きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2150 【お米料理174】蒼く美しき木曽駒と「巨大ソースかつ丼」・・駒ヶ根 | main | 2152 【スイーツ158】リンゴの花と清流と「ドーナッツ工場」・・宮田村 >>
2151 【団子饅頭67】まだ咲いてた桜と「天ぷら饅頭」・・駒ヶ根

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

信州・駒ヶ根高原は標高八百mと高い分だけ、桜の咲くのが東京よりほぼ一ヶ月遅いですナ。一昨日の「花桃のお噂」に続き、今日は今更改めて「桜のお噂」のご報告でございます。日本って、ホント広いねぇ

GW入り前の、南信州・伊那谷の旅は続きますヨ。友人が以前ココに住ンでましたンで、訪ねた駒ヶ根市は私メにとって親しい街。初めて行ったのは長野五輪の開催決定の直後だったから、平成三年(1991)の筈。

全く以て信州・長野県は広いトコで、その面積は全国四位の一万三千五百屐0貳崗さな香川県なら七つ以上も入る規模(東京都なら六つ分)。南北に細長く、しかもアチコチ山で隔てられてるンで纏まらない。


駒ヶ根高原の大寺「宝積山光前寺」さんは、貞観二年(860)建立の古刹。境内には見事な枝ぶりの枝垂桜が数十本植えられ、ちょうど満開だったンで絶景かな絶景かな!山門傍の紅枝垂桜が特に見事でした

だもんで大真面目に「長野市を中心とする北信・東信」と、「松本市を中心とする中信・南信」に分けようナンて話が出る訳ですが、長野市がオリンピックで盛り上がってた頃、南信の駒ヶ根辺りじゃ他人事でしたネ。

何しろ長野市は信州の北端で、駒ヶ根辺りからじゃ遠過ぎる。むしろ名古屋の方が近い位で、最近の北陸新幹線開通フィーバーも他人事で、むしろ近い将来に伊那谷を通る「リニア新幹線」の方が話題に成る位。


鬱蒼とした杉林に囲まれた光前寺さんは、天台宗の別格本山。私メの両親の住む静岡・磐田市と「早太郎(磐田じゃしっぺい太郎)」なる霊犬の伝説で結ばれ、磐田と駒ヶ根は姉妹都市に。久し振りに参りました

とは云え、信州はドコでも同じ様な山ン中で、似た者同士で仲良く喧嘩してる風にしか見えないンですが・・。私ぁ大元が静岡の人間ですンで、南アルプスで隔てられてるとは云え、お隣の南信・伊那谷は心地良い。

特に天竜川繋がりで、静岡西部の遠州地方と伊那谷は訛りがほぼ一緒の「〜だら」圏。駒ヶ根で「びしょったい」てぇ言葉を以前聞いて、驚いた事が・・。標準語の「見っとも無い」で、静岡弁なら「ぶしょったい」と言う。



「駒ヶ根高原全てが光前寺の土地」と称される位に広いお寺で、境内はドチラを向いても満開の枝垂桜ばかり!私ぁ「しっぺい太郎」の講談を読む関係でココには何度も訪ねてますが、桜の季節は初めてです

こんな奇怪な言葉が通じるのは、静岡・長野・山梨の南アルプスを取り囲む三県ぐらいで、他所じゃまず聞きませんナ。その他にも多少は違っても、概ね一緒な方言が多いンで妙に嬉しい。言葉じゃ物怖じしない。

但し気候は全く違い、長野市辺りほどキツく無いとは云え、やっぱり伊那谷も信州!毎年四月中頃が桜の季節で、盛りは過ぎてる筈でしたが、標高の高い駒ヶ根高原は正に満開!またお花見が出来ましたヨ。


GW寸前の訪問でしたから、流石にもぅ散っちゃったンでしょうネ。ソレにしても今年ほど「桜を愛でたい」と思った春は無く、東京だけじゃ飽き足らず、関西まで花を愛で行った私メ。そして今度は信州でも・・お蔭で如何に低めでも多少の安定に至れたンですから、全く桜は偉大です


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県上伊那郡宮田村」への訪問記です★

(参考リンク)

★「信州駒ヶ根ガイド」駒ヶ根観光協会HP
★「BLUE SKY in KOMAGANE」駒ヶ根の青い空HP
★「信州駒ヶ根高原 早太郎温泉郷」早太郎温泉事業協同組合HP
★「天台宗別格本山」宝積山光前寺HP
★「光前寺のしだれ桜と光苔」宝積山光前寺HP
★「駒ヶ根市 光前寺のしだれ桜とアルプスの山々2015年」長野県宅地建物取引業協会ブログ
★「早太郎伝説」駒ヶ根の青い空HP
★「方言講座」伊那谷てんこもりHP
★「東三河・遠州・南信州」三遠南信地域連携ビジョン推進会議HP
★「てんぷら饅頭−伊那谷の郷土菓子」続・コリデールキッチン・ブログHP
★「天ぷらまんじゅうは信州のお盆に欠かせない」長野県のおいしい食べ方・JA長野県HP

(関連する記事)

★「747 【お米料理50】早太郎と『ソースかつ丼』・・駒ヶ根」
★「748 【やきそば40】伊那市の名物『ローメン』」

★「999 【団子饅頭41】しっぺいと『みそまんじゅう』‥磐田」
★「1494 【名物パン142】暴れ川と駒ケ根にも有った『信州の牛乳パン』」
★「1495 【やきそば153】ドッチが出て来る?伊那の『ローメン』」
★「1496 【保存食品36】『かんてんぱぱ』と『粉豆腐』・・伊那市」
★「1851 【保存食品47】『かんてんぱぱ』と信州『平』問題・・伊那市」
★「1852 【名物パン203】『牛乳パン』と降格した村・・信州宮田」
★「1853 【保存食品48】『凍りもち』とアルプスの黄昏・・駒ケ根」
★「2150 【お米料理173】蒼く美しき木曽駒と『巨大ソースかつ丼』・・駒ヶ根

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(静岡の遠州・愛知の東三河、そして南信州は文化が妙に近いです)


伊那谷は不思議なモンの多いトコで、ご覧の「天ぷら饅頭」も古くからの郷土料理だとか。お盆とかお彼岸の時に多く食べるモノらしく、コレ専用の皮の薄くて小さな饅頭まで売られてたりする。ほぼ同じモノが福島・会津地方に在りますが、よくよく考えてみれば会津の殿さま・保科家は、伊那谷の高遠から向こうへ領地替えに成ってるンですよネ。その頃からコレが在ったのかドウか知りませんが、お蕎麦を初めイロイロ繋がりが有る様で・・。ソウ云えば静岡・山梨・長野三県の言葉が近いのも、同じ支配者・徳川将軍家に起因すると云う説も有りますナ




| 2015.05.07 Thursday (00:15) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.10 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS