きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2265 【スイーツ174】昔は近かった和歌山と「グリーンソフト」 | main | 2267 【麺類色々194】「和歌山ラーメン」と夜の和歌山城 >>
2266 【お米料理189】「早なれ寿司」と挫けぬ吉宗公・・和歌山市

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

紀州徳川家はご覧の「和歌山城(虎伏城)」を本拠地とし、二人の将軍を輩出してますが、そのお一人・吉宗公が藩主としてココに居られたのは、宝永二年(1705)〜正徳六年(1716)までの足掛け十二年間です


気侭な一人旅で東京を離れ、残暑厳しき関西を訪ねた私メです。京都に続いて和歌山市へ参りましたが、ココでも心神回復の為にブラブラ歩き廻る青空療法を。久し振りのトコですンで、全てが目新しく感じます。

だもんでつい調子に乗り、また「暑さを暑さと感じられる」様に成ったのが嬉しくて、気付けば二十km近く歩いてました。コリャ普段の倍位ですが、気分が重くて二kmも歩けぬ日も有るンで、歩き貯めと云うコトで。

和歌山市と云えば御三家の「紀州徳川家」のお膝元で、市街の真ン中に和歌山城が聳えてるンで、当然の様にお城や周辺をブラついた訳ですが、お城の南西ソバに建つ近代美術館の前に、珍しい方の銅像が。

ソレは江戸幕府の第八代将軍「徳川吉宗」公の銅像で、極めて有名なお方ながら・・初めて拝見した様な。探せば東京のドッカにも居らっしゃるンでしょうが、お見掛けした覚えは有りませんヨ。お早うございます!


吉宗公は第二代藩主・光貞公(家康公の孫)の四男で、越前葛野藩(三万石)の殿様で終わる筈が、兄弟の早逝の為に和歌山藩五十五万石の第五代藩主と成り、遂には江戸で将軍に・・大出世を遂げた方です


徳川御三家のうち、尾張家と紀州家は江戸の将軍家が途絶えた時の為の「お控えの家」。その将軍家は七代で途絶え、第八代将軍に成ったのが、和歌山藩の藩主だった吉宗公。本家以外じゃ、初めての将軍さま。

分家から本家を継いだ吉宗公に対し、ソレ以前から居た幕府の役人達は「分家だった癖に」と侮った筈。ですが負けずに、吉宗公は幕府の大改革「享保の改革」に取り組ンだのは、皆さまも学校で教わった事実。

目先の利益を確保する「企業の改革」の為に、外部から経営者を招き入れるコトが最近多いですナ。余計な柵が無いから、思い切った大鉈を振るえる。尤もマクドナルドの凋落を見てますと、失敗する方が多い様な。

企業は潰れりゃ済みますが、国政を執る幕府はソウ成らず。だから地道かつ大胆に、腰据え命懸けで改革に取り組ンだとか。ソレが出来たのは吉宗公が、心身共に挫けなかったからと聞きます。私メも頑張らにゃ。


吉宗公の銅像のすぐ近くに、昭和四十六年(1971)まで和歌山市内を走ってた「南海・和歌山軌道線」の電車が!衰退著しい中心繁華街の復活を目指し、その復活が現在検討中と聞きますが、今も残ってたら私ぁ余り歩き廻らずに、コレに乗って市内観光を楽しんだンでしょうナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「和歌山県和歌山市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「わかやま市で見て、食べて、遊ぶでござる!」和歌山市観光協会HP
★「四季百景わかやま市」和歌山市観光協会HP
★「和歌山城」和歌山市観光協会HP
★「徳川御三家・徳川御三卿とは何か」テレビを見るための日本史ブログ
★「紀州徳川家」水野日向守本陣HP
★「吉宗ものしり帖」紀州徳川廟・長保寺HP
★「徳川吉宗と享保の改革」裏辺研究所HP
★「南海電鉄 和歌山電軌線」ローカル駅の坪庭HP
★「路面電車の復活なるか 和歌山市が研究」わかやま新報HP
★「紀州のお寿司 早ずし」JA3PLBと次田FamilyWeb HP
★「丸中寿司の早なれ寿司」kammy食べパケ・ブログ


(関連する記事)

★「827 【名物パン61】漆黒の和歌山城と『ナカタのパン』」
★「828 【スイーツ39】和歌山遺産『グリーンソフト』」
★「2265 【スイーツ174】昔は近かった和歌山と『グリーンソフト』

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(分家出身だから軽んじられた?なぜ東京に銅像が無いのかしらん)


往年の某有名時代劇ですと吉宗公は大勢の侍をバッタバッタと斬り倒す、随分と短気で乱暴なお方として扱われ、「暴れん坊」なイメージをお持ちの片ばかりだと思いますが、実際は気の長い方で、刀を持って立ち回りをされる様な方じゃ御座いませんヨ。ですが和歌山は短気なお方が多いのかナ?名物の「鯖の馴れずし」が熟すのを待ちきれない方々の為に、ジックリ発酵させるンじゃ無く、お酢を用いてサッと食せる「早なれ寿司(早ずし)」が別にございますナ。和歌山じゃラーメン屋さんのテーブル等に置かれ、一緒に食べるのがフツーみたいですが、コレは地元のスーパーで買ったモノ。握り寿司と押し寿司の真ん中位の食感で、歩き廻ってチョット疲れた身体に酢飯が嬉しかったですネ。なお
和歌山ラーメンは某有名店を、明日ご紹介させて戴こうと思ってます




| 2015.09.08 Tuesday (00:15) | 和み和らぐ和歌山県 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.17 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS