きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2257 ビリケンさんに願いを込めて・・今日から更新再開 | main | 2260 【団子饅頭70】世界遺産の森と「元祖みたらし団子」・・下鴨神社 >>
2259 【団子饅頭69】天高く空蒼き上賀茂神社で「やきもち」を

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

一ノ鳥居を潜ると、上賀茂神社サマの参道は広々とした緑の芝生に。ココは毎年五月に葵祭の前儀たる「競馬会(けいばえ)神事」の行われる場所ですが、式年遷宮を知らせる幟が風に心地良く揺れてましたネ


記事の更新を中断してる間、上方へ一人旅に行ってた私メです。都内をブラブラ歩き廻るのも楽しいですが、私ぁ芸名通りの気ままな風でして、普段と違う街を風に任せ、テキトーに歩き廻る方が性に合ってますナ。

てな訳で・・JR京都駅に降りたは良いモノの、古都のドコへ行くかは全く未定。早くも初秋に入った感の有る東京と違い、まだ残暑全開の京都の街ですから「涼しいトコが宜しいナ」と、堀川通りをひたすら北へ北へ。


上賀茂神社サマの境内は、国宝が二棟・国の重要文化財が三十四棟と凄まじく、最近のソレと違って堂々たる「世界遺産」。朱塗りの楼門は寛永五年(1628)に再建されたモノで、当然の様にコチラも重文ですヨ

やがて辿り着いたのは市街地の北端にして、千二百年の都・京都最古の地たる「賀茂別雷(かもわけいかづち)神社」。判り易く云えば「上賀茂(かみがも)神社」サマで、ココは平安京総鎮守にして山城国の一ノ宮!

ただでさえ古い歴史だらけの京都の中で、ズバ抜けたソレを誇るトコですヨ。何しろ桓武帝が平安遷都された延暦十三年(794)にゃ、既に大きく栄えてたってンだからもぅ大変!創建は遷都の百年以上も前だとか。


一般参拝者が進めるのは、楼門と同時期に再建された高倉殿(もちろん国の重文)まで。この奥に国宝の「本殿」「権殿」が在りますが、御神域だから撮影禁止!二十一年ぶりの式年遷宮は、いよいよ来月です


上賀茂神社サマに初めて参ったのは、確か高校生ン時でしたから・・三十年も前のコト。今回と同じく京都駅から北へ向かい、すっかり「歴史酔い」に成って草臥れ果て、フラフラに成って辿り着いたのを覚えてます。

年若い東夷の兄チャンにゃ、京都は奥が深過ぎて・・とてもとても理解し切れるモンじゃ無い!黄昏迫る参道の芝生の上に寝っ転がり、頭が冷えるまで空を眺めてましたナ。以来、私ぁココが大好きに成っちまった。


上賀茂サマの素敵なトコは、境内を流れる「御手洗(みたらし)川」の存在ですネ。禊の為の聖なる川ですが、残暑厳しい季節はせせらぎと共に、爽やかな涼風も運んで来て下さる様で・・境内に住んじまいたい!


もちろん当時は世界遺産じゃ無かったから、芝生で寝てても怒られませんでしたが・・流石に今は無理な様。でも端っこで休憩する位は構わぬらしく、本物の格式を誇るトコは実にフランク。青空でも眺めましょうか。

処が蒼く高い空を見上げてる内に、つい昨年来の辛い心神を思い出しちまって、気付けば嗚咽に近い状態に。ま、大好きな上賀茂サマだからこそ、日頃出せぬ心情を吐露出来たンでしょう。訪ねて良かったです。


やがて淀川と成って大阪湾へ流れる鴨川も、上賀茂神社サマの辺りじゃ「賀茂川」と書いたりしますナ。この川沿いに四kmほど下れば、ソコはもう一つの山城国一ノ宮「下鴨神社」。当然ソチラも参拝せにゃネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「京都府京都市左京区下鴨」への訪問記です★

(参考リンク)
★「京ごよみ」京都市観光協会HP
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
★「世界遺産 上賀茂神社」賀茂別雷神社HP
★「上賀茂神社 第42回式年遷宮」賀茂別雷神社HP
★「式年遷宮 下鴨神社/上賀茂神社」京都市観光協会HP

★「上賀茂神社()屋根だけの式年遷宮」日本全国建物音頭ブログ
★「ほっこり京都生活・上賀茂神社」わかさ生活HP
★「上賀茂神社内の川」水とのふれあい 親水紀行HP
★「賀茂川と鴨川の違い」京都観光旅行のあれこれブログ
★「上賀茂神社の『やきもち』」京都の和菓子ドットコムHP
★「京都・上賀茂名物やきもち」葵屋やきもち総本舗HP
★「葵屋やきもち総本舗」京都COCOニャンブログ


(関連する記事)
★「
792 【名物パン57】地名連称の老舗と名物パン『カルネ』‥出町柳」
★「793 【京都上ル下ル14】世界遺産と『ざるそば』『ざるうどん』」
★「794 【団子饅頭29】大くたびれの鞍馬山と『牛若餅』」
★「795 【京都上ル下ル16】鞍馬の山賊と『木の芽煮』」
★「988 【京都上ル下ル19】上賀茂神社と『黒蜜掛けのところてん』」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(偶に大泣きするとスッキリしますナ。みっとも無いのは確かですが・・)


上賀茂神社や下鴨神社の式年遷宮は、伊勢神宮のソレに比べて遥かに小規模で、今回は建物の屋根をふき替えるだけだとか。と云うのは世界遺産に指定された為、建て替えるのが認められないから。だから伊勢神宮は、頑として世界遺産化を拒んでる訳ですナ。そんなお伊勢さんに赤福が有れば、上賀茂神社サンにゃ名物「神馬堂サンのやきもち」が在りますヨ。処が時間の経つのを忘れ、境内でくつろぎ過ぎた?イザ行ったら売り切れてて・・。ソコでライバル店()で、バス乗り場の真ン前に在る「葵屋サンのやきもち」を。余り甘過ぎないンで、夏の疲れにゃ持って来いの嬉しい味。いい年こいて泣き疲れた私メ、お腹が空いたのか?思わずお代りまでしちゃいましたゼ。あぁ美味しかった




| 2015.09.01 Tuesday (00:15) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.04.27 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS