きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2202 【お魚料理102】超高級「ツナ缶」と心の落ち着き先・・静岡市 | main | 2204 【麺類色々189】なぞの穂の国と「あんかけスパ」・・豊橋 >>
2203 【スナック57】「8の字」持って、山岡鉄舟まかり通る!・・静岡市

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

寛永九年(1632)の「徳川忠長」公の改易により、長らく幕府直轄地とされてた駿府城に、新領主が入ったのは慶応四年(1868)。但しソレは徳川将軍家が江戸四百万石から、七十万石に削られてのコトでした


生き方がドウにも下手と云うか、懸命に努力しても結果の出ない人って居りますナ。その努力がまだ足りないと云う場合も有るでしょうが、成果をほぼ出してるのに、一番最後でソレを浚われちまう不運な方も居る。

で、歴史にゃ「油揚げを浚ったトンビ野郎」の名だけ残り、そいつだけが苦労したかの様に喧伝されちまう訳ですナ。そんな例は幾らでも有りますが、例えば幕末だと「勝海舟」サンと「坂本龍馬」が二大トンビ野郎。

土佐海援隊の隊長だった坂本を「偉大な革命家」「時代の変革者」として褒める向きは多いですが、その功績の殆どは土佐陸援隊の隊長だった中岡慎太郎サンの、懸命な努力の油揚げを横合いから浚ったモノ。

ソレでも怒らぬ中岡サンでも、遂にゃ堪忍袋の緒が切れて、坂本を斬りに行った時・・よりによって、他の暗殺者の坂本への襲撃に巻き込まれ一緒に落命。中岡サンの方が遥かに優れた人物だと私ぁ思いますが。


静岡鉄道「新静岡駅」のソバを通る旧東海道沿いに、慶応四年三月に行われた「山岡鉄舟・西郷隆盛 会見の地」の記念碑が建ってますヨ。ソレは徳川将軍家が駿府城に領地替えさせられる、三月前のコトです


問題は勝海舟サン。江戸へ攻め込もうとする新政府軍の総大将・西郷隆盛公を説得し、江戸無血開城に導いた・・と一般じゃされてますナ。処がドッコイこれまた油揚げで、西郷公を見事説き伏せたのは別の人物。

その方こそ「朝敵・徳川慶喜の家来・山岡鉄太郎、大総督府へまかり通る」と大声で叫び乍ら、敵軍の中に馬を飛ばし、新政府軍の司令部の置かれた駿府城下(現在の静岡市葵区)に駆け込んだ山岡鉄舟と云う方。


そして初対面の西郷公を圧倒し、江戸総攻撃の回避を約束させたってンだから、後日セレモニー的な対面をした海舟サンより、ドウ考えたって功績は上の筈!なのに海舟サンが江戸を救ったかの様に言われてる。

尤も坂本某と違って海舟サンは江戸っ子で、鉄舟サンの功績を潔く認めてた様ですし、鉄舟サンは「維新の締めくくりは俺と西郷でやったンだ」と啖呵を切り、明治大帝からも大いに褒め称えられてたソウですがネ。


西郷公は鉄舟サンを「命も要らず、名も要らず、金も要らず、という男ほど始末に困るものは無い。しかしこういう始末に困る人ならでは国家の大事は語れない」と評したとか。そして西郷公の強い推挙で、鉄舟サンは明治大帝の侍従にしぶしぶ成ったソウですが・・。そんな鉄舟・西郷会見の地たる葵区伝馬町は、旧東海道の第十九番宿「府中宿」で、東海道最大の宿場だったトコ。今は「呉服町通り」に次ぐ第二の繁華街として、若者を中心に賑わってます。地方都市なのに驚異的です

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「愛知県豊橋市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「ようこそ静岡へ」静岡観光コンベンション協会HP
★「静岡市はいいねぇ。」静岡シティプロモーションHP
★「徳川家康公と駿府」静岡商工会議所HP
★「ようこそ!東海道の府中宿」しずおか伝馬町発展会HP
★「伝馬町発展会 〜今も昔も元気のある町〜」I Love しずおか協議会 おまち情報ブログ
★「自滅する地方 静岡編その1」シートン俗物記ブログ
★「伝馬町散策」しずおか伝馬町発展会HP
★「静岡 戦国覇者の居城をもつ 東海一の都市」まちあるきの考古学HP
★「西郷隆盛、山岡鉄舟と駿府城で会談」歴史人HP
★「西郷隆盛・山岡鉄舟会見の地」歴史と文化と和の心ブログ
★「幕末期を駆け抜けた中岡慎太郎ファンサイト」中岡慎太郎研究会HP
★「ぷらっとお菓子探検! 8の字」えるウェーブHP
★「静岡名物 8の字」OFFICEYASS2012ブログ

(関連する記事)

★「521 【歴代宰相04】安倍さんと『静岡の親子丼』」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1582 【野菜果物59】久能山東照宮と『石垣いちご生ジュース』・・静岡市」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と『しらすむすび』・・静岡市」
★「1793 【お魚料理91】『鰯の醤油干し』と二番目に住み易い街‥静岡市」
★「1817 【麺類色々135】東日本の西端で『駿河らーめん』を・・静岡市」
★「1869 【麺類色々140】盛夏の静岡市で『唐揚げ二色うどん』」
★「2145 【お米料理173】『そぼろ親子駅弁』を新緑の駿府城で・・静岡市」
★「2146 【やきそば227】有難き故郷の神社と訛りと『焼きそば』と・・静岡市」
★「2202 【お魚料理102】超高級『ツナ缶』と心の落ち着き先・・静岡市

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(山岡鉄舟・高橋泥舟・勝海舟の三人を、「幕末の三舟」と称しますナ)


静岡市内じゃ昔から当たり前すぎて、コレが他所に無いコトを殆どの市民が知らない「カクゼン桑名屋の8の字」。文字通りに8の字の格好をしたクッキーで、材料は小麦粉・砂糖と卵だけ。一見ソボホーロにも見えますが全く別の庶民のお菓子で、安くて美味い!そして食べ出すと止まらない!幼児から年寄りまでに愛される、これぞ静岡市の味です




| 2015.06.26 Friday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.11.14 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS