きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2057 【麺類色々166】「高岡ちゃんぽん」と新幹線の影響 | main | 2059 【麺類色々167】「富山ブラック」と雪夜のイルミネーション >>
2058 【スイーツ147】大雪降る高岡城で「福梅」を

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

桜の名所として知られる「高岡古城公園」も、流石に今は雪の中。ですがお堀瑞の木々の枝に上手い具合に雪が付き、何だか桜が咲いてる様に見えなくも有りませんナ。尤も気温はほぼ零度・・ホント寒いです

厳冬期の富山・高岡市に参った私メです。同じ北陸地方でも石川・金沢市は降って無かったのに、JR高岡駅に着いたらトンでも無い大雪で、ソレでも折角来たンだからと寒さを堪えて、街中を歩き廻ってみましたヨ。

そんな高岡はナンとも不思議な城下町。お堀付きの立派なお城が街中に在るンですが、公的には廃止されて無かった事にされてたと申しますナ。コレぞ日本最大の大名・前田家の生き残り策の一つだった訳です。

前田家は俗に「加賀百万石」とか申しますが、加賀国(石川県南部)だけじゃ無く、能登国(石川県北部)・越中国(富山県全て)も領地にし、最大時は百二十万石も有ったとか。二つの分家藩を作ったンで、百二万石に。


その百二十万石の殿さまが、二代藩主の「前田利長」公と云うお方。有名な前田利家公のご長男で、お父っサンと一緒に戦国時代を駆け抜けて、前田家を大々名に押し上げた功労者。ソコら辺のボンボンと違う。


古城公園の中心、旧本丸跡に鎮座するのは越中国の一宮「射水(いみず)神社」。明治八年(1875)に遷って来たソウですが、私ぁお城ン中に在る一宮を初めて見ました。そもそもの創建は奈良時代以前だそうナ

関ヶ原合戦を乗り切って百二十万石の大領を得た五年後、弟に藩主を譲って隠居の身と成りますが、大人しくお茶を啜ってた訳じゃ無い。富山城を改修してソコを拠点に、加賀藩の東半分の統治に取り組みますヨ。

処が火事で富山城が焼け、代わりの隠居所として作ったのが高岡城だとか。流石の大々名で、庶民とスケールが違いますゼ。こりゃ利長公だから許された事で、当り前の大名じゃ幕府が認める訳が無いですケド。

領地が何しろ広いンで、支配拠点かつ軍事拠点を増やしておこうと云う考えだったンですかネ?何しろ利長公が亡く成った後も、幕府には廃城にしたと届けて置きながら、城の機能はそのまま維持し続けたらしい。

だから高岡は城下町で在りながら、城下町じゃ無いってぇ不思議なコトに。ですが街の造りは立派な城下町そのモノで、雪に埋まった古城公園も見事なモノ。尤も大雪の中、公園の中でスレ違う人は皆無でしたが。


日本三大大仏の一つと称する「高岡大仏」は、高岡銅器の職人たちが技術を結集して昭和八年(1933)に鋳造されたとか。高さが約五m以上のモノを大仏と呼ぶソウで、約十六mの阿弥陀如来坐像は立派な大仏さま。露天に座って居られるので、随分寒そうに見えてしまいます
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「富山県富山市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「たかおか道しるべ」高岡市観光協会HP
★「高岡市はどんなところ?」高岡観光どっとこむHP

★「高岡古城公園公式ウェブサイト」高岡古城公園管理事務所HP
★「高岡城」城めぐりチャンネルHP
★「利長と高岡」デジカメ散策記HP
★「越中総鎮守一宮」射水神社HP
★「高岡大仏」いこまいけ高岡HP
★「知られざる北陸の食 福梅」自然人.net HP
★「"福梅"−−金沢・高岡」めぐり逢うことばたちブログ

(関連する記事)

★「664 【お魚料理35】灼熱の高岡に素敵な街並みを見た」
★「665 【揚げモン20】コロッケとお城と路面電車と‥高岡」
★「733 【お魚料理38】『ハットリくん』と『プリンス』の街‥氷見」
★「1514 【麺類色々106】雷雨の城下町と『8番らーめん』‥大聖寺」
★「1536 【調味料類17】偉大なる二代目と『コロッケソース』‥高岡」
★「1537 【お魚料理78】根強い反感と『とやま昆布〆』‥富山市」
★「2055 【スイーツ148】『焼まん』とステンドグラス輝く神社・・金沢」
★「2057 【麺類色々166】『高岡ちゃんぽん』と新幹線の影響


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(どうやら高岡は、富山市ほど『金沢への反感』が強くない様ですネ)


同じ前田ご本家の領地と云う事で、金沢で見掛けた「福梅」が高岡でも売ってましたヨ。前田家の家紋「剣梅鉢」を模ったモノで、少し硬めで甘みの強いつぶ餡の入れられた最中。金沢や高岡では、師走から一月末まで好んで食される縁起物だとか。白梅と紅梅の二色有りますが、雪深い北陸で本物の梅が咲き始めるには、もう少し時間が掛る様です




| 2015.02.07 Saturday (00:15) | 富山にまた来られ! | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.23 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS