きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2273 【お肉料理79】「蓬莱本館の豚まん」と雨夜のなんば | main | 2275 【やきそば241】残暑の鳩寺と「とり塩炒めパスタ」・・西池袋 >>
2274 【スイーツ177】清水湧く大垣で「水饅頭ぜんざい」を

フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

岐阜県じゃ二番目の人口(十六万)を誇る大垣市は、滋賀県に隣接する西濃地方の中心都市。伊吹おろしの影響で冬場は雪が結構降りますが、この日は残暑がまだ厳しく・・。涼しげな湧水を訪ねたく成りました


気力切れ」を名目にブログの更新を暫く休み、気侭な一人旅で関西地方をブラついてた私メです。京都・和歌山・大阪を歩き廻り、随分な気分転換にゃ成りましたが、残念ながら病状は好転せずで・・難しいですヨ。

ま、何時までも逃げてたって仕方無いですし、現実に立ち向かわにゃ何事も始まらぬ訳で、未練たらたら拙宅の在る東京へ帰るコトにしましたが、もう一ヶ所ぐらいドッカに寄って行きたい。さてドコにしましょうかネ。


関ヶ原合戦の激戦地「大垣城(巨鹿城)」は、JR大垣駅から遠くないトコに。明治維新後の破却を逃れ、戦前は国宝に指定されてた天守閣は空襲で焼失。現在のは昭和三十四年(1959)に復元されたモノですナ


暫し考えて・・「水饅頭が食べたい」と、立ち寄るコトにしたのは大垣市。水饅頭と云うのは江戸時代末に考案された、葛粉とわらび粉で餡子を包んだ半透明なお饅頭で、発祥地の大垣でも夏の間しか味わえない。

四十半ばのオッサンの食うモンじゃ無い気もしますが、この際そんなコトは気にしない!何しろ私ぁ今年に成って、急に甘党に成っちまったンだからさ。お酒を呑めなくなると、甘いモンに目覚めるってホントですネ。


大垣城の北側に鎮座されるのが、城下町の総鎮守たる「(大垣)八幡神社」サマ。後醍醐帝が鎌倉幕府を滅ぼし、「建武の新政」を始めた頃と云うから、七百年近くも前の御創建。暑いのに参拝客が多かったです


降雪量世界一の伊吹山や、豪雪地帯の関ヶ原を近隣に抱えるから?大垣は市内のアチコチから清水が湧き出し、また市街のアチコチに川が流れてるンで、誰名付けたのか「水の都」。昔は水害に悩まされたとか。

有り余る地下水を利用し、戦前は繊維産業で大いに栄えたとも聞きますが、今回は「水饅頭が食べたい」が目的。駅前商店街に何店か、流水で冷やしたソレを食べさせて呉れるトコが在り、早速ペロリ!あぁ美味い。


八幡神社の境内に、平成十六年(2004)に整備された自噴泉「大垣の湧水」が。市内にゃ十数ヶ所の自噴泉が在るソウですが、湧水量はこんこんと噴き出すココが抜群で、大勢の人が水を汲みに来てましたヨ


勢い余って「水饅頭ぜんざい」まで食べた私メですが、去年までなら悲鳴を上げてた筈。服薬治療の為に前述通り、お酒が呑めなく成ったから?ソレとも毎日歩く青空療法の為、疲労蓄積が限界を越してるから?

病状自体は低めで安定し、ソレ以上の好転が余り望めませんが、確実に変わったのは「甘いモン好きに成った」点。尤も、パクパク食べてるのに全く太れず、痩せてく一方って・・まだ甘いモンが足らぬのでしょうか。


自噴泉だけじゃ無く、水量豊富な川が市街を幾つも流れ、かつて大垣城の外堀替りだった水門川も、「貴船広場」として整備されてます。急激な痩身の結果、今夏は「暑さを暑さとして認識できぬ」コトに私ぁ苦しみましたが、残暑も終盤に至ってやっと認識出来る様に成り、その結果・・水遊びせにゃ遣ってられぬ!でもそんな阿呆は、私メだけでした

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都豊島区西池袋」への訪問記です★

(参考リンク)
★「水都旅(すいとりっぷ)」大垣観光協会HP
★「大垣地域ポータルサイト西美濃」GINET HP
★「大垣城 西美濃の要衝といわれたお城」大垣観光協会HP

★「大垣城(世界にひとつだけの城編)」だらり100名城めぐりブログ
★「明治29年洪水で大垣城水没」国土交通省木曽川下流河川事務所HP
★「大垣市総鎮守」大垣八幡神社HP
★「わくわく湧き水マップ〜湧き水紹介〜」大垣市役所HP
★「大垣の湧水・天然水」岐阜ポートフォリオHP
★「水の都 大垣の湧き水」千國写真館HP
★「水まんじゅう」大垣市役所HP
★「西濃地域の明日の宝もの『大垣水景物語(水まんじゅう)』の食べ歩き!」ぎふっ子くらぶブログ
★「岐阜・大垣の夏は水まんじゅうとかき氷を満喫!」スイーツ部ブログ

(関連する記事)
★「
112 【団子饅頭02】水の都にまんじゅうが流れる・・大垣」
★「303 【団子饅頭11】暑い夏は大垣で水まんじゅう」
★「856 【スイーツ42】真っ白な伊吹山と真っ赤な『柿羊羹』‥大垣」
★「2134 【やきそば226】伊奈波の桜と『うす焼き&焼きそば』・・岐阜市」
★「2135 【スイーツ154】連接バスと桜と『栗せんべい』・・岐阜市

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(実に三年半ぶりの大垣再訪・・って、もっと行ってた様な気もしますが)


コレが大垣の夏の味覚「水まんじゅう」。地下水でたっぷり晒した漉し餡を、地下水で捏ねた葛粉とわらび粉で包み込み、更に流水で冷やした半透明の和菓子で、売られてるのは暑い間だけ。サッパリとした甘さで涼を誘いますが、余りの疲労蓄積で「より甘いモン」が欲しく成り、ご覧の「水饅頭ぜんざい」にまで手を出してしまいましたヨ。気が遠く成る様な甘さでしたが、イザ食べ終えるとあぁ美味しかったと思ったンだから、私ぁ・・ドレほど疲れてンのか?コレじゃ「気力切れ」にも成りますヨ




| 2015.09.16 Wednesday (00:15) | 岐阜はエエとこやで | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.12.14 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS