きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2232 【スイーツ169】禍うごめく於岩稲荷と「ナポリのアイス」・・左門町 | main | 2234 【やきそば236】子規居士の墓と「中華スパゲッチー」・・田端 >>
2233 【スイーツ170】お岩さんと都電と「芋ようかん」・・西巣鴨

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

城北唯一の路面電車「都電荒川線」は専用軌道が多く、お岩さまのお墓の在る西巣鴨「妙行寺」の横をガタガタ走って行きます。見た目は古いが中身は新しい、イベント車両「レトロ電車」ものんびり走ってますヨ

昨日からの続きで、東海道四谷怪談で化け物扱いされちまった悲劇の女性・お岩さまを考えてます。詳しくは昨日のお噂をご覧願いますが、お岩さまは「貞女の鏡」と云うべき方で、喧伝されてる様な悪女じゃ無い。

ソレを化け物にしちまったのが、江戸後期の人気戯作者・四代目鶴屋南北センセ。没して百九十年経っても評判高いお岩さまの名声を使い、当たり狂言「仮名手本忠臣蔵」外伝として、でっち上げたのが四谷怪談。


忠臣蔵は冬から春がメインの物語で、真夏にやると「季節外れ」と評判が悪い。処がお芝居は「困った時は忠臣蔵」と云う位で、夏でも興行したい。ならば真夏に大受けな「怪談」を、忠臣蔵の外伝として組み込もう。

ソコで南北センセは「死んで百九十年も経ってンなら、多分文句出るまい」と、他の心中や不義密通・主人殺し等々を、虚実取り混ぜた一本の通し狂言に纏め、江戸っ子なら周知のお岩さまを主人公()に据えた。


四谷に在った田宮家の菩提寺「長徳山妙行寺」が、豊島区西巣鴨に移ったのは明治四十二年(1909)のコト。お岩さまのお墓も一緒に移り、「お岩さまはお化けじゃ無く、貞女である」と丁重に扱われてますヨ

只今でこそ「高尚なモノ」扱いされてる歌舞伎ですが、元は川原乞食と称された下賤の民が演じるモノで、観る方もソレに似合ったレベルの者ばかり。いや歌舞伎だけじゃ無く、お能も文楽も古典芸能は全て同じ。

本来はどぎつさがウリの下種な大衆芸能で、ソレが何時しか洗練されて勘違いして、「手前共は芸術でござい」と高ぶってる訳ですナ。もちろん未だに大衆芸能の講談や落語等に、芸術性なんか本来は要らない!


怪談の場合・・興味本意の観客たちに、如何に下種な展開を見せて驚かすか。どぎつい悪役を出して、観客たちを怖がらせるか徹してた筈。当時七十一歳の大長老・南北センセは、下種の極みを芝居に詰めた。

ソレは「貞女の鏡」お岩さまを悪女扱いするコトで、江戸っ子の常識をブチ破ったから為し得た傑作!忠臣蔵では吉良さまが、四谷怪談ではお岩さまが不当に貶められてます。お岩さま、本当に申し訳有りません。


お岩さまを不当に貶めた南北センセは地獄に落ちて、その報いを受けてらっしゃいましょうが、私メら芸能ゴトに関わる者は等しく地獄に落ちる筈。何しろ私ぁ入門時から「芸界=修羅界=地獄行き」と教わってますンで、その覚悟だけは出来て居りますがネ・・今は生き地獄みたいな状態に成ってますケド。さて西巣鴨はチョットした寺町で、明治期に都心から移転して来たお寺が多く、有名人のお墓が沢山ございますヨ。ご覧の「總禅寺」さんには漫画家・手塚治虫センセのお墓が在り、今でも大勢のファンを集めてるとか。撮影禁止でしたンで、コチラでどうぞ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都北区田端」への訪問記です★

(参考リンク)

★「ビジットシティとしま」豊島区観光協会HP
★「西巣鴨ドットコム」アナベルホームHP
★「西巣鴨の歴史散歩」江戸・東京歴史散歩ガイドHP
★「妙行寺、四谷怪談お岩さんの墓所」猫のあしあとHP
★「お岩さまの因縁? −西巣鴨・妙行寺−」断想ブログ
★「四谷怪談 お岩さんの物語」怪談と霊の話HP
★「歌舞伎への誘い 東海道四谷怪談」日本芸術文化振興会HP
★「『東海道四谷怪談』鶴屋南北」松岡正剛の千夜千冊ブログ
★「【墓巡り】手塚治虫−總禅寺−」Rin Nadeshico Blog
★「西巣鴨 土佐屋」All About HP
★「ジャパニーズスイーツも旨いっ。」全国ぐるっとうまいの巡りブログ
★「消しゴム版画家・ナンシー関の記憶」NAVERまとめHP

(関連する記事)

★「572 【スナック04】B級で結構!大都映画巣鴨撮影所」
★「658 【スナック06】二代目高尾太夫と投込寺」
★「1195 【お肉料理31】とげぬき地蔵で『シャーピン』を‥巣鴨」
★「1301 【スナック19】桜咲く飛鳥山と『お米のカール』‥王子」
★「1378 【呑みモン37】大正大学のさざえ堂と『南国チューハイ』‥西巣鴨」
★「1589 【調味料類18】『東京最古のソース』と紅葉の川‥滝野川」
★「1711 【揚げモン53】謂れなき汚名の偉人と『アジの唐揚げ』・・染井」
★「1999 【団子饅頭60】一里塚と『浅見光彦のお団子』・・西ヶ原」
★「2097 【今川焼き24】『都電焼き』と都電の走る街・・大塚」
★「2121 【スイーツ153】音無川の桜と『老舗のあんドーナツ』・・滝野川」
★「2122 【名物パン236】ソメイヨシノ発祥地で『女子大のパン』を・・染井」
★「2165 【名物パン246】バラ咲く洋館と『女子大の葉酸ロール』・・西ヶ原」
★「2169 【やきそば229】清けき青葉の飛鳥山と『ラーメン鉢の焼きそば』」
★「2232 【スイーツ169】禍うごめく於岩稲荷と『ナポリのアイス』・・左門町

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(お岩さまと逆で、見た目は淑やか・内面は妖怪以下な女は多いねぇ) 


西巣鴨界隈はお岩さまだけじゃ無く、死してなお輝く偉大な女性が住んでた街。その人こそ空前絶後・唯一無二の消しゴム版画家「ナンシー関」さんで、彼女が亡く成られてもぅ十五年に成っちゃうンですネ。そんなナンシーさんが愛して止まなかったのが、妙行寺に一番近い荒川線の電停「西ヶ原四丁目」の真ん前にお店を構える「土佐屋」の芋ようかん。昭和十三年(1938)創業の老舗で、同じ芋ようかんでも浅草・舟和のソレと全く違う、実に繊維質っぽい味わいで「まさにイモ」。そして何より巨大で、ナンシーさんはコレを食べながら、消しゴム版画に挑んで居られたンですナ。偉大で勿体無い存在でした・・合掌




| 2015.07.25 Saturday (00:15) | サンシャイン豊島区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.08.19 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS