きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2274 【スイーツ177】清水湧く大垣で「水饅頭ぜんざい」を | main | 2276 【お肉料理80】残暑の乙女ロードと「ワンコイン・サーロイン」・・東池袋 >>
2275 【やきそば241】残暑の鳩寺と「とり塩炒めパスタ」・・西池袋
フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

池袋駅西口のランドマークと云えば、平成二年(1990)に開館した都立「東京芸術劇場」。大正時代までココに大きな池「袋池」が在り、ソレが池袋なる地名の由来とされてますが、ドコまで本当かは判りません

ほぼ六年もの間、毎日続けてた拙ブログの更新を休み、気力の再充実の為に関西一人旅をしてた私メです。確かに気分転換に成りましたが、現実逃避してただけで根本解決に繋がらず、諦めて帰京致しましたヨ。

ま、同病の多くは「現実逃避の旅に出る」気力すら無い筈で、ソウ考えると私ぁまだ元気な方。ドクターから「こんなポジティブな患者は滅多に居ない」と褒められてる位で、ソレは全て「寄席の高座に上がりたい」為。

高座に上れるなら、ドンな代償だって払う覚悟!心神がコレ以上悪く成らぬ様に喘ぎながら、何らかの吉兆を見出す心算ですが、「幸せの青い鳥」は一体ドコに居るのか・・灰色の土鳩だったら沢山居るンですケド。


さて板橋平尾宿の拙宅へ戻った早々、久しぶりに近所で青空療法を。目新しいモノが多く刺激的だった関西も良いですが、日頃慣れ親しんだ東京・城北は心神に優しく、二十分ほどテクテク歩いて豊島区池袋へ。


大正十年(1921)に建てられた「自由学園明日館(みょうにちかん)」は、西池袋じゃ唯一の国指定重要文化財。近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライト氏の設計で、「動態保存」として一般に公開されてます

高座や用事さえ無ければ、毎日の様に歩いてる池袋。随分知ってる心算でしたが、西口繁華街の西外れを目的なく歩いてみると、今まで知らなかったお寺さんが。鳩寺ってナニ?泉岳寺の元塔頭?何故ココに?

織田信長公の配下で、滋賀・朽木谷(くつぎだに)二万石の武将だった朽木元綱公のお姫様が、この鳩寺のご開祖。嫁ぎ先で病気に成り、実家で養生してると三晩連続、「この薬草を煎じて飲め」てな夢を見たとか。

但しお告げの主はエライ神仏じゃ無く、ナゼか「鳩」・・ソレでも言われた通りにすると、お姫様は病気全快!コリャ有難いと朽木家の江戸菩提寺・泉岳寺に「鳩のお堂」を建て、御利益を求める江戸庶民に大人気。

睡眠薬でグッスリ眠る私メも夢なら毎晩見てますが、ソリャ全て「白黒の幾何学模様だけを延々繰り返す悪夢」と云う奴で、コレじゃとても救って貰えそうも無い・・。この際、土鳩でも構わンからドウかお助け下さいナ。


高輪の泉岳寺と云えば、私メら講釈師にゃ御馴染の赤穂義士のお墓の在る名刹ですが、ソコから「鳩寺(鳩峰山功雲院、曹洞宗)」が独立して西池袋に移転したのは、まだ池袋界隈が原野同然だった明治末。旧江戸市中から移転して来たお寺サンが城北にゃ多いですが、そんな立派な「鳩サマ」が居られたとは知りませんでしたネ。赤穂義士で人気に成る前の泉岳寺は、どうやら「鳩サマ」目当ての庶民で賑わった様です

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都豊島区東池袋」への訪問記です★

(参考リンク)

★「ビジットシティとしま」豊島区観光協会HP
★「池袋通信」東武鉄道HP
★「タウンガイド池袋」ディープイン池袋HP
★「東京芸術劇場」東京都歴史文化財団HP
★「西池袋 かつて本当に池があった」大山哲司 Website HP
★「重要文化財 自由学園明日館」自由学園HP
★「使い続ける重要文化財・巨匠の作品」人生色々仕事色HP
★「功雲院、鳩寺」猫のあしあとHP
★「要町から新居薬師へ():要町周辺その一」東京 DOWNTOWN STREET 1980’sブログ
★「農事生産法人直営 葉゜す多家」豊創フーズHP
★「池袋で見つけたB級グルメ!『とり塩炒め』ってなんだ?」40歳転職新人サラリーマンのドタバタグルメ日記ブログ

(関連する記事)

★「590 【名物パン45】石ノ森センセとラムレーズン」
★「929 【お米料理64】満開の桜と洋館と『炙った牛丼』・・池袋」
★「1603 【名物パン166】セントポールのクリスマスと『アップルリング』・・池袋」
★「1891 【スイーツ130】チャイナタウンでお月見を・・池袋西口」
★「2010 【やきそば215】セントポールのX’masと『正油焼きそば』・・池袋西口」
★「2067 【お米料理165】江戸川乱歩と『かつ丼おむすび』・・西池袋」
★「2198 【お米料理179】鈴懸のキャンバスで『立教カレー』を・・西池袋

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(鳩は鳩でも『ルービー鳩山』だけは勘弁して!国を潰す御心算か?)


とかく「埼玉県の植民地」扱いがちな池袋ですが、ソレの一体ナニが悪いのさ!埼玉と東京(の殆ど)は元々同じ武蔵国で、分けられてる方がオカシイ!むしろ下総国だった川向うや川々向うが、都内扱いされてる方が間違いでしょ。ソレはさて置き、池袋を歩いてる人の半分以上が埼玉県民の筈で、食べるトコも埼玉県に関係してる店が多い様な気が致しますナ。そんな埼玉県滑川町の農業生産法人が経営する「炒めパスタ屋」を、西口の立教大学の近くで見付けたンで入ってみましたが、お勧めメニューの「とり塩炒めパスタ」の量の多いコト。並盛りで500gの麺・大盛りだと750gも麺が有るソウで、幾ら太りたいと思ってても・・大盛りは無理ですヨ。具材と麺は炒められ、焦げ目まで付いてて焼きそばみたいなモン。大盛りは立教の学生向けナンでしょうネ



| 2015.09.17 Thursday (00:15) | 行け!行け!池袋! | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.19 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS