きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2040 【名物パン222】豪雪降る十日町で「サンドパン」を | main | 2042 【お魚料理96】暴風雪の親不知で「たら汁」を‥糸魚川 >>
2041 【麺類色々164】暴風吹く直江津で「和風中華」を


遂に日本海に辿り着いちゃいましたが、洒落に成らない暴風・・耳が千切れるかと思う位であぁ寒い!立ってるのすら大変で、涙は出るわ鼻水は出るわ・・人に見せられない状況に。冬の日本海は狂暴ですゼ

厳冬期の新潟県を旅する私メです。積雪が既に二m近くに達した魚沼地方に辟易し、海が見たいと参りましたのは上越市の直江津区。新潟県西部の交通の要衝で、人口は二万ほど・・ってソレしか居らんのか!

上越市自体が「越後国府の在った港町・直江津市」と「越後最大の城下町・高田市」が昭和四十六年(1971)に合併して出来た市で、平成十七年(2005)に周辺の十三町村を吸収し、全体の人口は二十万ほどに。

但し面積は佐渡島より広く成っちまい、ソレじゃ不便だと全国初の「地域自治区」制度を導入。旧上越市も含めて、二十八区に分けたンだとか。全国の政令指定都市の行政区や東京特別区とは、同じ区でも違う区。

コレだけ細かく分けますと、三m近くも積雪の在る山中の区から、雪が殆ど積って無い直江津区まで随分な違いが・・。豪雪の魚沼を走り抜けた電車の終点・直江津駅は、雪だらけの新潟県なのに雪が全く無い!


上杉謙信公の築いた「御館(おたて)」跡を訪ねたのが、直江津に来た理由の一つ。謙信公の跡目を巡って上杉景勝公と景虎公、二人の養子が激しく争った「御館の乱」の現場なのに・・児童公園に成ってます

全く無いと言う訳じゃ有りませんが、日陰に多少積み重ねられてるだけで、街中は殆どドライに成ってる様な状況。ココから南へ約六km行った高田城下は八十cmほど積もってるらしいですが、直江津はほぼゼロ。

こんな至近でそんなに違うとは!地形と風の影響だソウで、少し内陸の高田と違い、海沿いの直江津は日本海からの風が強過ぎて、雪が「積もれない」らしい。例え積ったとしても、多くて二〜三十cm程度だとか。

余りの風の強さで、帽子なんてとても被っちゃ居られン。しかもコレが冬の間はほぼ毎日だってンだから、いやはや凄い街ですナ。豪雪エリアも在れば、こんな暴風エリアも在って・・上越市って変化に富み過ぎてる。

ま、融雪パイプの為にベシャベシャに成った道を歩くよりは、前傾姿勢で風と闘い乍ら進む方が多少はマシかも。但し寒さに関しては、雪が降ってるトコの方が幾段かマシな・・。冬の日本海側はホント大変です。


直江津が交通の要衝たり得るのは、いよいよ三月十三日まで。その翌日に開業する北陸新幹線はもっと内陸を通るソウで、頻繁に走ってるアクセス特急「はくたか」は全廃されちまうとか。直江津駅のホームを出発する金沢方面行きの特急の姿が見られるのも、残り僅かですナ
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「新潟県糸魚川市親不知」への訪問記です★

(参考リンク)
★「上越観光ネット」上越観光コンベンション協会HP

★「直江津区」上越市役所HP
★「古い町並み散策・上越市直江津」風に吹かれてぶらり小さな旅HP
★「上杉憲政と御館」天地人ゆかりの地を行く・NHK新潟放送局HP
★「北陸新幹線『上越妙高駅』開業!」新幹線まちづくり推進上越広域連携会議HP

★「北陸新幹線で行こう!」北陸・信越観光ナビHP
★「現行の特急『はくたか』『北越』廃止へ」上越タイムスHP
★「上越と富山にしかない『和風中華』!?」上越タウンジャーナルHP
★「直江津駅 和風中華」快速べるのブログ

(関連する記事)

★「581 【お魚料理30】大自然の驚異!未だに雪で通行止め」
★「582 【揚げモン15】『生贄にされた男』と『天麩羅にされた烏賊』」
★「583 【名物パン44】豪雪対策とサンドパン・・高田」
★「691 【麺類色々41】直江津の『和風中華そば』」
★「1228 【団子饅頭49】雪の雁木の街と名物『中香』‥高田」
★「1229 【スイーツ69】『色付き寒天』とモノトーンの城下町‥高田」
★「1230 【名物パン108】『パインクリームサンド』と安寿と厨子王‥直江津」
★「2040 【名物パン222】豪雪降る十日町で『サンドパン』を


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(私ぁ太平洋側の人間ですから、やっぱ太平洋側の方が良いですネ)


余りの暴風の為に身体がすっかり冷え切ってしまい、何でもイイから暖かいモンが食べたい・・そうだ直江津名物「和風中華」を食べに行こう!ただ元祖の「つかそば」まで身体が持ちそうも無いンで、JR直江津駅直ぐそばの「直江津庵」なる駅蕎麦へ。立ち食いうどん・そば用のお汁に、中華麺を入れただけのシンプルなモノですが、なぜか昔からコレが直江津の名物の一つだソウでして・・ネ。お蔭で身体はすっかり暖まりました




| 2015.01.22 Thursday (00:15) | 長いぞ新潟は!上越 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.24 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS