きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2242 【麺類色々192】湧水涼しき深大寺で「お蕎麦のお代り」を・・調布 | main | 2244 【名物パン258】小金井公園までサイクリングを・・小平 >>
2243 【やきそば238】東京の府中と「広島の府中焼きそば」

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

府中市の中心部・約六百mに渡り、欅の木陰が続く大國魂神社の参道「馬場大門のケヤキ並木」は、国の天然記念物に指定された唯一の欅の並木道。平安時代から在るらしく、所々に立派な巨木が在ります

調布市の深大寺に続き、その西隣り・府中市へ参った私メです。川向うを除く東京都の全て・埼玉県の全て・川崎市の全て、そして横浜市の東半分を占める「武蔵國」の中心たる、「国府」が遥か昔に置かれてた街。

「国府」てぇのは現在の県庁みたいなモノで、京都や奈良から派遣されたお役人サマがココに詰め、行政や徴税をしてた訳ですナ。律令時代には北海道と沖縄以外の全国を、六十八ヶ国に分けて統治してましたヨ。


武蔵國の総社が、府中自慢の「大國魂(おおくにたま)神社」。四世紀前半に建立されたとされる古社で、参拝するのは三年半ぶり。悪縁払いで東京のイロんな神社を詣でてますが、ココを忘れてちゃ駄目ですナ

そんな国府の置かれた街を「府中」と申します。六十八ヶ国に分かれてたンだから、全国にゃ六十八ヶ所の府中が在った訳ですが、方々に同じ名前の街が在ると面倒ナンで、「旧国名+府中」で区別してた様ですヨ。

つまりココなら「武蔵府中」と成る訳だ。ですが室町時代にゃ「我が国の府中はドコだったのか」てな状態のトコが多く成り、戦後に成って発掘調査をした結果、漸く「ココが府中だったンだ」と判明したトコが実に多い。


自転車と歩行者専用の遊歩道「緑道」が、方々に整備されてるのが府中市。その一つ「下河原緑道」を通って多摩川へ向いましたが、聞けば旧国鉄下河原線の廃線跡を転用したモノだとか。道理で真直ぐな訳だ

処が武蔵府中は大國魂神社サマのお蔭で忘れられるコト無く、大化の改新の頃から延々と、「ウチが府中」と名乗り続けて来たから立派!なのに現在の市町村制の中じゃ、妙にヤヤコシイ存在に成っちまってる。

私メら地理好きにゃ常識ですが、「日本にゃ府中市が二つ在る」から世間の人は面食らう。区町村の名前は別ですが、市名は重複しちゃ駄目なのが国のルール。処が東京都と広島県の両方に、「府中市」が在る。


中央フリーウェイを潜り抜け、ビール工場の脇を進む下河原緑道の終点は、多摩川の河原に近い「府中市郷土の森公園」。砂利採取場の跡で、下河原線は砂利の都心への搬出の為に敷かれた鉄道だったとか

まず広島の「備後府中」が昭和二十九年(1954)三月三十一日に、その翌日に「武蔵府中」も府中市に成ります。双方ともに歴史を誇って一切譲らず、ドウにも収拾がつかずに「えぇい面倒だ」と特例扱いに成った。

しかも申請は東京が先で、広島が割り込んだ形に・・。六十年以上経ってるンだから仲直りすればと思いますが、その遺恨は深いらしく、未だに友好都市関係に成って無い・・。恨みは簡単にゃ消えぬのが常です。


「郷土の森公園」で暫し休憩し、多摩川の土手まで出てみました。曇ってた天気もすっかり晴れ、随分キレイな青空に。土手は「府中多摩川かぜのみち」なる歩行者優先の遊歩道に成って居て、サイクリストやランナー達が結構走ってましたヨ。ココから河口まで約三十三kmです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都小平市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「武蔵国ぶらり街あるき」府中観光協会HP
★「府中市で快適に暮らすための地域情報」府中タウンガイドHP
★「武蔵国の守り神」大國魂神社HP
★「大國魂神社の参道が欅並木がスゴイ」景観デザインを目指せブログ
★「武蔵国府」国府物語HP
★「国鉄下河原線の廃線跡を行く」craftな毎日ブログ
★「府中市郷土の森公園のハス」楽しく散策 インターネット&近郊HP

★「府中多摩川かぜのみち」Kyoushoublog
★「二つの府中市」特選東府中情報HP
★「府中焼き!古川食堂」RG400ブログ

(関連する記事)

★「876 【東京十社12】武蔵国の総社は大國魂神社」
★「877 【お米料理60】野暮じゃない谷保天神と『スタ丼』‥国立」
★「1675 【お魚料理88】新撰組・近藤勇と『新島のくさや』・・調布」
★「1676 【スイーツ107】国立天文台と『天文学量のチョコ』・・三鷹」
★「2037 【麺類色々163】お散歩ついでに元祖『油そば』を・・武蔵境」
★「2091 【調味料類26】『超高級マヨネーズ』とキューピーたち・・調布」
★「2191 【お米料理178】懐かしき母校と『学芸大丼』・・小金井」
★「2192 【麺類色々186】次郎物語と『宝めん』・・東小金井」
★「2211 【お米料理181】鬼の副長・土方歳三と『チキ玉丼』・・高幡不動」
★「2212 【お米料理182】もう一つの武蔵一ノ宮と『C&Cカレー』・・聖蹟桜ヶ丘」
★「2242 【麺類色々192】湧水涼しき深大寺で『お蕎麦のお代り』を・・調布

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(東海道五十三次の『府中宿』は、今の静岡市だったりするンですが)


大國魂神社に参拝後、下河原緑道で多摩川の河原に行こうとしたンですが、コレが予想外に遠くて・・しかも珍しい食べ物どころか、料理屋自体が殆ど無くて・・結局食いそびれちまいました。だもんで非常の事態だ!どうかご勘弁を・・東京都じゃ無く、広島県の府中市で食べた「府中焼きそば」を。備後府中のお好み焼きの元祖と目される「古川食堂」さんで戴いたのが、紹介出来ずにストックの儘で残ってたンですヨ。府中焼きは豚ミンチを入れて焼く「広島スタイルのお好み焼き」で、当然の様に焼きそばも豚ミンチでしたネ。少し甘めのカープソースで仕上げて貰った記憶が在りますが、東京の府中市で「備後府中お好み焼き」を出す店は、一軒も在りませんナ。もっと仲良くすればイイのに・・




| 2015.08.03 Monday (00:15) | たまタマTAMA多摩 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.20 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS