きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2101 【麺類色々174】真剣祈願!伊勢内宮と「伊勢うどん」・・伊勢市 | main | 2103 【お米料理171】六十余年の確執と「唐揚げ丼」・・伊勢市 >>
2102 【団子饅頭64】おはらい町で「出世する餅」を・・伊勢市

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

伊勢神宮・内宮の門前「おはらい町」は、「赤福本店」の主導で街並み再生を始め、式年遷宮ブーム以来、ご覧の大賑わいに。ただ・・確かに赤福は美味いけど、列を為して食べる程のモン?東夷にゃ判りません

昨年末からの念願だった伊勢神宮への参拝を済ませ、一気に気分が楽に成った私メです。アレほど真剣に祈ったのは何時以来だったか?思い出せない程に本気モードだったンで、コレできっと良く成って呉れる筈。

何しろ伊勢神宮・内宮の御祭神は、神道の最高神「天照大御神」サマ。全知全能の女神様ですから、悩める寄席芸人の切なる願いをお聞き入れ下さるでしょう。ソウ信じてなけりゃ、三重・伊勢市まで参りませんヨ。

ただ・・式年遷宮ブーム以来、お伊勢さんへの参拝客は余りにも多過ぎて、如何に女神様がスーパーコンピューター以上の処理能力を持ってるとしても、私メのお願いをお聞き入れ下さるのはチョット先でしょうナ。

だから、なるべくお早く「薄皮を剥ぐ様に」して戴ければ・・と思いましょ。もちろん「段ボールをベリベリ破る様に」でも宜しいンですが、急いては事を仕損じるとも申しますンで、慌てずにジックリとお力を戴ければで。


余りの混雑に耐え切れず、おはらい町から退散した私メ。以前は混んでるトコが大好きだったンですが・・ネ。さてお天気も急に晴れたり曇ったりとメチャクチャでしたが、早咲きの桜がキレイで心が和みましたゼ

往きはパスした「おはらい町」へ。昔から日本ほど旅をしたがる人の多い国は無いソウで、江戸時代は物見遊山の連中が大勢歩いて旅してたとか。但し「何らかの大義名分」が無いと、通行手形を発行して貰えぬ。

で、所々の関所でソレを見せる訳ですが、手形の発行名分の第一位は堂々の「お伊勢参り」。今の私メと同じ様に「日本で一番の神様にお願いしよう」と、全国から悩める老若男女がお伊勢を目指して旅しますヨ。

内宮の門前町として迎えたのが「おはらい町」で、戦前まで大変に栄えた様。ですが戦後に寂れだし、昭和の末頃は閑古鳥が鳴いてたとか。ソレを赤福さん主導で激々しく大改革した結果、いやはや凄い大雑踏!


関西から程良い距離の観光地ナンでしょう、ココは。美味そうなモンを売る店が並んでますが、「人混み苦手症」が発動した私メは、少し歩いただけで逃げ出す破目に。女神様、ソコだけは至急治して欲しいンです。


結局、おはらい町通りの裏の「国道二十三号線」沿いに脱出した私メでしたが、観光バスが次々通り過ぎる以外、実に静かな道でしたネ・・あぁ悔しい。余りに悔しいンでお詣りしなくちゃ()と向かったのは、おはらい町通りの入口に近い「猿田彦神社」サマ。神話に出て来る国津神の「猿田彦大神」サマを祀る全国約二千の神社の総本社とされ、伊勢地方はもともと猿田彦サマのご領地だったとか。当然ソレなり以上の扱いを受けて居られる様ですが、聞けば猿田彦サマは「万事最も良い方にお導きに成られる神様!」。「どうか私メを良い方に導いて下さいませ」とお願いしたのは言うまでも有りませんヨ。伊勢は有難いです

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「三重県伊勢市河崎町」への訪問記です★

(参考リンク)

★「えぇじゃないか伊勢の旅」伊勢市観光協会HP
★「伊勢 神話への旅。」伊勢志摩観光コンベンション機構HP
★「伊勢神宮」同HP
★「皇大神宮(内宮)」伊勢神宮HP
★「万事最も善き方へお導きに成られる大神」猿田彦神社HP
★「おはらい町・おかげ横丁」伊勢市観光協会HP
★「伊勢市おはらい町通り」町並み探検HP
★「伊勢市まちなみ保全事業」伊勢市役所HP
★「旅人の大好物!?名物餅」伊勢市観光協会HP
★「伊勢名物 赤福」赤福HP
★「伊勢名物 太閤出世餅」太閤餅HP
★「太閤出世餅」伊勢志摩松阪のOH!土産とおみやげ話ブログ

(関連する記事)

★「171 【麺類色々07】伊勢でうどんは柔かくなる」
★「211 【お魚料理07】『笑門来福』の由来は伊勢市に有る」
★「212 【今川焼き02】ぱんじゅう総本家は伊勢らしい・・」
★「266 【名物パン18】伊勢外宮のかたパン 」
★「267 神道世界の大元〆!伊勢内宮」
★「2017 【お米料理160】半島の尖端で『大あさり丼』を・・伊良湖岬」
★「2100 【名物パン232】食の神様と風の神様と『桃パン』・・伊勢市」
★「2101 【麺類色々174】真剣祈願!伊勢内宮と『伊勢うどん』・・伊勢市

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(お伊勢さんは外宮・内宮の他に、百二十五のお社が在るソウで・・)


内宮の御門前は、おはらい町を含めて「餅屋さん」だらけですナ。赤福の様に餅の廻りに餡子を絡めた「おはぎタイプ」や、ご覧の「太閤出世餅」の様に餡子を餅の中に入れた「大福タイプ」が在りますが、私メの好みは後者の方・・だって口の廻りが汚れませンからネ。赤福前の雑踏から逃げ出して、大鳥居近くの太閤餅サンで休まさせて貰いましたが、コレは名前通りに太閤殿下・豊臣秀吉公に由来するお餅だとか。まだ小身で「猿」扱いされてた頃にコレを食べて大いに気に入り、後に関白に成って伊勢神宮再興をなされた時にも、コレを好んで食べたとか食べなかったとか・・。寛解出来たら私メも、出世が出来ますかナ?




| 2015.03.21 Saturday (00:15) | 三重ってナニ地方? | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.16 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS