きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2145 【お米料理173】「そぼろ親子駅弁」を新緑の駿府城で・・静岡市 | main | 2147 【スイーツ157】新緑の護国寺と「大人の不二家」・・音羽 >>
2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと「焼きそば」と・・静岡市

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

静岡市の総鎮守「静岡浅間(せんげん)神社」の参道は、赤鳥居がシンボルの「浅間通り」と石鳥居がシンボルの「長谷通り」の二本。もちろんコチラは浅間通りの方で、四百mほどの商店街の奥にお社が在ります

今年初めて「育ち故郷」の静岡市葵区に帰り、青空療法がてら懐かしい街角をブラ付く私メです。昨年末からイロイロ有って帰るのを躊躇してましたが、やっぱり帰って良かった・・随分多くの喜びを得られましたンで。

お昼前の爽やかな陽射しの中を、胸張り顔上げ元気良く、ナニも考えず十kmほどテクテク歩くとスッキリするのが青空療法。育ち故郷の葵区を歩くと殊更にスッキリする様で、こんなに気分が良いのは久しぶり!


「せんげんさん」こと静岡浅間神社は、「浅間(あさま)神社」「神部(かんべ)神社」「大歳御祖(おおとしみおや)神社」の三社の総称で、圧巻なのはその大拝殿。木造神社建築としては、日本一の高さを誇ってますヨ

余り気分が良いンで、昨日ご案内の駿府城をスタートに普段の倍近く歩いちまいましたが、不思議なコトに疲れを余り感じず・・やっぱ魂が喜ンでたンでしょうネ。子供ン頃に遊んでた辺りを中心に、トコトコ歩く歩く。

この街の鎮守さまは、富士山を祀る浅間神社。同じ県内の富士宮市に御本宮「浅間大社」が在り、葵区のソレは最大の支社みたいなトコ。「静岡」てぇ名前は、ココの裏山「賎機山(しずはたやま)」から採られてます。


「せんげんさん」の境内は、二十六棟ある社殿の全てが国の重要文化財!大歳御祖神社を皮切りに「平成の大改修」に二月から入ってますが、二十年計画だとか。完了したら、一層華麗な姿に成られる筈です

通ってた安東小学校の近くだったコトも有り、ココの境内で隠れんぼしたり缶蹴りしたり・・。今考えると、国の重要文化財溢れる神園でナンて事を!ま、ソレも今じゃ時効でしょうケド、お詫びがてら大拝殿の前へ。

全く「苦しい時の神頼み」で伊勢神宮を初め、行く先々の寺社にお詣りを重ねた結果、低めなれども多少の安定に至った最近の私メ。最も信奉してる神社「せんげんさん」にゃ、より真摯な思いで神頼みをしましたヨ。


長谷通りを南へ進み、駿府城の東側「安東学区」の鎮守さま「熊野神社」へ。明治維新で江戸から静岡に移った徳川将軍家の直参、つまりお旗本達が大勢住まれたエリアで、云うなら「静岡の山手」でしょうか

お伊勢さんの時は悲しい程に必死でしたが、今回は信じ切ってる「せんげんさん」。コレできっと良く成る!結果は勿論早く欲しいけど、「焦りは禁物」。奈落の底への再転落を避けるには、不断の努力を致さねば!

尤もコレからは「せんげんさん」が守って下さる筈。ソウ思うと足取りは軽く、懐かしい街角を嬉しい心地で青空療法!笑顔が少し増えそうな。「故郷ってホント有難い」と実感し、時々帰りたいと算段する私メですヨ。


長谷通りから安東学区内をブラブラ歩き、駿府城まで戻って参りましたが、中堀の内側だけじゃ無く、外堀の若葉も目に眩しく、ホント爽やかな季節に成りましたネ。そんな風に素直に思える様に成ったのも、帰郷した成果だったンでしょうか?故郷はやっぱり時々帰るべきですナ

 にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都文京区音羽」への訪問記です★

(参考リンク)

★「ようこそ静岡へ」静岡観光コンベンション協会HP
★「静岡市はいいねぇ。」静岡シティプロモーションHP
★「駿河国総社」静岡浅間神社HP
★「境内案内」静岡浅間神社HP
★「静岡浅間神社大改修へ 国重文二十六棟、外装修復」アットエス静岡新聞HP
★「家康公四百年祭 その3 静岡浅間神社 おせんげんさま」質素な写真展示室ブログ
★「静岡浅間神社(静岡)」駿河湾☆百景HP
★「『静岡』という岡はないのになぜ『静岡県』?」gooいまトピHP
★「夢門前SENGEN」静岡浅間通り商店街HP
★「安東の熊野神社」電脳六義園通信所HP
★「静岡県静岡市『お好みの石田』」暴飲暴食ブログ
★「昭和気分で・・お好み焼き、タイ焼き、かき氷 お好みの石田」ライフサポートセンターしずおかブログ

(関連する記事)

★「434 【お米料理26】長政サンはココから世界に旅立った 」
★「1442 【スイーツ85】正しいお茶の入れ方と『茶っふる』‥静岡市」
★「1476 【やきそば152】富士山の所有者と『富士宮焼きそば』」
★「1614 【お米料理111】世界遺産『富士山』と『ニジマス丼』・・富士宮」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1755 【お米料理126】地震対策と『桜えび&生シラス』・・静岡市」
★「2145 【お米料理172】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(徳川家康公が『元服の儀』を行ったのが、静岡浅間神社ナンですヨ)


青空療法を一日も休まずに続けてる為か?ドンドン痩せて大台を割り込みそうな私メですが、ダイエット目的でやってる訳じゃ無いから、面倒な食事制限なんて一切してませんネ。「食べたいモンを食べたい時に食べたいだけ食べる」を貫いてますが、随分とカロリー消費が激しい様で、この日の青空療法の終盤に寄ったのは熊野神社近くの「お好みの石田」さん。ココは確か同級生ン家だった覚えが有りますが、昭和四十三年(1968)の創業の大ベテラン。オジちゃんは「日本一美味い」と称するタイ焼きを、オバちゃんは鉄板の前でお好み焼きと焼きそばを焼いて呉れますが、お二人ともお喋り好きですナ。懐かしき駿府訛りの言葉に私ぁ嬉しくて堪らない。もちろん焼きそばも安くて美味くて満足しましたが、コレでまた一つ笑顔を取り戻せた様な気が致しましたヨ




| 2015.05.02 Saturday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.11.14 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS