きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2095 【名物パン232】練馬まで歩いて「練馬大根パン」を | main | 2097 【今川焼き24】「都電焼き」と都電の走る街・・大塚 >>
2096 【お米料理169】「松屋の牛めし」を一号店で‥江古田

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

西武線・江古田駅は「旧制武蔵高校」の為に開設された駅で、同高校は「新制武蔵高校」や「武蔵大学」に成ってます。因みに旧武蔵は日本初の私立高校(七年制)、現武蔵は国内でもトップ級の超進学校ですヨ

コレまでに約二千百本の記事を書き、五年以上も毎日更新して居ながら、拙宅の在る東京・板橋区のお隣りの練馬区のソレを、昨日初めて書いた私メでございます。避けてた訳じゃ無いけど、ドウもご縁が無くて。

処が昨年暮れから「青空療法」と称して都内各地を毎日十kmほど歩き廻る様に成り、拙宅から歩いて面白い方向は大体行き尽した?だもんでコレまで歩いて行ったコトの無い、禁断の練馬区に向った訳ですナ。

但し練馬区はエラク広く、その東部の「江古田」界隈は昔良く行ってたンで、エラク懐かしく感じますネ。何しろココは東京でも有数の規模を誇る大・学生街で、四年制の大学が三つも西武線・江古田駅の近くに在る。

池袋から三駅目の「江古田」は、読み方が二つ有ってヤヤコシイ。駅名とその北口は「えこだ(練馬区)」と読み、江古田銀座の在る南口は「えごた(中野区)」と読んだりしますネ。ドウ読むかで、出身大学が判るとか。


江古田の特徴は芸術系大学が多いコトで、軟派ゲージツの巣窟「日大芸術学部(画像)」や、真面目な音楽学校「武蔵野音大」が北口に在ります。因みに我が神田一門にゃ、日芸出身の真打ちが二人も居ますゼ

「南口の武蔵大の学生と、北口の日芸や武蔵野音大の学生は読み方が違うンで直ぐ判る」と、武蔵大卒の某弟々子に教えて貰いましたし、日芸卒の某妹弟子も似た様なコトを言ってましたナ。学生街は難しい。

そんな江古田から始まった、全国チェーンが在るンだとか。系列店も含めて千店以上を展開する「牛めしの松屋」が、江古田北口の商店街で産声を上げたのは昭和四十三年(1968)と云うから、私メより一つ上。

昼間は学生向けに牛めしを売り、夜は学生街を離れられない独身サラリーマン向けにカレーや定食を出してたらしく、この頃からの伝統が他店よりメニューの多い松屋に繋がってる様。その一号店は未だ在る!

但し標準的な外装に改装され、以前の「うわぁ古い!」てぇ感じじゃ無く成ったのがチト残念。特別メニューも有りませんが、何かイイじゃん一号店って。牛めしなんて普段は食べないのに、思わず入った私メでした。


画像右に映ってるのが、松屋サンの一号店(江古田店)。元々は江古田の中華料理屋で、創業者がたまたま吉野家の牛丼を食べて感銘を受け、商売替えして始めたと聞きましたが、当時は吉野家も僅か数店しか無かったらしく・・隔世の感が。江古田の学生に支持された味なのネ
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都豊島区大塚」への訪問記です★

(参考リンク)

★「ねりま大好き!」練馬区観光協会HP
★「練馬で頑張ってる人を応援します」ねりまニュースHP
★「江古田地元情報WEBマガジン」えこだ島HP
★「江古田:大学と美容室の街」同HP
★「江古田の謎」われ思う・・こんな日常もありだよねブログ
★「江古田、学生街の変わらない風景」日本経済新聞HP
★「ゼミの武蔵」武蔵大学HP
★「NUArt」日本大学藝術学部HP

★「音楽芸術の研鑽」武蔵野音楽大学HP
★「みんなの食卓でありたい。」松屋フーズHP
★「松屋 一号店 江古田店」本店の旅ブログ
★「実質約3割値上げの松屋の『プレミアム牛めし』と『牛めし』を食べ比べてみた」Gigazine HP

(関連する記事)

★「488 【お米料理31】成増といえば焼肉ライス」
★「929 【お米料理64】満開の桜と洋館と『炙った牛丼』・・池袋」
★「1326 【やきそば126】クレヨンしんちゃんと『焼きそば牛丼』‥春日部」
★「1541 【お米料理107】『たつ屋の牛丼』と夜の歌舞伎町」
★「1871 【お米料理140】築地で元祖『吉野家の牛丼』を」
★「1998 【お米料理154】夜の銀座で『さよならデフレ牛丼』」
★「2003 【お米料理156】凋落する代々木で『丼太郎の牛丼』を」
★「2095 【名物パン231】練馬まで歩いて『練馬大根パン』を


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(因みに我が板橋区は、『モスバーガー』の発祥地だったりしますゼ)


松屋さんも地域によってメニューを変えてる様で、関東の一都六県じゃ「プレミアム牛めし」と云う百円ほど高いモンを売ってますヨ。何がプレミアムなのか良く判りませんが、関東は人件費やらナニやらコストが高いですから・・ネ。三割も値上げするだけの価値が有るのか、悩みます




| 2015.03.15 Sunday (00:15) | 中野・杉並・練馬区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.04.25 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS