きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2235 【スイーツ171】長く続く崖と東京一のどら焼き「黒松」・・東十条 | main | 2237 【やきそば237】鉄道の町と「漫々亭の焼きそば」・・大宮 >>
2236 【名物パン256】うなぎの別所沼で「うなぎランチパック」を・・浦和

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

中浦和駅近くの「別所沼」は百万年の昔()、大宮台地から湧き出した水が溜まって出来たモノだとか。ソレほど大きな池じゃ有りませんが、浦和市街じゃ貴重な存在。結構多くの人が、池畔で涼を取ってました

連日記録を更新する暑さにメゲず、青空療法の為に毎日歩き廻ってる私メです。流石に七ヶ月も歩いてますと、身体を覆ってた贅肉や脂肪がキレイさっぱり無くなり、マスゴミが騒ぐほど暑いと感じなく成りますゼ。

ソレが良いコトなのか?危険な兆候なのか?今イチ判りませンが、暑さ順応が成功してると思いましょ。熱中症に成らぬ様に注意しつつ、青空療法を続けるしか無いですナ。未だにその終わりが見えて来ませんが。

拙宅の在る板橋宿を基点に歩いてますが、今日は都県境を飛び越えて埼玉県へ。その最大都市「さいたま市」を構成する、旧浦和市へ参りましたヨ。勿論ソコまで歩けるほど元気じゃ無く、電車に乗ってですがネ。

JR埼京線の中浦和駅で降りましたが、初めての駅だから右も左も判らず、取り敢えずテキトーにテクテク歩いて・・あぁ草臥れた。ドコか涼しいトコで休みを入れたいと、タブレットの電子地図を頼りに別所沼公園へ。


池畔はキレイに植林され、木立に射し込む強い陽射しはご覧の様。東京近郊の百万都市に居るのを忘れちまう様な、実に爽やかな風景ですが・・気温は東京より数度高い筈で、夏男と化した私メでも辛いです

埼玉県庁の裏庭と云うべき都市公園で、その中心は百万年前から存在してた池「別所沼」。幾らナンでも百万年とは辺羅棒だと思いきや、学術調査した結果だと云うから驚いちまう。ま、池畔のベンチで暫し休憩を。

最近は水際でボーっとしてられるンで、エラク安心出来ますヨ。てぇのはオカシさのピークだった真冬の頃、東京・吉祥寺のクリニックへ診察に行く前に毎回逡巡してた井の頭池で、飛び込む事ばかり考えてたから。

処が「飛び込みたい」と云う気持ちと、「飛び込もう」と云う気力が連動せず、やがて面倒に成って「今日はイイや」で終わってた。幸いにして気力が多少は復した最近は、「死んで花実が咲くものか」がモットーの私メ。

大体が私ぁ水泳者で溺れようが無いし、第一「あんな汚い池じゃイヤ」。別所沼は井の頭池と同じく去年、池掃除で「かいぼり」をしたとか。処がコッチは殆どゴミが出なかったソウで・・真冬に来なくて良かったですヨ。


「沼」って云うと泥っぽいイメージが有りますが、池と沼にゃ明確な区分は無く、小さな湖ならドウ呼んでも良いみたいですネ。さて別所沼には大きな噴水が二つ在って、その一つが強い日差しと風の悪戯でご覧の様に。飛び込む代わりに、噴水の雫を浴びたいと思う真夏の午後です

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「埼玉県さいたま市大宮区」への訪問記です★

(参考リンク)

★「web S@i’s」さいたま観光国際協会HP
★「浦和エリア」さいたま観光国際協会HP
★「浦和の街と歴史と文化を知る知的ウェブマガジン」うらわマガジンHP
★「浦和 活気づく文教都市」ペリジー・読売IS・HP
★「さいたま公園ナビ・別所沼公園」さいたま市公園緑地協会HP
★「別所沼公園」公園へ行こう!HP
★「100万年前の沼 別所沼へ行く(浦和)」拙者 無職の貧乏暮らしでござるブログ
★「87年ぶりという別所沼の『かいぼり』で初めて沼の底を見た!」くうねるあそぶブログ
★「鰻の蒲焼が浦和発祥ってほんと?」うらわマガジンHP
★「ランチパック、うなぎタレ味 浦和名物うなぎ料理に因み限定販売」埼玉新聞HP
★「ランチパックシリーズ −うなぎのたれ仕立ての鶏つくねとタルタルソース−」おもしろ探しの部屋ブログ

(関連する記事)

★「147 酔狂の極み!!桜区にさくらを観に行く」
★「479 【スイーツ21】中山道の第二番宿はWARABI」
★「707 【呑みモン25】さいたま市大宮区は『リス』の街」
★「708 【スイーツ32】さいたま市浦和区は『ウサギ』の街」
★「1663 【麺類色々119】『汁なしラーメン』と待ち遠しい開幕・・大宮」
★「1664 【お米料理113】『スタカレー』で与野市を開放せよ・・さいたま新都心」
★「1952 【やきそば209】落ちない神話と『塩焼きそば』・・大宮」
★「2007 【麺類色々159】井の頭公園と『ホープ軒のラーメン』・・吉祥寺」
★「2107 【名物パン235】コブシ咲く井の頭池と『フィンランドの煉瓦パン』」
★「2157 【煎餅お餅23】日本一長い参道で『ねぎみそ煎餅』を・・大宮」
★「2210 【名物パン252】梅雨の井の頭公園と『ピタパン』・・吉祥寺」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(どうせ飛び込むンだったら・・って、そんな事はしない心算ですケド)


「絶滅寸前のうなぎ資源保護の為、全面的な禁漁・禁食を数年間すべきだ!」と云うのが私メの持論で、その分ナマズの養殖に力を入れるべきだと声を大にしてますが、今夏も「土用の丑の日」需要の為に、必要以上のうなぎが捌かれたンでしょうナ・・基本的に岡田屋ジャスコが悪い!ソレにこんな美味しくない時期に食べたがるとは・・うなぎの旬は冬なんですがネ。そんな「うなぎの蒲焼」は、驚くコトに浦和が発祥地だとか。しかも別所沼に居たうなぎを捌き、旅人達に出してたとか。夏のうなぎはムダに高いし美味しくないンで、蒲焼発祥地・浦和の面々とヤマザキ製パンとがコラボした「うなぎのたれ仕立て鶏つくねランチパック」を食べてみましたが、タレの味が今イチ良く判りませんゼ。ま、私ぁ土用の丑の日にゃ、トンカツを食べに参ったンでございますけども




| 2015.07.28 Tuesday (00:15) | なぜかココは埼玉南 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.05.21 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS