きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2090 【お米料理168】「あさりチャーハン」と井の頭池・・吉祥寺 | main | 2092 【麺類色々172】マッカーサー道路と「台湾麺線」・・西新橋 >>
2091 【調味料類26】「超高級マヨネーズ」とキューピーたち・・調布

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

「キユーピーショップ」は昨年九月に東京・調布市の「仙川キユーポート(キユーピー千川工場跡)」に出来た、キユーピー製品のアンテナ店。マヨネーズ以外にも「キユーピー」グッズが揃ってて、楽しいトコでした

好みは人それぞれに有るモノで、意見が合わず相容れず、険悪な関係に成ったりするコトがございますナ。大抵ソレは些細な違いで、傍から見てると「ドッチでもイイじゃん」と思えますが、当のご本人達にゃ大問題。

収拾が付かずに喧嘩に成ると困りますが、思想・信教・言論の自由が憲法じゃ保障されてますから、相手が法を犯さない限り、どんなに納得が行かなくても尊重せにゃ成りません。不法行為なら訴えるべきですが。

怒りの沸点の高い日本人が、簡単に激昂しちまうのは「食べ物」に関する問題。国が豊かなればこその悩みでしょうが、各自の好みから来る味付けや調理法の違いでイガミ合い、相手を腐すのはやっぱり良く無い。

とは云え、譲れない一線が在るのも事実で・・私ぁココに宣言します「マヨネーズはキユーピーに限る!」。味の素サンや他メーカーのはドウも好みじゃ無い。「あの酸っぱさがイイ!」コレだけは絶対に譲れません。


ショップにゃ沢山の「キューピー人形」が居ましたが、人形は小文字の「ュ」・マヨネーズは大文字の「ユ」を使うって知ってました?この子達は明治四十二年(1909)アメリカ生まれで、世界中で親しまれてます


大正十四年(1925)春に、国産初のマヨネーズとして「食品工業株式会社」が売り出したのが、現在のキユーピーマヨネーズ。因みに味の素マヨネーズは昭和四十三年(1968)発売開始ですから、随分と後発です。

何しろ馴染みが無いンで初めは余り売れず、戦争中は原料不足で製造出来なかったとか。戦後に成って普及し出しますが、「儲かるンならウチも作ろうか」とマルハやニッスイ等々が、マヨネーズを売り出しましたヨ。

ですがキューピーちゃんは頑張った!他社との競争を勝ち抜いて、会社自体を買おうとした(らしい)味の素サンにも負けないで、戦前からの酸っぱい味を守り、家庭用のシェアは七割も有るンだとか。圧倒的じゃん!

正直コリャ馴れの問題で、私ぁキユーピーで育ったから死ぬまで愛用し続けます。味の素マヨで育った人の御意見も尊重しますから、喧嘩しない様にしましょうネ。但し幾ら説得されても、味の素のは要りませんが。


キユーポートの在るのは、京王電車「仙川駅」のすぐ近く。駅前商店街を歩いてみましたが、掛ってるフラッグは調布市に本拠地を置く、サッカーJリーグの「FC東京」のモノ。地元だからコリャ当然の事だし、微笑ましい感も有りますが・・その本拠地球場は「味の素スタジアム」。一体ドウ云えば良いのやら・・複雑ですネ。とにかくキユーピー頑張れ!


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都港区西新橋」への訪問記です★

(参考リンク)
★「調布観光ナビ」調布市観光協会HP
★「調布市地域情報ポータルサイト」ちょうふどっとこむHP
★「ハーモニータウンせんかわ」仙川商店街協同組合HP

★「愛は食卓にある。」キユーピーHP
★「キユーピーショップ」キユーピーHP
★「おしえて!キユーピー マヨネーズのこと」キユーピーHP
★「あなたはキユーピー派?味の素派?」教えて!gooウォッチHP
★「キユーピーマヨネーズをつくった男"味の素との戦い"」山形apronブログ
★「米アマゾン部門売り上げ1位 キユーピーマヨネーズ大人気」ライブドアニュースHP
★「キユーピーマヨネーズ90周年」キユーピーHP
★「予約で完売続出の『キユーピー卵を味わうマヨネーズ』を一足先に食べてみた」Gigazine HP

(関連する記事)

★「1377 【調味料類15】ファーブル昆虫館と『甘いマヨネーズ』‥千駄木」
★「1675 【お魚料理88】新撰組・近藤勇と『新島のくさや』・・調布」
★「1676 【スイーツ107】国立天文台と『天文学量のチョコ』・・三鷹」
★「1787 【調味料類22】あじさいと『キムチマヨネーズ』・・白山」
★「2026 【お肉料理63】二十四番目の区で『チキン南蛮』を・・三鷹」
★「2037 【麺類色々163】お散歩ついでに元祖『油そば』を・・武蔵境」
★「2049 【名物パン225】玉川上水と『紀ノ国屋のドイツパン』・・三鷹」
★「2069 【名物パン227】井の頭公園と『紀ノ国屋のイギリスパン』・・三鷹」
★「2090 【お米料理168】『あさりチャーハン』と井の頭池・・吉祥寺

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(甘かったり辛かったり、『珍しい味』なら他メーカーでも買いますが)


アメリカ国内のアマゾンでも「キユーピーマヨネーズ」は人気トップの調味料の様ですが、今年は発売開始から九十周年!復刻ラベル版瓶入りマヨネーズ(左下)と、限定発売されたばかりの「卵を味わうマヨネーズ」をキユーピーショップで買って参りました。瓶入りの中身はチューブ入りマヨと全く一緒だソウですが、店員さん曰く「瓶は酸素を通さないンで、味がナゼか違う」ンだとか。そして圧巻なのが「卵を〜」で、定価はナント千二百五十円!コレほど高価なキユーピーが有るとは夢にも思いませんでしたが、一般じゃ売らない珍しいモノだとか。店員さん曰く「ムチャクチャ濃厚で美味い」らしく、「付け合わせじゃ無く、コレを主役として食べて欲しい」との事。値段分、ジックリ味わいたいと思います




| 2015.03.10 Tuesday (00:15) | たまタマTAMA多摩 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS