きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2231 【やきそば235】新・国立競技場は「遷宮」方式で!・・神宮外苑 | main | 2233 【スイーツ170】お岩さんと都電と「芋ようかん」・・西巣鴨 >>
2232 【スイーツ169】禍うごめく於岩稲荷と「ナポリのアイス」・・左門町

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

私メが二十数年前に初高座を踏んだのは、四谷に当時在った「四谷倶楽部」と云う小さな寄席でしたヨ。今でも四谷三丁目の交差点に来る度に、あの時の緊張と初々しさを思い出し、顔から火が出そうに成ります

真夏の暑さに少しもめげず、青空療法で都内をテクテク歩き廻る私メです。別にネタを求めて歩き廻ってる訳じゃ有りませんが、都合の良い日は一日に幾つも気に成るモンに行き当たり、分けてご報告するコトに。

てな訳で今日のお噂は、昨日ご紹介した神宮外苑に辿り着く前に訪ねたトコ。つまり順番が逆に成っちゃいますが、是非ともご容赦を。何しろ私メら講釈師にゃ大事なお方、「お岩さま」についてでございますから。

講釈師を「冬は義士、夏はお化けで飯を食い」と表したのは、今は亡き我が大師匠・先代神田山陽先生。その大師匠が得意とされた居られたお化け噺の一つが、有名な「東海道四谷怪談」。つまりお岩さまですヨ。

江戸時代初期に実在された方で、世間に喧伝されてる様な悪女なんかじゃ無い。むしろ貞女の鏡と云うべき立派な方で、ソレがドウ云う訳か?恨みを晴らす為に祟って出る様な、恐ろしいお化け扱いされてますネ。


四谷左門町の「於岩稲荷田宮神社」が、お岩さまの居られた田宮邸の跡だとか。商売繁盛・家内安全で大勢の参拝客を集めたトコですが、怪談がヒットして以来、違う意味で賑わった・・講釈師もお詣り致します

お岩さまは幕府の御家人・田宮又左衛門の娘で、入り婿に成ったのが伊右衛門。夫婦仲は良いモノの、貧乏御家人のコトとて家計は火の車。やむなくお岩さまは商家勤めに出ますが、どうも商才が有ったらしい。

やがて大きく儲けて田宮家は裕福に成り、ソレに肖ろうと大勢が田宮邸内のお稲荷サンに参拝に押し掛けますヨ。どんな願いでも叶えて呉れる万能神として、お岩さんが幸せな天寿を全うした後も、参拝は次々に。

亭主と仲良く暮らし、家運を甦らせて子孫も繁栄・・目出たし目出たしと成ってた筈が、お岩さまが没して百九十年も経った文政八年(1825)、お岩さまを主人公にした当たり狂言が作られ、その名声は地の底に!

当時の人気戯作者・四代目鶴屋南北センセが、お岩さまの評判の宜しきを知り、コレを根多に一本書こう。ドウせならどぎつい脚色にした方が受ける筈だと、でっち上げたのが四谷怪談ナンです。明日に続きます。


四谷三丁目交差点から、外苑東通りを少し南へ下がったトコに「左門町」の表示が。画像の茶色いビルの少し裏手に「於岩稲荷田宮神社」さまがございますヨ。そのソバに「お岩さん所縁」と称するお寺が在りますが、ソッチにゃお詣りしない演芸関係者は多い・・そう云うコトですナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都豊島区西巣鴨・お岩さまのお墓」への参拝記です★

(参考リンク)

★「観光の見どころ満載の新宿を楽しもう!」新宿観光振興協会HP
★「新宿区地域ポータル」しんじゅくノートHP
★「歩きたくなる街」四谷タウンHP
★「四谷於岩稲荷田宮神社」猫のあしあとHP
★「東海道四谷怪談」下町っ子の上の空ブログ
★「日本の三大幽霊〜四谷怪談のお岩さん」黄金怪奇譚ブログ
★「四谷怪談 お岩さんの物語」怪談と霊の話HP
★「歌舞伎への誘い 東海道四谷怪談」日本芸術文化振興会HP
★「イタリア伝統のジェラード」ナポリアイスクリームHP
★「ナポリアイスクリームが60周年記念」市ヶ谷経済新聞HP

(関連する記事)
★「
1137 【江戸六地蔵01】新宿のお地蔵サンは『二丁目』に‥」
★「514 【五色不動06】神宮前の目黄不動」
★「1552 【やきそば165】国宝・迎賓館と『カキソース和えそば』・・四谷」
★「1553 【保存食品39】火消しと大木戸と『錦松梅』‥四谷」
★「1995 【今川焼き19】銀杏並木と『ピーナッツ青山焼き』・・神宮外苑」
★「2064 【名物パン227】神宮絵画館と『ピーナッツサンド』・・神宮外苑」
★「2073 【今川焼き22】迎賓館と貧民窟と『わかばの鯛焼き』・・四谷」
★「2082 【お肉料理66】JICAのカフェで『アフリカ料理』を・・市ヶ谷」
★「2156 【揚げモン58】更地に成った国立競技場と『フリッテン』・・神宮外苑」
★「2167 【お肉料理75】若き日の新撰組と『エチオピア料理』・・牛込」
★「2193 【名物パン251】新国立競技場問題と『ドイツパン』・・青山」
★「2231 【やきそば235】新・国立競技場は『遷宮』方式で!・・神宮外苑

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(因みに明後日7/26は『妖怪の日』、四谷怪談が初演された日だとか)


於岩稲荷田宮神社を詣でたら、流石に緊張したか・・甘いモンが食べたい!って、去年までの自分とは全く変わっちゃいましたナ。ですが左門町にゃ真夏に相応しい、甘くて冷たいモンの老舗が在りますゼ!ソレぞ昭和二十八年(1953)創業のイタリアン・ジェラードの老舗「ナポリ四谷本店」で、左門町の横断歩道のソバだったりする。いやぁ甘くて冷たくて、そして味が濃くて美味〜い!少し食べて頭を冷やし、於岩稲荷さまでお詣りの際に戴いて来たお札を見てみれば、「禍のうごめく道をしっかり歩む」との有難いお言葉が。確かに禍ばかりが蠢いてる修羅の道に飛び込んで、身動きが取れなく成って心神崩壊した私メですンで、それでも負けずに「しっかり歩む」が必要ですナ。有難やお岩さま




| 2015.07.24 Friday (00:15) | 夢みる新都心新宿区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.16 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS