きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2149 【団子饅頭66】花桃咲く温泉地で「赤飯饅頭」を・・阿智村 | main | 2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と「天ぷら饅頭」・・駒ヶ根 >>
2150 【お米料理174】蒼く美しき木曽駒と「巨大ソースかつ丼」・・駒ヶ根

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

信州南部の伊那谷は、南アルプス(赤石山脈)と中央アルプス(木曽山脈)に挟まれた南北に長い谷。中央アルプス第二位の高峰で、日本百名山の一つ「空木岳(うつぎだけ、2864m)」がキレイに見えてましたヨ

今年のGWは混雑を恐れて遠方へ参らず、都内をテクテク歩く青空療法に勤しむ私メです。よって本日ご案内の信州・駒ヶ根市への旅も、GW寸前に参ったモノ。そんな融通無碍なスタンスで、毎日更新してます。

ホント
有難いコトに方々を旅させて貰ってまして、このブログ旅日記を始めて足掛け七年に成りますが、まだ記事にしてないのは高知・山口・大分・宮崎・鹿児島の五県だけ。残りの四十二都道府県に行ってる訳だ。


信州はドコに行っても風景の良いトコばかりですが、中でも私メが一番好きなのが「駒ヶ根高原の駒ヶ池から見る木曽駒ヶ岳」。叶う事ならば私ぁこの池の畔に住みたい!ココでゆっくり療養に努めたいモノですナ

日本中をバイクで放浪してた学生の頃から、私ぁドコに行っても「住みたい場所」を探し続け居る感が有りますネ。転勤族の親に従って子供の頃から引っ越しばかりしてたンで、ホテイアオイみたいな根無し草だもの。

勿論「生まれ故郷で今も住んでる板橋区」「育ち故郷の静岡市葵区」「両親が定年帰郷した静岡・磐田市」と云う、三つの帰るべき場所は在りますケド、ソレ以外にも在るンじゃないかと、私ぁずっと探し続けてますヨ。


駒ヶ根高原のもう一つの湖「大沼湖」の畔に建つのは、旧赤穂村役場として大正十一年(1922)に建てられた「駒ヶ根市郷土館」。昭和四十六年(1971)まで市役所として使われ、その後湖畔に移築されてます

と云っても、私メら寄席芸人は東京か大阪ベースで無ければ仕事をするのは難しく、旅先で良いトコを見付けたからって、オイソレと移り住める訳じゃ無い。ソリャ寄席出演を諦め、地方回り主体にすれば別ですが。

ソレでも幾つか「ココに住みたいナ」と思える場所は在り、その一つが今日ご案内の信州・駒ヶ根市。二つのアルプスに挟まれた、坂だらけの谷間の街。但し街中に溶け込める自信が無いンで、山裾の高原地の方。


中央アルプスの最高峰「木曽駒ヶ岳(2956m)」は、天竜川の最大支流「大田切川」の源。私メもかつて登ったコトが有りまして、山頂から眺めは絶景でしたナ。ま、ロープウェイで結構高いトコまで上がれますし

関東と関西を結ぶ大動脈の一つ「中央高速道」が駒ヶ根を通り、市街地と高原別荘地との間にICが置かれてる。こりゃ便利ですヨ、東京へも大阪へも順調なら三〜四時間で行けちまう!加えてツルヤさんまで在る。

更に温泉地だし自然は豊かだし、言葉は静岡県のソレに近いし・・。トトで六億円当てたら講談なんか蹴飛ばして、ココを起点により大規模にフラフラして暮らしますヨ。ま、人の夢なんて儚くて、実現しないンですが。


駒ヶ根市の在る伊那谷は、大山脈に東西を挟まれてるだけに、「朝が遅くて夕が早い」てぇ難点が有りますナ。駒ヶ池近辺で寛いでる内に、たちまち黄昏の時間に・・。上空はまだ明るいのに、山裾はとっくに暮れてると云う実に不思議な状況に成りますネ。コレもまた信州ですゼ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「長野県駒ヶ根市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP

★「信州駒ヶ根高原 早太郎温泉郷」早太郎温泉事業協同組合HP
★「駒ヶ根高原・駒ヶ池」ふるさと散策HP
★「駒ヶ根市郷土館」至福の時間ブログ
★「木曽駒ヶ岳 きそこまがたけ」ヤマケイオンラインHP
★「行ってみよう!散策しよう!木曽駒ヶ岳」中央アルプス観光HP
★「空木岳 うつぎだけ」ヤマケイオンラインHP
★「駒ヶ根ソースかつ丼」駒ヶ根市商工会議所HP
★「軽食・喫茶 ガロ 駒ヶ根」上伊那ドットコムHP
★「駒ヶ根『ガロ』」アナザーラウンジ・ブログ


(関連する記事)
★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「748 【やきそば40】伊那市の名物『ローメン』」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1495 【やきそば153】ドッチが出て来る?伊那の『ローメン』」
★「1496 【保存食品36】『かんてんぱぱ』と『粉豆腐』・・伊那市」
★「1851 【保存食品47】『かんてんぱぱ』と信州『平』問題・・伊那市」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2149 【団子饅頭66】花桃咲く温泉地で『赤飯饅頭』を・・阿智村

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(駒ヶ根高原は標高八百m、伊那谷じゃ最大の高原リゾート地ですヨ)


駒ヶ根の名物と云えば、「ソースかつ丼」と云う事に成ってますナ。コレを目当てにやって来る観光客は多く、B級グルメでの町おこしの成功例とされてますヨ。ただし大分増長した様で、売り出し始めた二十年ほど前に比べて、辺羅棒に値段が高騰した様な・・昔は庶民的な価格だったのにネ。つまりその頃から駒ヶ根にゃ出入りをしてる訳ですが(友人が住んでましたンで)、凄い大盛りの店が在ると当時連れてって貰ったのが、高原温泉地の「ガロ」と云う喫茶店。ソコに今世紀に入って初めて、再訪してみましたヨ。当然の様に「大盛り」を頼みましたが、四枚のヒレカツが天を指して林立し、こんなに凄かったっけ?ま、いくら食べても痩せてく一方の最近の私メですが、食欲だけは旺盛ですンでアッサリ完食!でも同じ味の巨大ヒレカツ四枚は、流石に飽きます




| 2015.05.06 Wednesday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.10 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS