きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2281 【お米料理191】隠された城下町と「はらこめし」・・亘理 | main | 2283 【名物パン261】「パンの天麩羅」と朝の瑞宝殿・・仙台 >>
2282 【やきそば243】黄昏の大アーケードと「木須肉そばめし」・・仙台
フェイスブック、本格的に始めてみました!どうかご覧下さいませ

黄昏迫るJR仙台駅は、東北最大の大ターミナルだけ有って大変な人混み。南関東の一都三県を除くJR東日本管内じゃ最多の、八万五千人が毎日乗降してるとか。今年暮れには地下鉄の新路線が出来ます

四年半前の大震災による津波被害や、原発の爆発による放射能汚染で、未だにレールが二ヵ所も途絶えたままのJR常磐線を、不通区間は代行バスに乗って走破した私メです。色々と考えさせられる旅でした。

福島県の太平洋岸「浜通り地方」は、大震災で「当り前が当り前じゃ無く成った」訳で、ソレから立ち直った街・立ち直りつつ有る街と様々でしたが、放射能による「帰還困難地域」は立ち直る目途すら見えて来ない。

震災前の福島第一原発に見学に行き、爆発するコトに成った三号機の原子炉建屋内に入れて貰い、色々と感心した経験の有る私メとしては、ホント複雑な思いばかり。まさかアレがこんな事態を引き起こすとは・・。

私メだとて昨年末に心神崩壊し、寛解の目途の立たない治療生活に耐えてますンで、もちろん問題の規模に大小の差が有り過ぎますが、多少は辛さが判る様な気がしますヨ。先が見えないって、ホント辛いンです。


仙台駅のソバから宮城県庁のソバまで、途中「T」字状に曲がりながら続くアーケードは、東北の首都・仙台を代表する大商店街。総延長が1.5kmにも及ぶ堂々とした通りで、七夕祭りの為に屋根が高いです

そんな常磐線の終点は、東北唯一の百万都市・仙台。二ヵ所目の代行バスから乗り継いだ、亘理駅発の列車が仙台駅に着いた時は、大きな街が黄昏に包まれようとしてる頃。帰りの通勤通学ラッシュで大雑踏。

新幹線に飛び乗れば拙宅の在る、もっと賑やかな東京まで今日中に帰れますが、長引く治療で疲労の極をトウに越してますンで、無理しないで仙台泊まりにしましょうか。雑踏に慣れる為のリハビリと云うコトで!

常磐線沿いの被災地はドコも静かで、住民が未だ帰還できないエリアまで在ったのに、同じ東北でも人混みと賑やかさの違い・・ホント面食らいますナ。政令都市と小さな町村、復興し終えたトコと未だなトコの違い?

尤も震災直後は仙台も大変だったのを、私ぁ今も覚えてる。あの年暮れの「光のページェントは涙無しじゃとても見られぬ、美しく悲しい灯だったコトも・・。被災地を今回通って来ただけに、フト思い出す仙台でした。


福島県内は大雨だったのに、宮城県内に入った途端にソレは止み、この夜の仙台は路面が乾き出す始末・・あの土砂降りは一体ナンだったのサ?尤も街歩きするにゃソッチの方が都合が良い訳で、お酒の呑めない無柳を夜のアーケード歩きで紛らそうとした私メ。尤もそんな事をしてるから、疲労が空しく蓄積して行くばかりナンですが・・悪循環です

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「宮城県仙台市青葉区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「せんだい旅日和」仙台観光国際協会HP

★「笑顔咲くたび伊達な旅」仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会HP
★「歩いて観光 仙台おさんぽ てくてくあおば」仙台観光国際協会HP
★「せんだいタウン情報 machico」ユーメディアHP
★「仙台市中心部商店街」街ナビプレス仙台HP
★「がんばる商店街77選・仙台市内6商店街」中小企業省HP
★「一番町・名掛丁」宮城の旅HP
★「2015 SENDAI光のページェント」実行委員会HP
★「北京餃子」焼きそば名店探訪録HP
★「仙台フォーラスにある北京餃子に行ってきました。」貧乏人は麦を食えブログ
★「仙台一番町・北京餃子(木須肉定食)」みちのく、行ったり来たりブログ

(関連する記事)

★「405 【お米料理23】あの日、仙台は吹雪だった」
★「703 【野菜果物30】今年もいちじくを煮てみた!2011‥仙台」
★「704 【スイーツ31】仙台で悪魔を見た事がある」
★「705 【揚げモン23】『ひょうたん揚げ』食いつつ、仙台の商店街を歩こう」
★「815 【やきそば48」鎮魂の灯と仙台の魔窟『北京餃子』」
★「1524 【名物パン149】仙台のメロンパンは、クリームパンだったりする」
★「1525 【団子饅頭56】『元祖づんだ餅』と自転車で登る青葉城・・仙台」
★「1526 【やきそば159】自転車で走る仙台と『広東焼きそば』」
★「1925 【スイーツ131】銀杏匂う杜の都で『生どら焼き』を・・仙台」
★「1926 【やきそば208】負けない大アーケードで『ソース焼きそば』を・・仙台」
★「2281 【お米料理191】隠された城下町と『はらこめし』・・亘理

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(今冬の『光のページェント』は、12月6日から31日まで開催されます)


仙台へ行くとドウしても訪ねちまうのは、アーケード街のファッションビル「フォーラス」の地下二階の片隅に在る、仙台の魔窟「北京餃子」サンですヨ。昭和五十二年(1977)創業と結構古い中華料理屋ですが、とにかく量が多くて安いンでお腹を空かせた仙台っ子定番の店。焼きそばが人気ですが、時々メニューが変わって不思議なモンが加わってたりするンで、今回はソレを見に行くだけの心算だったのに、「木須肉(ムースーロー)そばめし」なる珍妙なモンが・・。木須肉てぇのは山東省辺りの豚野菜炒めのコトですが、ソレのそばめしって・・神戸みたいに一緒に炒めるのかしらん。ソコで急きょ予定を変更し、今回もまた北京餃子で腹を膨らませるコトに。巨大なお皿にご飯と焼きそばを半分ずつ盛り、両方の上にあんかけ風の豚野菜炒めを載せると云う、考えてみれば至極当り前のモンでしたが、やっぱ量は当り前じゃ無く、こう云う当り前じゃないのは時々なら嬉しいですナ。尤もココで食べ過ぎたお蔭で、本来目的だった店へ行くのを諦めざろう得なく成りましたが・・



| 2015.09.24 Thursday (00:15) | 宮城はいがったなや | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.23 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS