きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2263 【団子饅頭71】「長五郎餅」と記憶力回復への願い・・北野天満宮 | main | 2266 【お米料理189】「早なれ寿司」と挫けぬ吉宗公・・和歌山市 >>
2265 【スイーツ174】昔は近かった和歌山と「グリーンソフト」

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

和歌山城が築かれたのは、豊臣家による紀州征伐の終わった天正十三年(1585)のコト。ソレまでは「若山」と書いてたソウですが、万葉集にも詠まれた景勝地「和歌浦」が近くに在るコトから、字を変えたとか


残暑厳しき関西を、気侭に一人旅した私メです。結構な気分転換に成りましたが東京に帰ったら暗転し、昨日は更新を休む破目に。依然として我が心神は本調子にゃ遥か遠く、副作用やらナニやら辛いコトばかり。

好転する目途が全く立たぬ以上、騙し騙し堪えるより他は無く、コレからも更新を時々休むやも知れず・・無理せずボチボチ参ります。さて三年半ぶりに私ぁ和歌山市へ参りましたが、東京からココは気分的に遠い!

関東の千葉県と一緒で、
共に太平洋に突き出た巨大半島。無礼承知で申し上げますと、国土軸から食み出てるンで「ソコが目的」じゃ無いと、千葉も和歌山もまず参りません。何しろ「ついでに通るトコ」じゃ無いし。

だってソウでしょ。西の方が千葉へ行く時は、コリャ如何したって東京で乗り換えにゃ成らぬ。尤も最近は成田空港を拠点とするLCCが増加して、以前とは逆に「関東の入口が千葉県」に成る場合も有りますけど。


御三家の一つ・紀州徳川家の本拠「和歌山城(虎伏城)」は、五十五万石の大々名にふさわしい壮大な構え。戦前は国宝指定されてた大天守は空襲で焼失し、現在のは昭和三十三年(1958)に再建されてます


逆に東から和歌山へ行くには、大阪で乗り換えが一般的。LCCで関西空港を使っても、アソコは大阪府だから「関西の入口は和歌山県」てな訳にゃ成らぬ。大阪と云う大きな壁の向うに在る、心理的には遠い県。

なのに江戸の徳川将軍家は、最重要な親族たる御三家のお一つを、敢えて和歌山城に置いた。コレは今と昔の常識基盤が異なり、東西間の重要幹線は、東海道以外にも在ったから。ソレは太平洋沿いの海路。

飛行機も自動車も鉄道も無い時代で、東西間でモノを効率的に大量に早く運べるのは、和歌山の紀伊半島から千葉の房総半島へ、白帆に風受け太平洋沿いを威勢良く突っ切る「弁才船(いわゆる千石舟)」だけ。

万一の時に大坂へ攻め込む為の紀州徳川家ですが、静岡の遠州灘沖さえ無事に渡れれば、弁才船は結構安全だったンで、「関西の入口」的な役割を、幕府は和歌山城に求めたンでしょう。昔は近かった様です。


最大時の四分の一ほどしか残って無いソウですが、ソレでも随分と広いお城でしたヨ。和歌山城でも青空療法とテクテク歩き廻りましたが、フト見上げれば・・ご覧の緑のトンネルが!気分がスッキリ出来ました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「和歌山県和歌山市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「わかやま市で見て、食べて、遊ぶでござる!」和歌山市観光協会HP
★「四季百景わかやま市」和歌山市観光協会HP
★「和歌山城」和歌山市観光協会HP
★「和歌山城〜和歌山県和歌山市〜」裏辺研究所HP
★「紀州藩主」わかやまを知る・楽しむ!ブログ
★「立地が悪すぎて、特産物があるのに栄ない和歌山県はどうしたらいいんじゃ!!!」かくいう私も青二才でねブログ
★「江戸の海運」K2mamapapaのblog
★「菱垣廻船と樽廻船」徹底調査 愛知県の博物館HP
★「わたしたちは和歌山で江戸時代の創業より緑茶と共に歩んでいます。」お茶の玉林園HP

★「老舗が考えた世界初の抹茶ソフト」プレミア和歌山・和歌山県庁HP
★「和歌山県民に愛されるローカルソフト」Excite Bit HP

(関連する記事)
★「
827 【名物パン61】漆黒の和歌山城と『ナカタのパン』」
★「828 【スイーツ39】和歌山遺産『グリーンソフト』

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」


(『菱垣廻船』『樽廻船』なる特別な弁才船が、太平洋沿いの主役です)

江戸〜大阪間の最初の「菱垣廻船」は紀州の船だったソウで、江戸時代は江戸から近しい存在だった筈ですが、時代の流れで遠く感じられる様に成り、和歌山にゃ独自の文化が栄えてますナ。そんな和歌山を代表する食べ物と云えば、ミカンや梅干しじゃ無く、ソレは「玉林園のグリーンソフト」だったりする。和歌山城大天守が再建された、昭和三十三年に売り出された「抹茶入りのソフトクリーム」で、玉林堂さんの直売店で食べられる
柔かい方は以前ご紹介しましたが、今回はより一般的なカチンコチンに凍ってる方を。市内・県内のコンビニでフツーに売られてますし、大天守の茶店でも当然の様に売られ、残暑厳しい城内を歩き回って汗だらけの身体にあぁ嬉しい!尤も柔かい方と硬い方のドッチを好むか、県内じゃ意見が盛り上がるソウで、実に楽しいです




| 2015.09.07 Monday (00:15) | 和み和らぐ和歌山県 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.20 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS