きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2136 【麺類色々178】夜の栄と「元祖・台湾ラーメン」・・名古屋 | main | 2138 【名物パン239】新緑の新江戸川公園と「元祖フランスパン」・・関口台 >>
2137 【スイーツ155】美女三人に逢いに、お江戸日本橋へ!

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

全国ドコを旅してても、結局のところ「日本の中心はお江戸日本橋」な訳で、この橋から全ての旅が始まる訳でございますヨ。来るオリンピックに向け、橋に被さる首都高を撤去するかドウか・・難しい問題ですネ

上方各地での桜見物を終え、東京に帰って参った私メでございますヨ。度重なる「お酒の誘惑」にも耐え、また毎日の青空療法も欠かさず、或る程度は気分転換に成った旅でございましたナ。そう、或る程度はネ。

何しろ対処療法だけでその日その日を凌いでますンで、一体何時好転するのか全く判らぬ。その対処療法だって、身体にゃ随分キツイ事ばかり。涙はトウに枯れ果てて、出るのは苦しげな呻き声ばかり。あぁ辛い。


彼女達と逢ったのは、日本一の外商売り上げを誇る老舗「三越・日本橋本店」。私メの様な庶民にゃ敷居が高いトコで、ドウしたって気後れしちゃいますナ。私メに一番近しい三越は、今は無き「池袋店」でした

そんな旅の中で気に掛ってたのは、「帰京したら逢わねば成らぬ女性が三人居る」ってコト。しかも逢うにも期限が有って、ソレ迄に帰らにゃ成らぬ!一人は日本橋に長らく住む美女、一人は最近誕生した()美女。

そしてもう一人は今回だけ上京した美女で、三人の予定が偶然合うと云うンで向ったのは、日本の道の中心・日本橋のソバにお店を構える三越本店!ココに行く奴は誰だろうと、自動的に「お上りさん」に成っちまう。

      
最初の美女は、三越本店の吹き抜けに鎮座する「天女(まごころ)像」。昭和三十五年(1960)四月十九日の除幕以来、ココにずっと微笑んでますって・・私メと同じ誕生日!観音サマじゃなく、吉祥天サマですゼ

実は三越本店のシンボル「天女像」の誕生日で、ソレを祝して天女前に全国の著名菓子店が集い、天女に因んだ美味いモノを売ると云う催しが行われ、以前お世話に成ったお店のお嬢サンが来られてたンです。

三重県までなかなか参れず、ましてや津市のお店にゃ滅多に寄れぬモノで、こう云う機会でも無けりゃお会い出来ない。全く「朋あり遠方より来る」で、また楽しからずやでございますヨ。誕生日プレゼントも有難ね。


津市の銘菓「平治煎餅」のお嬢サンは・・一般の方だからお写真は止めときましょ。肖像権に人一倍敏感な私メですンで。代わりに三越の表のシンボル「ライオン像」。池袋店のコレは三囲神社に奉納されてます

問題は三人目の美女で、大体が人間じゃ無い。人間の皮を被った畜生みたいな輩って居りますナ。いや畜生にも劣る外道も居て、その手の輩に振り回されると大変ですが、この美女は人間の皮を被ったロボット!

東芝が作ったアンドロイド受付嬢「地平アイこさん」で、浴衣姿も爽やかに、表情豊かに身振り手振りを交え、期間限定ながら三越本店のご案内をしてましたヨ。旅を切り上げ、急いで帰って来た甲斐が有りました。


コチラが「アイこさん」。実際に居そうな位にリアルですが、人工皮膚を剥いだら、中は機械仕掛け・電気仕掛けの筈・・。プログラムされた通りに動いてるだけで、「裏切り」とか「嘲り」とか「誹り」等の邪悪な回路は内蔵されて無いンでしょうネ。私ぁ、正直言ってコッチの方がいいナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都文京区関口台」への訪問記です★

(参考リンク)
★「江戸の風薫る中央区へ。」中央区観光協会HP
★「まち日本橋」三井不動産HP
★「日本橋をもっと楽しむための情報を発信」ニホンバシーモHP
★「this is japan.」日本橋三越本店HP
★「日本橋三越本店の歴史再発見 天女(まごころ)像」三越HP
★「三越本店の天女像が象徴するもの」仮想旅へブログ
★「日本橋三越本店の歴史再発見 ライオン像」三越HP
★「朋あり遠方より来る」故事百選HP
★「豊かな感情表現ができる人間型のロボット『地平アイこ』」東芝HP
★「地平アイこさん・名前の由来や読み方は?体の動きや声の進化が楽しみ!」あるある辞典ブログ
★「日本橋三越:浴衣ロボが受付係・・地平アイこさん」毎日新聞HP
★「真心こめた美味しさ」平治煎餅本店HP
★「津和野豆知識『ざら茶』」島根県津和野町役場HP


(関連する記事)
★「170 【スイーツ07】日本一湿気りやすい御煎餅」
★「431 【お魚料理21】大反省!天下の珍味『うなぎの粕漬け』」
★「529 日本橋 きょう架橋から満百周年!」
★「689 【調味料類07】講談発祥地と七色唐がらし」
★「1036 【調味料類11】三井の本拠地・日本橋と『つゆの素』」
★「1044 【スイーツ60】『人形焼』と牢屋敷‥小伝馬町」
★「1269 【今川焼き14】今川焼きは今川橋で売って居るか?」
★「1380 【保存食品33】東京名産『日本橋漬』って知ってます?」
★「1649 【スイーツ102】『福引せんべい』は日本のフォーチュンクッキー・・津市」
★「1806 【調味料類23】大復活の街で『江戸前のおだし』を・・日本橋」
★「1824 【麺類色々136】兜町で『ゆで太郎の大もり』を」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(アイこさんは32歳・独身と云う設定だソウで、モデルは実在するとか)


三井家のルーツは三重県と云うコトも有って、日本橋の三越本店じゃ三重県にちなんだ催しが結構なされてる様な気も致しますが、そんな三重県の県都・津市の代表菓子「平治煎餅」さんオリジナルの天女煎餅と、三越の真ン前の「島根県のサテライトショップ」で買って来た「ざら茶」を。緑茶の故郷・静岡で育った私メなのに、目下大ハマり中なのが「ざら茶」で、カワラケツメイと云う野草を乾燥させたモノですネ。甘い飲み口と香りが心地良く、昨年末からコレばっかり飲んでる様な・・




| 2015.04.24 Friday (00:15) | 東京の中心は中央区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.16 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS