きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2159 【麺類色々180】日本一短い路面電車と「トンカツラーメン」・・岡山市 | main | 2161 【スナック54】福山で「瀬戸内レモン味ポテチ」を >>
2160 【スイーツ159】夜の倉敷美観地区と「バナナカステラ」

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

昼は観光客で大いに賑わう倉敷市の美観地区も、夜の帳が降りると誰も歩いてませんナ・・街並みがキレイ分だけ不安に成る位。尤も私ぁ「人混み苦手症」が治ってませンので、コッチの方が有難いンですが

岡山・吉備路を旅する私メです。拙宅の在る東京から西へ七百数十kmも離れてますが、ナンだカンだで毎年訪ねてますネ。瀬戸内の島だらけの風景が私ぁ好きで、ソレを見たくて岡山県や広島県まで行っちまう。

全く物好きだと自分でも思いますが、実際に行く・行かないは別として、瀬戸内の風景に憧れを抱く東日本人は多い筈。東京でも知られた有名観光地も多いンだし、もっと上手く売り込めば良いのに・・と残念無念。

そんな瀬戸内の岡山県を代表する観光地と云えば、川沿いにステキな家並みが揃う倉敷市の「美観地区」。観光ガイド本や旅行番組じゃ必ず取り上げられる街で、集客努力の甲斐も有って、年中賑わってますナ。


東日本で似た様なトコと云えば、信州の小布施町?共に観光客が喜ぶ様に街をドンドン整備し、実際以上の昔っぽさを装飾・演出してます。地方観光地の代表格だし、町興しの成功例ですが、妙に薄っぺらいのヨ。


土産物屋ばかりの倉敷川沿いに比べ、美観地区も一歩奥に入れば人の気配が・・。古家屋を再生した料理屋さんが多少開いて居り、値段と内容が釣り合わン・・等と野暮を言わぬ観光客で結構埋まってました

何だか「良く出来たテーマパーク」みたい。書き割りとまでは言いませんが、歴史有りげな雰囲気を纏った造りモノばかりで、一年数ヵ月ぶりに再訪してみてソレを一層強く感じましたネ。何しろ生活感が全く無い!

コレが生きてる古い街並みなら、日が暮れて夜に成れば店奥の住宅部分で夕餉なんかが為され、その気配が表を歩いてても多少なりとも感じられますナ。或いは観光ホテル街でも在れば、その活気が感じられる。

処が美観地区は典型的な昼型で、団体バスでワッーとやって来て、美術館や土産物屋をワッーと見て、またバスに乗ってワッーと行ってしまう。お隣り広島県の尾道もソウですが、ただ通過されるだけの観光地。

処が少し奥に入った「本町・東町」界隈は、本物の街で生活感が有る!整備は年々進み、遠からず川沿いに取って代りソウな気も。書き割りならば関東にも在る。本物をアピールすれば売り込めると思うンですが。



美観地区の少し北側の「本町・東町」界隈も、日が暮れるとこんな感じに。でも造りモノじゃ無い、本物ならではの重厚感が有りますし、例え通りは無人でも温かみが感じられますヨ。ゆっくり歩いてみましたが、余りゆっくりしてると不審者に間違われそうな・・改めて参りたいです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「広島県福山市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「倉敷観光WEB」倉敷市役所HP
★「倉敷美観地区」岡山県国際観光テーマ地区誘客促進協議会HP
★「倉敷美観地区本町・東町の通り」倉敷観光WEB・倉敷市役所HP
★「本町・東町」くらしき観光.COM HP
★「本町・東町の郷愁風景」郷愁小路HP
★「倉敷美観地区−椎名誠『日本最末端真実紀行』の舞台」旅と現代文学。HP
★「倉敷一陽窯(倉敷美観地区)」旨さ万歳〜美味しい関西〜ブログ
★「バナナカステラ案内所」同HP
★「大正レトロなお菓子〜バナナカステラ〜」福岡製菓所HP
★「大正レトロなお菓子!!福岡製菓所のバナナカステラ」おいしいものびよりブログ
★「賛否両論!バナナクリーム」赤松敏弘Vibraphone Connection談話室ブログ


(関連する記事)
★「465 【名物パン39】倉敷玉島は築山パン」
★「466 良寛さんの『思えば遠くへ来たもんだ』」
★「864 【やきそば53】国産み神話と『児島たこしお焼きそば』」
★「865 【お魚料理46】瀬戸大橋と『火星人の干物』・・下津井」
★「1159 【麺類色々77】『ぶっかけうどん』の発祥地は倉敷」
★「1160 【スイーツ66】倉敷美観地区で名物『むらすずめ』」
★「1295 【スナック17】武士の責任の取り方と『シガーフライ』‥玉島」
★「1491 【お魚料理77】『焼きままかりの酢漬け』とバブルに踊った街・・児島」
★「1492 【麺類色々105】ジーンズの街・児島で『クルードスパゲティ式めん』」
★「1707 【名物パン181】夜の倉敷美観地区と『バナナクリーム』」
★「1708 【お魚料理89】『ママカリの酢漬け』と夜の倉敷本町・東町

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(倉敷がもう五百km東京に近かったら・・もっと大観光地だった筈です)


全国で岡山ほど「バナナ好きな県」は有るまい!但しソレは本物の果物じゃ無く、バナナ風味の造りモノですが・・。まず「バナナクリーム」は以前から何度もご紹介の、岡山木村屋の大定番!コレをパンに塗ったり挟んだりして食べるのが、岡山県人のホントのソウルフード!そして「バナナカステラ」は、大正六年(1917)に岡山の福岡製菓所さんが発明したモノだとか。バナナカステラは東日本じゃ滅多に見ませんが、戦前バナナと云えば「九州の門司」が代名詞だった訳で、ソレに近い西日本じゃ高級フルーツ・バナナに対する憧れが強く、コレを生み出すに至ったンでしょうネ。因みに中身はバナナ風味の白餡が入った、人形焼みたいなモンです




| 2015.05.16 Saturday (00:15) | もんげぇ〜岡山南部 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS