きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2129 【やきそば224】造幣局の桜の通り抜けと「モーデン焼き」・・天満橋 | main | 2131 【団子饅頭65】東寺の夜桜と「花見団子」・・九条大宮 >>
2130 【やきそば225】憂さ晴らしの島原遊郭と「大とら焼きそば」

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

日本初の公認遊郭・島原の東門「島原大門(おおもん)」は幕末の大火の後、慶応二年(1867=大政奉還の年)に再建されたモノが残ってますヨ。島原は吉原ほど閉鎖的じゃ無く、京都文化の中心地だったとか

転地療養の心算で東京を離れ、関西を彷徨う私メです。普段と違う環境で桜を眺めれば気分がスッキリすると思いきや、大阪城じゃ中国人観光客の騒々しさに怯え、造幣局じゃ余りの混雑に足が竦ンじゃいました。

全く情けない限りですが・・そんな気が滅入ってる時、芸界の先輩諸師は「酒呑んで憂さを晴らせ」「風俗行って遊んで来い」とか仰いますヨ。処が酒はドクターストップ中で駄目だし、風俗に全く興味の無い私メ。



遊郭としての役割を既に終えてますが、往時の繁栄を示す建物が幾つか残ってますヨ。ご覧の「角屋(すみや)」さんは島原開所以来の老舗で、「現存する国内唯一の揚屋造り」として国の重文に指定されてます

そんなコトにお金を遣うなら、贅沢なモンを食いに行く方が遥かに有意義てぇのが私メの思想。尤もその手のお料理は、このブログ旅日記にゃ載せませんがネ。ココは飽くまでも肩肘張らぬ、庶民的な食いモノだけ。

勿論、風俗の存在や需要は否定しませんし、ソコから生まれた文化・芸術は尊重してます。でも現今のキャバクラ等に、後世に残る様なモンが在るとは思えませんで・・。私メみたいな寄席芸人って、結構居ますゼ。


島原唯一の「お茶屋(芸妓さんを呼ぶ料亭みたいなトコ)」として営業中なのが、元禄元年(1688)創業の「輪違屋」さん。現在の建物は安政四年(1857)に建てられたモノで、当然ながら「一見さんはお断り」です

処が「昔の遊郭」にゃ興味が有ったりする。拙宅(中山道板橋平尾宿)の近くにドウ云う訳か?「仙台高尾」こと二代目高尾太夫のお墓が在ったり、「榊原高尾」こと六代目高尾太夫のお墓が在ったりするモノで・・ネ。

高尾太夫は江戸・吉原遊郭を代表する超高級遊女で、全国で「太夫」と呼ばれる遊女が居たのは吉原の他、大坂の新町と京都の島原、長崎の丸山だけ。特に吉原・新町・島原は、「日本三大遊郭」と称された色街。


島原遊郭の鎮守さまが「島原住吉神社」。昔は遊女らの信仰を集める大きなお社だった様ですが、明治に成って廃社されてイロイロ有った後、西門が建ってた場所に平成十三年(2001)に正式復活したとか

吉原が高尾太夫なら、新町は「夕霧太夫」・島原は「吉野太夫」ですナ。但し新町は空襲で消滅して跡形も在りませんので、風俗にゃ興味無い私メだけど、京都の島原遊郭に行こう!今の私メ流に遊んでやろうぞ!

京都駅のお隣り、JR嵯峨野線・丹波口駅の直ぐ東側が昔の島原遊郭。昭和末にお茶屋組合が解散し、半ば住宅地化してますが、昔が多少は残ってる。そんな静かな街でのお散歩が、今の私メの憂さ晴らしです。



豊臣秀吉公が公許した「二条柳町遊郭」を、寛永十八年(1641)に江戸幕府が現在地に移動させてますが、余りに唐突な命令で「島原の乱」の様な大騒ぎに成ったンで、以降ココは「島原」と呼ばれる様に成ったとか・・。江戸の吉原との対比も有ってのコトでしょうが、まるで講談みたいな話ですナ。でも同類扱いされるのはお嫌みたいで「吉原は遊郭やけど、島原は花街ですぅ」と、ココら辺に京都のプライドの高さが伺えますネ。なお三大遊郭で吉原・島原は不動ですケド、新町の代りに長崎の丸山遊郭や伊勢の古市遊郭を入れる場合も有りますヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「京都府京都市南区大宮九条」への訪問記です★

(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市役所産業観光局HP
★「島原の文化史」角屋保存会HP

★「京都府島原遊郭跡の風景」松ハゲ趣味の部屋ブログ
★「京都島原の花街が遊郭と間違われてしまう訳」きんぱこブログ
★「島原大門」レトロな建物を訪ねてブログ
★「角屋もてなしの文化美術館」角屋保存会HP
★「『輪違屋』の現役太夫による道中」天佑神助HP
★「花街『島原』の鎮守社(島原住吉神社)」京都を感じる日々☆古今往来Part1・・京都非観光名所案内ブログ
★「大阪に在った新町遊郭 現代人は味気なくなったのか?」きんぱこブログ
★「大とら」焼きそば名店探訪録HP
★「京都の堀川五条角のお好み焼き『大とら』、いやはや凄いお母さんの歴史です」東西酒場探訪案内所ブログ

(関連する記事)
★「
658 【スナック06】二代目高尾太夫と投込寺」
★「711 【名物パン50】新撰組と『ニューバード』‥京都壬生」
★「712 【団子饅頭24】西院ってドウ読むの?」
★「760 【やきそば43】『そばもんじゃ』と吉原遊郭」
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
★「1601 【麺類色々113】京都駅ビルのクリスマスと『京都ラーメン』」
★「1681 【お肉料理49】早起きのお説教と『王将の餃子』・・京都」
★「2028 【麺類色々161】大階段イルミネーションと『京都ラーメン』・・京都駅」
★「2030 【お米料理161】『皿盛』とスッキリした祇園・先斗町」
★「2031 【麺類色々162】『しっぽくそば』と早朝の東西本願寺・・京都」
★「2086 【団子饅頭63】『阿闍梨餅』と夜の祇園散策」
★「2087 【お米料理167】夜明けの京都駅と『なか卯の親子丼』」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(『祇園より島原の方が高級なトコでした』と案内の方は仰ってました)


島原遊郭にほど近い、京都市下京区「堀川五条交差点」は国道一号線から国道九号線が分岐する大きな交差点。その角地に「大(だい)とら」と云う、四十年以上も続く小さなお好み焼き屋サンが在りますヨ。ココのお婆ちゃんがステキだから行ってみて!と焼きそば仲間のSaltyDog氏に教えられ、遊郭跡を歩き廻って多少憂さ晴らしをしてから、名物の焼きそばを食べに行って参りましたゼ。御年八十七歳のお喋り好きなお婆ちゃんはお元気そのモノで、大きなコテを両手に持ち、山の様なキャベツと麺を巧みに炒めて呉れましたネ・・でも凄い量!お婆ちゃんの好みと云う甘いソースの味付けも随分美味しく、また食べに行きたいと云う気に成りました。お婆ちゃん、その時までどうか達者で居てネ




| 2015.04.17 Friday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.11.24 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS