きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2117 【お肉料理69】「馬のしぐれ煮」と戦国トロイの木馬・・松本 | main | 2119 【お肉料理70】昼の石神井川桜並木と「特盛唐揚げ弁当」・・板橋 >>
2118 【やきそば223】神田上水の桜と「ニラ焼きそば」・・関口台

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

面影橋から神田川(神田上水)沿いをブラブラと、桜を愛でながら酒抜きでお花見散歩。芭蕉庵や椿山荘の脇を通り抜け、江戸川橋まで参りましょう。今日から六日連続で、まだ満開だった頃の東京・城北の桜です

まだ春浅き信濃路から、春爛漫で桜の花舞い散る東京へ戻った私メです。基本的にこのブログ旅日記はリアルタイムじゃ無く、「根多の先入れ先出し」方式を取ってますンで、ドウしても季節と多少ズレちまいます。

ま、遅くとも一ヶ月以内にご報告する様にしてますンで、宜しくご容赦を願います。加えて私ぁ昨年暮れから、頭ン中が常に薄ボンヤリしてまして、記事を書くのに以前の数倍は時間が掛るンで、捗らない捗らない。


早稲田大学と神田川を挟んだお向いの文京区関口は、かの俳聖・松尾芭蕉翁が神田上水の改修を請け負った若き頃、四年間も暮らした辺り。その跡が「関口芭蕉庵」として整備され、今も大切にされてます

ですンで、東京の桜はトウに盛りを越してますが、今日からやっと花見のご報告。美濃路や信州の旅のお噂を昨日まで記事にしてた間に、都内を城北地区だけですが、桜を愛でに歩いた歩いた!正直歩き過ぎ。

毎日二万歩以上歩いてましたが、健常に近い心神を保つ為に私ぁ青空療法が必要で、そのついでに少し多めに歩いたと納得しましょ。足腰はヘトヘトに疲れましたが、頭ン中は桜のお蔭で凄ぶる心地良いンです。


椿山荘の庭園にも入り、桜を愛でた私メ。東京の桜が満開寸前の頃の訪問で、キレイに咲いてるのは日当たりの良いトコだけでしたが、この桜の下で記念撮影してた新婚カップルの前途に祝福を!お幸せにネ

てな訳で、私メの青空療法の定番コースの一つ早稲田方面へ、中山道板橋平尾宿の拙宅からテクテクてくてく。池袋・雑司ヶ谷・目白台と歩き抜け、急な崖地を降りて行くと神田川の流れ。この川沿いが桜だらけ。

神田川と云うと、お古い向きは「かぐや姫の唄った『神田川』」のイメージでしょうケド、桜が咲いてるのは曲の舞台・戸田平橋の少し下流・面影橋辺りから。今でこそ神田川と呼ンでますが、昔の名は「神田上水」。


「椿山荘(ちんざんそう)」は東京三大結婚式場の一つで、私メもかつてココの専属司会だった時期が。真打昇進で辞めましたが、実に懐かしい!そんな椿山荘庭園のシンボル・三重塔も、桜で一層映えてました

武蔵野市の井の頭池を水源とし、やがて江戸市中へと流れて大勢の町人や武士たちの飲み水として使われたのが、江戸六上水の一つ「神田上水」。「江戸っ子は産湯に水道の水を使い」てぇ自慢は、コレのお陰。

只今は上水として使われて無いし、護岸も殺風景なコンクリですが、かの芭蕉翁が昔住んでた辺りだけは桜が沢山植えられ、大勢が通り抜けを楽しんでますヨ。先ずココから今年の桜と、心地良く成った私メです。



東京メトロ「江戸川橋駅」近くの辺りだけは川岸が少し広い「江戸川公園」で、グループでの花見宴会が可能。桜の枝々に覆い隠されてますが、この下で結構賑やかな酒宴が行われてて、今更ながら悔しく成りましたヨ。早く酒が呑める身体に戻りたい!その為には歩かなくちゃネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都板橋区仲宿〜加賀」への訪問記です★

(参考リンク)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP
★「江戸川公園と神田川桜並木」佳景探訪HP
★「世界をもてなす、日本がある。」ホテル椿山荘東京HP
★「東京都文京区関口 椿山荘庭園の様子」名水遊戯管理人各地散策ガイドブログ

★「松尾芭蕉ゆかりの地 関口芭蕉庵」風に吹かれてぶらり小さな旅HP
★「文京区関口その6 江戸川公園」yukimi’s Blog
★「神田川のあらまし」神田川逍遥HP
★「神田川と神田上水」谷端川の跡を歩くHP
★「関口界隈『関口大洗堰』」文京ふるさと歴史館HP
★「江戸川橋 大勝軒」ぶらり途中下車の旅・日本テレビ放送網HP

(関連する記事)

★「428 【五色不動03】目白不動は空襲に遭った」
★「741 【名物パン55】鬼子母神さまと『メープルナッツ』」
★「994 【団子饅頭40】護国寺で猫見物と『群林堂の豆大福』」
★「1027 【やきそば78】学生街と『エルムのカルボ』‥早稲田」
★「1179 【名物パン93】日本初の『フランスパン』!‥関口台」
★「1322 【やきそば125】都の西北!早稲田で『ソース焼きそば』を」
★「1716 【名物パン181】桜咲く雑司ヶ谷と『トルコのパン』」
★「1994 【名物パン216】『カステ』と街全体が庭園の目白」
★「2004 【麺類色々158】早大生の街で『釧路のスパカツ』を・・高田馬場」
★「2046 【お米料理162】穴八幡で『日本元祖のかつ丼』を・・早稲田」
★「2098 【お米料理170】都電の終点で『ドカベン・マシマシ』を・・早稲田

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(東京は広い街だから、城北地区だけでも桜はたっぷり見られました)


懐かしき我が古巣・椿山荘で昼食をと思いましたが、お花見客で込み合い過ぎてて、こんな時に行くのは却ってご迷惑だと考え直し、メトロ江戸川橋駅近くの地蔵通り商店街で異彩を放つ「江戸川橋大勝軒」へ。私ぁ東池袋の大勝軒が話題に成る前から、ずっと食べに行ってた口だから敢えて言う「大勝軒は美味く無い」と。とにかく大盛りで、ソレを安く食べられると云うだけのホント汚い店だったのが、マスゴミの宣伝力と云うのは恐ろしいモノで、「東京の人気店」「東京の名店」と売り込まれ、全国各地で東池袋大勝軒で学んだと称する店が増えましたヨ。ソレが良いのか悪いのか判りませんが、確かに沢山食えるから人気は有ったけど、決して名店じゃ無いからネ大勝軒は!その流れをくむ筈なのに、江戸川橋大勝軒はブッ飛んだメニューばかりで、大勝軒なのにカレーが主力だったり、つけ麺用の太い麺でナポリタンは作るわ、焼きそばは作るわで、前々から気に成ってたンです。正直、炒め方が足らずにグチャグチャで、ニラ焼きそばじゃ無く、ニラ炒めソバと云う方が正しい様な気が致しますが、この大雑把さこそが大勝軒。変な意味で懐かしく思い出しました

東池袋大勝軒の創設者・山岸一雄氏が先日亡くなられましたコトに、謹んで哀悼の意を表します。実に優しい感じのおとっつぁんでしたネ




| 2015.04.05 Sunday (00:15) | 音羽・関口・早稲田 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.11.14 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS