きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2272 【お米料理190】「セイロンライス」とアメリカ村・・西心斎橋 | main | 2274 【スイーツ177】清水湧く大垣で「水饅頭ぜんざい」を >>
2273 【お肉料理79】「蓬莱本館の豚まん」と雨夜のなんば
フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

黄昏迫る大阪ミナミの象徴「南海なんば駅」。昭和七年(1932)に完成した駅ビルには高島屋大阪店が当初から入ってますが、ココは日本最初の冷暖房完備の百貨店で、高島屋サンの登記上の本店ナンだとか

旅先でも青空療法!と、残暑厳しき大阪市をブラつく私メです。この日は朝から気分が良く、中之島一周やら心斎橋界隈の回遊やら十数kmを午前中に歩き、ドウにも草臥れたンでお宿に引き上げ暫し休憩を。

何しろ私ぁ昨年末から一日も休まずに歩いてますンで、解消されぬままに蓄積された疲労は深刻で、加えて身体の故障も出てますンで、幾ら気分が良くてもココは自重。次に歩くのは日が暮れてからにしましょうや。

関西ローカルのTV番組など見つつ、ウツラウツラしてる内に黄昏近く。全部歩くのは流石に辛いンで、今度は地下鉄に乗ってミナミの中心・なんば界隈へ。当然ですが「座ったままで運んで貰える」のは楽ですナ。

が、地下鉄の難点は「外の様子が判らぬ」コトで、たった二駅乗っただけなのに・・階段を登って地上に出ると、アレレ雨が降ってる!しかも強い風雨で、持参の折畳み傘じゃ骨が折れちまう。アーケードに逃げよう!


南海なんば駅前から東へ伸びるアーケード「なんば南海通」へ逃れたモノの、雨からの避難客でご覧の雑踏。ココは呑み屋の立ち並ぶ通りですが、服薬の為に絶対禁酒の私メにゃ残念ながら御縁が無いです

私ぁ育ちは多少違うモノの、東京生まれで東京に今も住んでる東夷。そんな私メが西日本に行って良いナと思のは、全屋根式のアーケード商店街の多さ。規模の差は有っても、大抵の商店街に屋根が付いてる。

東西の文化の違いとか、降雪量の差も有るンでしょうが、やっば商店街は屋根が付いてる方が良いです。夏は涼しく・冬は暖かく、そして今回みたいな雨降りでも、屋根が付いてると安心して歩けるし逃げ込める。

そりゃ東京だって全屋根式アーケードが無い訳じゃ無いですが、大阪みたいにドコだって付いてる訳じゃ無い。その理非を論じ出すとキリが有りませんが、取り敢えず大阪ミナミのアーケードを東へ西へ、北に南に。

「直きに止むだろう」と多寡を括ってたのに、風雨は強く成る一方で・・流石の大アーケード街でも何時までも歩いて居られン!朝からの通算歩数もエライ事に成ったンで、お宿に戻りますか。あぁお酒が呑みたいヨ。


南海なんば駅前から北へ伸びるアーケードが、道頓堀へ向かう「戎橋筋商店街」。ナンパ橋として有名な「戎橋」を介し、昨日ご紹介の心斎橋筋の大アーケードまで繋がってますが、風雨が酷くてソコまで辿り着けませんでしたヨ。コッチも大変な雑踏で、屋根が在るって便利ですゼ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「岐阜県大垣市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「世界へ!大阪最新情報」OSAKA-INFO 大阪観光局HP
★「大阪人が選ぶ観光スポット・穴場・イベント情報」大阪ええとこ巡りHP
★「中央区にぎわい発見サイト 大阪中心」大阪市中央区役所HP
★「大阪ミナミ観光情報」戎橋筋商店街振興組合HP
★「いっとこミナミ」いっとこミナミ実行委員会HP
★「なんば駅から見る、愛が、多すぎる。」南海電鉄HP
★「南海ビルディング(高島屋)」レトロな建物を訪ねてブログ
★「大阪の人が言う『ミナミ』って何だ?大阪・難波で知っておきたい21のこと!」Find Travel HP
★「世界最大級の繁華街、大阪ミナミのど真ん中」戎橋筋商店街HP
★「地下街に対抗?大阪にアーケード商店街なぜ多い」日本経済新聞HP
★「浪花名物 元祖豚まん」蓬莱本館HP
★「蓬莱本館と551蓬莱の違い」暇つぶし情報サイト・ブログ
★「551蓬莱vs蓬莱本館、豚まん食べ比べ!」日々是楽!ブログ

(関連する記事)

★「306 大阪の暑さにアッサリ負けた男」
★「307 【お肉料理05】大阪ミナミで買い食いした男」
★「1064 【麺類色々68】道頓堀に飛び込む阿呆と『好きやねん』」
★「1501 【粉なモン25】雨の法善寺横丁と『キャベツ焼き』‥大阪ミナミ」
★「1598 【麺類色々112】地下鉄の熱帯魚と『エースコックのワンタンメン』・・大阪市」
★「1637 【お米料理112】『名物カレー』と強引と傲慢・・大阪ミナミ」
★「1639 【お魚料理85】ココもミナミ?心斎橋で『昆布の佃煮』」
★「2187 【名物パン249】都構想敗れたミナミで『ヴェネチアーナ』を」
★「2272 【お米料理190】『セイロンライス』とアメリカ村・・西心斎橋

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(アーケードのメーカーが西日本に偏在してるのも、理由の一つだとか)


戎橋筋商店街で一際目立つのは、関西じゃ知らぬ者の無い「551蓬莱」の豚まん売りの声。牛肉文化の西日本じゃ、豚肉の入った肉饅はあえて豚まんと呼び分けてますナ。「もちもちした生地・こってりした中身」の551蓬莱の豚まんは匂いがキツイのが難点ですが、嫌いな人は居らぬ筈。処が戎橋筋の551のお隣りに、「蓬莱本館」なるナゾの豚まん屋さんが・・。一瞬パチモンかと思えども、ココは左に非ず。昭和二十年(1945)十月に創業した「蓬莱食堂」が、昭和三十九年に「蓬莱本館」「蓬莱別館」「551蓬莱」と三分裂したモノで、この両店はもともと同根ナンだとか。東京でも蓬莱本館のチルド豚まんは売られてたりしますが、蒸し立てを売ってるのは初めて。てな訳で551のじゃ無く、敢えて本館の豚まんを買ってお宿へ帰り、夜食にしてみた私メ。本館さんのは「ふんわりした生地・あっさりした中身」で、東京者の私メ的にゃコッチの方が宜しいですネ。ソレにしても・・豚まんみたいな高カロリー食品を夜食にしたのに、痩せて行くばかりなのは全く困りモノです



| 2015.09.15 Tuesday (00:15) | やっぱ大阪はミナミ | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.03.30 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS