きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2167 【お肉料理75】若き日の新撰組と「エチオピア料理」・・牛込 | main | 2169 【やきそば229】清けき青葉の飛鳥山と「ラーメン鉢の焼きそば」 >>
2168 【麺類色々182】浮間公園のカルガモと「舟渡ラーメン」

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

大蛇行してた荒川の一部が、池として残ったのが都立「浮間公園」。この池の真ン中に区境が走り、画像左側が北区浮間。右側が板橋区舟渡で、タワーマンション付近にJR埼京線「浮間舟渡」駅が在りますナ

JR埼京線・板橋駅ソバの拙宅から、都内を青空療法で毎日歩き続ける私メです。東南(≒皇居の方向)あるいは真南(≒新宿や渋谷の方向)に向かうコトが多いですが、ソレ以外の方角にだって出掛けて居ります。

この日は拙宅前の旧中山道を真北へ。江戸時代は東海道と並ぶ日本の大幹線で、コレを歩き進めば京都まで辿り着ける筈。勿論ソコまで行く心算は無いですが、旧街道ウォークの中高年が随分と歩いてますヨ。


浮間ヶ池の板橋側にゃご覧の通りに風車が建ってて、ドウにも東京っぽくない風景。何しろココは二十三区最北の地で、木立の向うの荒川を越えれば埼玉県!カキツバタの花が池畔でキレイに咲いてました

処が隣りの蕨宿との間にゃ「荒川」と云う大きな川が流れ、昔は渡し船で越えてたらしい。敵勢を簡単に攻め込ませぬ為の、江戸の守りだった訳ですヨ。と共に・・名前通りの荒れる川で、ヤワな橋じゃ流されちゃう。

ソレでも明治初期から挑戦を繰り返し、昭和七年(1932)に成ってようやく鉄橋が架かりますが、結局のところ「荒れる川」をドウにかしないと、橋が流されるだけじゃ済まず、帝都・東京が水浸しに成っちまうぞ!


ココは釣りの出来る唯一の都立公園で、ヘラブナ狙いの太公望たちが大勢竿を並べてますが、全く気にせずにカルガモの親子が遊んでましたネ。カワセミも居るらしく、望遠レンズのカメラマンも結構居ましたナ

蛇行を繰り返す荒川を可能な限り真っ直ぐにし、宅地化が進んでソレの無理な下流は外側にバイパス河川を掘って、とにかく東京を洪水から守る様に!大正二年(1913)に始まり、工事完了まで十七年も掛かった。

今の様に強力・大型な土木機械は無く、工事はほぼ手作業。しかも度々の台風直撃や関東大震災まで有って、ドレほど大変だったか!北区赤羽より下流はバイパスが「荒川」、元々が「隅田川」と分けられましたヨ。


浮間ヶ池の北区側にゃ「桜草圃場」が在り、一旦絶滅した荒川土手の桜草の復活を目指し、大切に保護・育成されてます。春に公開してましたンで、季節外れに成っちゃいましたがご覧あれ!今は散ってますが


赤羽から上流は大胆に直線化されましたが、大蛇行時代の痕跡が、中山道の渡し場跡の近くに残ってる。ソレぞ「浮間ヶ池」で、都立「浮間公園」として整備されてますヨ。JR埼京線・浮間舟渡駅の真ン前ですゼ。

池ン中が区境と云う不思議なトコですが、城北じゃ一番大きな池の在る公園。拙宅から中山道を行けば八km弱で、時々ココまで歩いて行きますが、何しろ駅前だから・・疲れたら電車で帰り易くて便利ナンですヨ。


埼京線は去年「新型の幅広電車」に一気に取り換えられ、乗り心地や静かさがエラク向上しましたが、たまたま乗った列車が妙に喧しいンで違和感を感じ、車内を見回したら・・コリャ以前走ってた「旧型の幅狭電車」じゃん!ドウ
やら一編成だけ予備車として残したらしく、たまたまソレに乗った様。何だか懐かしくて、ドコまでも乗って行きたい気分に成りましたが、残りの仲間はインドネシアで第二の人生を送ってるそうナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都北区飛鳥山」への訪問記です★

(参考リンク)

★「ぶらり板橋」板橋区観光協会HP
★「歩きたくなるまち 北区観光ホームページ」北区地域振興部HP
★「浮間わいわいねっと」同HP
★「公園へ行こう!浮間公園」東京都公園協会HP
★「荒川の河川改修工事と浮間公園」夢乃家ブログ
★「浮間公園」浮間わいわいねっとHP
★「<川の恵みがあるまち>浮間舟渡散策」散策日和ブログ
★「カキツバタ (浮間公園)」漫(そぞろ)あるきブログ
★「浮間公園の桜草」しなこじダイアリー・ブログ
★「ご当地名物舟渡ラーメン」made in いたばし HP
★「懐かしい、正統派のラーメン。」板橋ぜっぴん!ブログ

(関連する記事)

★「928 【やきそば59】東洋一の団地と『両面焼きそば』‥高島平」
★「992 【やきそば72】珍来!謎の板橋グループ」
★「1059 【国内で海外旅行06】赤羽に響くフィリピンの祈り」
★「1152 【やきそば100】珍来!謎の板橋グループ2」
★「1235 【お米料理82】『板橋のいっぴん』と植村冒険館」
★「1278 【やきそば118】『スタヤキ』と熱帯ドーム‥高島平」
★「1329 【名物パン122】赤羽の赤い水門と『赤羽あんこ』」
★「1330 【やきそば129】馬鹿げた馬鹿祭りと『焼きスパ』‥赤羽」
★「1570 【お魚料理79】『ちくわぶ』と『すじ』の無いおでんなんて‥赤羽」
★「1571 【お魚料理80】酔いどれ酒場で『鯉のうま煮』を・・赤羽」
★「1652 【スイーツ104】板橋にも在る『元祖いちご大福』・・西台」
★「1692 【呑みモン47】『狭山茶』とダイヤ改正‥さよなら埼京線205系電車」
★「1973 【やきそば212】哀愁の三田線と『塩焼きそば』・・高島平」
★「2001 【名物パン217】日本初の『ちくわパン』は志村坂上に」
★「2048 【名物パン224】水上バスと『軽井沢浅野屋のパン』・・小豆沢」
★「2050 【揚げモン56】『巨大唐揚げ弁当』とナショナルトレセン・・西が丘」
★「2079 【お肉料理65】『セキネの肉まん』と禁酒中で呑み屋街・・赤羽」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(全体の面積比で云えば、浮間公園は板橋区エリアの方が広いです)


浮間公園周辺はJR浮間舟渡駅が出来るまで、公園以外ナニも無かった辺りで、今でもあまり開発が進んでませんが、板橋区側を少し行ったトコに、拙ブログ旅日記で以前ご紹介した中華料理「珍来・板橋グループ」の本部と云うか、事務所兼麺工場みたいな建物が在りますヨ。関東地区のイトーヨーカドーやヨークマートで売られてる「三食入り極太麺焼きそば」はココの製品で、私ぁチルド焼きそばとしてはピカイチの存在だと信じてますが(地元贔屓も有りますがネ)、もう少し狭い範囲で売られてるのが「ご当地名物 舟渡ラーメン」。焼きそばと違って実にオーソドクスな醤油味で、東京の中華そばの味だなぁ。ただ問題が在るとすれば、肝心の浮間舟渡駅近辺じゃ売られて無いし、直ぐに食べられるお店がソレほど近くに無いトコ。板橋グループさん、出店して下さいナ




| 2015.05.24 Sunday (00:15) | 勝て来るぞと板橋区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.17 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS