きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2106 【スイーツ149】明治神宮で「明治サイコロキャラメル」を | main | 2108 【スナック53】善福寺池と「いぶりがっこポテチ」・・上井草 >>
2107 【名物パン235】コブシ咲く井の頭池と「フィンランドの煉瓦パン」

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

例年より「開花宣言」が二日早かった東京は、純白の桜の花がもぅ満開・・じゃ無くて、コリャ井の頭池の畔で咲く「コブシの花」。蕾こそ大きく成ってますが、桜が咲き出すにはもぅ数日はかかりそうな塩梅でした

毎度の通院の為に、東京・武蔵野市の吉祥寺へ参った私メです。何時まで通わにゃならぬのか全く判りませんが、一朝一夕に良く成りそうな見込みも無いンで、もはや長期戦の覚悟で寛解を目指して居りますヨ。

ソレでも未だに駅から直行出来ず、病院近くの井の頭公園を暫くブラ付いて、「やっぱり行きたくないナ」てぇ気持ちとの鬩ぎ合い。「俎板の上の鯉」の心境に成れるまで、井の頭池を眺めながらベンチで日向ぼっこ。

だもんで、季節の移り変わりが「目で」判りましたゼ。公園内の木々は通院し始めた頃は紅葉だったのに、ソレが舞い散って殺風景な枝だけに成り、日差しは良いけど風が寒くって・・風邪を引きそうで困りましたゼ。

ですが待望の春到来。流石に吉祥寺は都心より多少涼しいンで、井の頭池の畔で咲いてる桜はまだ伺えませんが、どの枝でも蕾がムクムク大きく成ってンのが、座るベンチからだって良く判ります。春だ春だ・・。


高原の湖畔に咲く桜の様ですが、コリャ井の頭公園の「コブシの花」ですからお間違え無き様に。こんな感じに水面へ、枝を大きく張り出して咲くコブシって今まで見た記憶が・・。ココの桜も見たかったンですが

ですがイザ咲き出したら、私ぁ暫くココにゃ来られなく成る。何しろ井の頭公園は、都下じゃ大人気のお花見スポット。池の畔で夜遅くまで繰り広げられるお花見客達の宴会が騒がしいと、毎年問題化する程のトコ。

私メだってソレは嫌いじゃ無い、むしろ大好きだったンですが、昨秋から突然「人混み苦手症」に成っちまって、加えてお酒はドクターストップのかかった儘!花見宴会に参加出来る筈は無いし、恐らく耐えられない。

「お賑やか」が取り柄の寄席芸人にゃ由々しき事態ですが、ドウ転んでも無理なモンは無理ナンで、今年は諦めるしかなさそうですナ。混雑してるトコにゃ近寄らず、お酒抜きで静かに桜を愛でるのもまた一興か。

てな訳で、桜が散るまでは井の頭池に来られソウも無く、また来られる様に成る頃は風景が大分変ってるンでしょうネ。折角「目で」季節の移り変わりを見てたのが、続けられなく成るのが残念で悔しい私メでした。


ドウしても花に目が行きがちですが、ソレより私メを励まして呉れたのは浅緑色した「しだれ柳の新芽」。古くから桜と並び称される春の象徴で、万葉集の頃から歌に詠まれてたとか。春が来たと実感出来ました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都杉並区上井草」への訪問記です★

(参考リンク)

★「むー観」武蔵野市観光機構HP
★「井の頭恩賜公園」東京都西部公園緑地事務所HP
★「2017年に開園100周年」井の頭恩賜公園100年実行委員会HP
★「井の頭池」家康公史跡めぐりHP
★「井の頭公園の過去、現在、そして未来」自然観察の部屋HP
★「白木蓮とこぶしの違いは?3つのポイントで簡単に見分ける方法」ケンズニュース・ブログ
★「こぶしの花かな?@井の頭公園」Nikkiブログ
★「柳(春の季語:植物)」季語めぐり〜俳句歳時記〜ブログ
★「日本中、世界中のおいしさを心を込めてお届けいたします。」KINOKUNIYA・HP
★「なんと半値以下!紀ノ国屋の工場隣接アウトレット@三鷹」LivingむさしのHP
★「ベーカリーショップ♦紀ノ国屋フードセンター三鷹直売店@三鷹」東京モーニング日和ブログ
★「フィンランドのパン『ハパン・ルイス・ヴォッカ』」ザジのブログ

(関連する記事)
★「530 【揚げモン11】吉祥寺で並んでみた」
★「1653 【名物パン174】『スプリッツロシア』でソチよりキチ!・・吉祥寺」
★「1675 【お魚料理88】新撰組・近藤勇と『新島のくさや』・・調布」
★「1676 【スイーツ107】国立天文台と『天文学量のチョコ』・・三鷹」
★「2007 【麺類色々159】井の頭公園と『ホープ軒のラーメン』・・吉祥寺」
★「2026 【お肉料理63】二十四番目の区で『チキン南蛮』を・・三鷹」
★「2037 【麺類色々163】お散歩ついでに元祖『油そば』を・・武蔵境」
★「2049 【名物パン225】玉川上水と『紀ノ国屋のドイツパン』・・三鷹」
★「2069 【名物パン227】井の頭公園と『紀ノ国屋のイギリスパン』・・三鷹」
★「2090 【お米料理168】『あさりチャーハン』と井の頭池・・吉祥寺

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(と云う訳で、今春の花見宴会はご容赦を。来春は参加致しますンで)


井の頭池の畔のベンチにずっと座って逡巡してても仕方無いンで、青空療法も兼ねて「日本一の超高級スーパー」紀ノ国屋のパン工場売店まで足を延ばした私メ。今まで色んな国のパンを買って参りましたが、今回は遂に北欧にまで手を出して「ハパン・ルイス・ヴォッカ」なる、ご覧の煉瓦みたいなフィンランドのライ麦パンに挑戦しましたヨ。約六百グラムと大変な重さで、ライ麦パン特有の酸っぱさと歯応え・・私ぁ嫌いじゃ無いですネ。国内でコレを作ってるのは紀伊国屋さん位らしく、好きな人は通販でわざわざ取り寄せるンだとか。コレを薄くスライスしてハムやらチーズやらトマトやら載せて食べる訳で、赤ワイン辺りを持ってお花見に行きたい!ま、楽しみは来春までお預けと我慢ですが




| 2015.03.26 Thursday (00:15) | 花の三鷹・武蔵野市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.08 Sunday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS