に揺られて十数分で嵯峨嵐山駅へ。普段なら観光客が溢れる、駅前の土産物屋街もガ〜ラガラ。正月明けの平日朝八時前、こんな阿呆まず居らん。


右手の建物が天竜寺の「法堂(はっとう)」で、玄関奥に有名な「達磨の衝立図」が見えてますナ。拝観はココから入る訳ですが、やっぱりこの日最初の参拝者と成りました。こう云うのってナンだか嬉しく思えます

地元の通勤・通学客が時折通るだけで、観光客なんて私メ以外誰も居らん。こんなに空いてる嵯峨・嵐山ナンて初めてだから、目一杯楽しンで参りますか。てな訳で無人の渡月橋を一往復って、完全な馬鹿です。

処が桂川の北岸(嵯峨)にも、南岸(嵐山)にも雪が殆ど無い!ま、暴れても仕方ないンで目的を切り替え、少し遠いけど化野の辺りまで行ってみましょうか、ヒョッとしたら雪が残ってるかも知れンし・・未練がましいネ。



法堂裏の「大方丈(天竜寺最大の建物)」から、曹源池や庭園をボーっと見てましたら他の観光客がチラホラと。この時まではお天気が保ってたンですが、天竜寺を出た途端に強い氷雨に成って、全くワヤやがな

他の参拝客が来とらん天竜寺で静寂を暫し楽しみ、禅宗の説く「無の境地」とはコレかナと暫し勘違いし、化野目指してもう少し歩こうかとした途端に冷たい雨!コリャ折り畳み傘じゃ小さ過ぎて、余り役にゃ立たんヨ。

ま、何度も訪ねてますし、雪見ならぬ氷雨で風邪引いたンじゃ洒落に成らンので、潔く今日は撤退!でもシーズンオフの朝は呑気に歩けるし、土産物屋の五月蠅い呼び込みが居ないンで良いと気付いた私メです。


化野の手前から駅へ戻る途中、暫し雨宿りさせて戴きました「嵯峨釈迦堂」こと、寛和三年(987)建立の古刹「五台山清凉寺」。光源氏のモデルとされた、左大臣「源融(みなもとのとおる)」卿の別荘跡ナンだとか
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「京都府京都市東山区祇園」への訪問記です★

(参考リンク)

★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「嵐山・嵯峨野」京都市観光協会HP
★「京の橋のこだわり 渡月橋」日本土木工業協会HP
★「歴史の寺 史跡・特別名勝」臨済宗天竜寺派大本山 霊亀山天竜寺HP
★「霊亀山天竜寺」臨黄ネットHP
★「京都五山」佛教ネットHP
★「清凉寺(右京区)」京都風光HP
★「源氏物語 モデルになった源融について」京都散策 平家物語HP

★「京都市中京区で61年ぶり20センチ超える積雪」産経新聞WEST・HP
★「KYOTO Shizuya」志津屋HP
★「京都人に愛され続ける"志津屋"のパン」杉本彩のBeautyブログ

(関連する記事)

★「681 【お肉料理14】天神サマと五番町夕霧楼と『松葉焼き』」
★「682 【呑みモン22】西陣の不思議神社と『冷やし飴』」
★「711 【名物パン50】新撰組と「ニューバード」‥京都壬生」
★「712 【団子饅頭24】西院ってドウ読むの?」
★「792 【名物パン57】地名連称の老舗と名物パン『カルネ』‥出町柳」
★「2028 【麺類色々161】大階段イルミネーションと『京都ラーメン』・・京都駅


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(嵯峨や嵐山に関しては、私ぁハッキリ言って『雨男』だったりします)


平日朝の嵯峨や嵐山界隈に、ロクな食い物屋が無いのは判ってますンで予め、JR京都駅八条口の京都名物「志津屋」でパンを勝っておいた私メ。ハード系からソフトなのまでイロイロ有りますが、京都人のソウルフードとされる「カルネ()」と「カスクード・ミニ()」を一つずつ。丸いバゲットにハムとオニオンスライスが挟まれたカルネは以前ご紹介しましたが、細長いバゲットにハムとチーズを挟んだカスクードは初めての筈。この倍の長さのも有りますが、一人じゃとても食べ切れン!なのにドンドン食べたく成る、不思議な味ですナ。ドッカ途中で食べる心算でしたが、生憎の氷雨でソウ云う訳にも行かず、帰りの電車内で食べましたヨ




| 2015.01.10 Saturday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS