きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2216 【スナック58】「遠州ポテチ」を持って、月世界へ再び・・天竜区 | main | 2218 【団子饅頭68】遥かなる太平洋と「玄米パン」・・信州遠山郷 >>
2217 【お肉料理77】期待しないと「ジビエとじゃがた」が・・天竜区

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

静岡県西部「遠州地方」北端に位置する「旧水窪(みさくぼ)町」は、平成十七年(2005)に浜松市天竜区に成った南アルプスの山間の小さな町。信州との県境で、静岡県じゃ数少ない豪雪地帯だったりします

静岡・磐田市の実家で借りた車に乗って、天竜川沿いを北上する私メです。懸命な服薬治療・青空療法の甲斐あって、バイクを乗り回すのは未だ無理ですが、四輪車ならば休憩しつつ運転出来る様に成ってますヨ。

と云っても、混雑してる街中じゃ気力が持たず、空いてる山ン中をのんびり走るのが専らですネ。「道の続く限りドコまでも走ってやる!」と豪語してた昨秋までの元気さが、今は懐かしく思えます。そして情けない。

ま、今は出来る範囲内で頑張るしか無く、土砂降りの月世界で暫く休憩した後、川沿いの国道を信州に向けて走りましょ。処が大雨による増水で通行止めの区間が生じた為、やむなくルートを変更して旧水窪町へ。

尤も知らン道じゃ無いし、廻り道ばかりの生き方を最近してる私メにゃ、むしろ相応しいと諦めましょ。ドウしても諦められない事をドウにかする為、ソレ以外は廻り道ばかりに成っても構わぬと、諦めばかりの私メ。


信州との国境を控えた水窪は、ソコへ向かう「塩の道(太平洋ルート)」の拠点として栄えたトコだとか。縄文時代から使われてたと云う説も有る古い道で、塩以外の物資や文化が沢山行き来して来たンでしょうネ

ソレに寛解の目途が立たないと、「期待」や「希望」ナンてぇのが段々縁遠く成りますネ。「期待したって仕方無い」「希望なんて叶わない」とネガティブに成りがちで、しかも大抵その通りに成るンで、益々イヤに成る。

予想外の遠回りで、水窪は通り過ぎる心算だったのに・・「街中を通ってみますか」とルート変更。街中と云っても山間の小さな町だし、人影ナンて有るまいと多寡を括ってたら、コリャまた予想外!何かをやってる!

ドウやら町おこしのイベントをやってる様で、街中は通行止め。コチとら時々休憩が必要な身の上で、「大したコトは有るまいが、寄ってみましょか」と又々予定変更。こうなりゃ成る様に成れ、どうせ廻り道人生だし。

処が中々に面白い。実に呑気な手作りイベントで、やってる方も集まってる方も殆ど地元の人でしょうナ。町おこしに成るのか判りませんが、少なくとも私ぁ気が紛れました。期待して無いと、偶に良い事も有ります。


水窪の街中でこの日行われて居たのは「じゃがた祭り」なる、ココ特有の小さな在来種ジャガイモを食べようと云うイベントで、生憎の雨降りで気の毒でしたが、ソレなりに賑わってましたヨ。ですが若者の姿は少なかったナ・・年寄りと子供ばかりだった感が。只今でこそ政令指定都市・浜松の一部ですが、水窪から浜松中心街へは七十五kmも離れてるソウで、過疎化と高齢化問題が洒落に成らン状態に成ってる様です

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県飯田市南信濃町」への訪問記です★

(参考リンク)

★「浜松だいすきネット」浜松観光コンベンションビューローHP
★「天竜を旅しよう」天竜観光協会HP
★「水窪情報サイト」水窪観光協会HP
★「いいこと、いいとこ 水窪」だいすき!北遠HP
★「塩の道<信州街道・秋葉街道>」だいすき!北遠HP
★「塩の道 水窪」渡辺峰生建築事務所・好日誌ブログ
★「水窪はむかし"お街"だった」たまらん編集余話・eしずおかHP
★「こいね水窪じゃがた祭り」同HP
★「在来ジャガイモ『水窪じゃがた』に舌鼓 浜松・天竜」アットエス 静岡新聞HP
★「水窪じやがた」出かけよう!北遠へ ふるさと散歩道ブログ
★「水窪のジビエ:浜松名物に」出かけよう!北遠へ ふるさと散歩道ブログ

(関連する記事)

★「591 【お魚料理31】まぼろしの二代将軍『徳川信康』・・天竜二俣」
★「1080 【名物パン83】女武将の復讐と『かすてらぱん』‥井伊谷」
★「1584 【麺類色々110】晩秋の天竜区で『太すぎる新蕎麦』を」
★「1585 【呑みモン45】秋葉神社と『みかんハイボール』・・天竜区」
★「1752 【やきそば185】偉人の出る町で『キムチ焼きそば』を・・天竜二俣」
★「2142 【調味料類28】意外に近かった月世界と『野菜村ドレッシング』・・天竜区」
★「2216 【スナック58】『遠州ポテチ』を持って、月世界へ再び・・天竜区

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(『廻り道人生』も偶になら良いですが、ソレが日常だとイヤに成ります)


「じゃがた祭り」は二回目だソウで、ホント偶然だった私メですが・・期待して無かった分だけ楽しめましたヨ。さて左が「水窪じゃがた」で、ホント小さなジャガイモ。遠州地方のソレは小粒なのが多いですが、じゃがたは輪を掛けて小粒の様な。串焼きのが有ったので食べてみましたが、味噌っぽい味付けでこの位の大きさだと合いますネ。右は山で増え過ぎて困ってる「鹿」の串焼きで、数年前まではコレを用いた「ジビエ焼きそば」で町おこしをしようとしてた様ですが、去年からじゃがたに乗り換えたのかナ?鹿は駆除しても駆除しても出て来るらしく、特産品として何とか上手い活用法が有れば良いのですが・・美味かったですゼ




| 2015.07.09 Thursday (00:15) | やらまいか静岡遠州 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.05.30 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS